ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828589 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

塩谷丸山

日程 2016年03月17日(木) [日帰り]
メンバー mikasaoya
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR塩谷駅前駐車帯
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間40分
休憩
29分
合計
3時間9分
Sスタート地点07:2309:10塩谷丸山09:3910:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
晴れている限りにおいて問題はありません。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

塩谷駅前駐車帯をスタート。差し込む朝日が暖かい。
2016年03月17日 07:23撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩谷駅前駐車帯をスタート。差し込む朝日が暖かい。
1
踏切を渡り二股を左手に。しばらくは雪のない道路を進みますが,歩き出すと暑いほど。
2016年03月17日 07:25撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏切を渡り二股を左手に。しばらくは雪のない道路を進みますが,歩き出すと暑いほど。
除雪最終地点。除雪の雪山の向こうに古めのトレースが続いていました。
2016年03月17日 07:35撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
除雪最終地点。除雪の雪山の向こうに古めのトレースが続いていました。
こちらからは初めてですが,奥に見えているのは山頂方向でしょうか。
2016年03月17日 07:37撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらからは初めてですが,奥に見えているのは山頂方向でしょうか。
トレースが二手に分かれていますが,右手へ(ピンクテープあり)。
2016年03月17日 07:40撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースが二手に分かれていますが,右手へ(ピンクテープあり)。
SBはしっかり。水の流れる音は大きく聞こえました。
2016年03月17日 08:05撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SBはしっかり。水の流れる音は大きく聞こえました。
1
尾根にあがって,シュプールやらスノーシューの跡やらつぼ足の跡やら,トレースがにぎやか。
2016年03月17日 08:24撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にあがって,シュプールやらスノーシューの跡やらつぼ足の跡やら,トレースがにぎやか。
1
スキー場のような斜面を登り切って振り返ってみました。
2016年03月17日 08:41撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場のような斜面を登り切って振り返ってみました。
1
もうすぐ山頂。風が吹きつけてきますが,それほどでもありません。
2016年03月17日 09:07撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂。風が吹きつけてきますが,それほどでもありません。
3
山頂。
積丹方向が見渡せました。
2016年03月17日 09:11撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。
積丹方向が見渡せました。
6
祠へ移動。ここは雪がありません。
2016年03月17日 09:12撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠へ移動。ここは雪がありません。
7
改めて積丹半島の方向。
2016年03月17日 09:13撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて積丹半島の方向。
1
肉眼ではうっすらと後方羊蹄山の頭が見えていたのですが・・
2016年03月17日 09:31撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼ではうっすらと後方羊蹄山の頭が見えていたのですが・・
1
ズームアップして,色調の補正をしてみました。
左側になんとか後方羊蹄山です。
2016年03月17日 09:31撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームアップして,色調の補正をしてみました。
左側になんとか後方羊蹄山です。
2
後から登ってこられた方としばし談笑したため,いつになく山頂での滞在時間が長くなりました。
下山は夏道の方向にしました。
2016年03月17日 09:34撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後から登ってこられた方としばし談笑したため,いつになく山頂での滞在時間が長くなりました。
下山は夏道の方向にしました。
2
反射板を通過。
2016年03月17日 09:49撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板を通過。
1
夏道方向の下山は,林に入るまでは海を眺めながらになりますので,気持ちのいい歩きです。
2016年03月17日 09:51撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道方向の下山は,林に入るまでは海を眺めながらになりますので,気持ちのいい歩きです。
1
林に入って,トレースとピンクテープはしっかりしています。
2016年03月17日 09:55撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林に入って,トレースとピンクテープはしっかりしています。
かなり下りましたが,疎林の中まで日が差し込んできます。
2016年03月17日 10:17撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり下りましたが,疎林の中まで日が差し込んできます。
上空を見上げてみましたが,残念ながらすっきりとした青空ではありませんでした。
2016年03月17日 10:17撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空を見上げてみましたが,残念ながらすっきりとした青空ではありませんでした。
自動車道の工事現場まで下山。
2016年03月17日 10:21撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自動車道の工事現場まで下山。
ここからは再び舗装歩きに。
2016年03月17日 10:24撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは再び舗装歩きに。
タンク越しに塩谷駅が見えます。間もなく下山完了です。
2016年03月17日 10:28撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タンク越しに塩谷駅が見えます。間もなく下山完了です。
2

感想/記録

天気はいいものの,風が強いとの予報でしたが,塩谷丸山であればたいしたことはなさそうと思い,山スキーの方々が上る側から(山体の風下側)から上がりました。こちら側から登るのは初めてでしたので,地図とにらめっこかと思いきや,いたるところにスキー,スノーシュー,つぼ足のトレースがあり,ピンクテープも多く付けられており,多くの人が入っているルートだと実感しました。
林を抜けてスキーのシュプール跡が多く残る斜面に入ってからは,そこそこに斜度もあり,ところどころで,くるぶし上ぐらいまで沈み込んだり,滑ったりはしましたが,つぼ足で十分でした。軽アイゼン(6本爪)とスノーシューを持ちましたが,錘になりました。
山頂では,そこそこに風は吹いていたものの(予報での10数メートルには達していません。),素手のまま約30分を過ごしましたが,下山開始時点ですこし指先がかじかむ程度でした。
下山は夏道方向を選択,日差しの強さと気温の上昇でくるぶしから脛の中辺りまでは沈み込みましたが,引き続きつぼ足のままで済みました。
下山時の車載温度計での気温は16℃,陽気は春本番でした。
訪問者数:461人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ