ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828663 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

武尊山 (川場スキー場から往復)

日程 2016年03月17日(木) [日帰り]
メンバー hidekazu
天候快晴
弱風
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
・スキー場の駐車場利用。平日なのでガラガラ。到着時(7:50頃)の気温5℃、出発時(12:50頃)の気温9℃。
・川場スキー場のリフトを2本利用。帰りはゲレンデスキー。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間24分
休憩
39分
合計
3時間3分
S川場スキー場ゲレンデトップ08:5609:18剣ヶ峰山10:17武尊山10:5511:46剣ヶ峰山11:4711:59川場スキー場ゲレンデトップG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ゲレンデトップ8:53-武尊山10:23-同発10:55-ゲレンデトップ12:00-ゲレンデ滑走開始12:10-ゲレンデボトム12:25
コース状況/
危険箇所等
・リフトトップから山頂まで積雪が途切れることはないが、所々ブッシュも見られ例年に比べるとやはり小雪のように思われる。朝のうちは雪が硬かったが正午近くになると水気を含んで重い雪に。雪がアイゼンについてダンゴになり歩きづらい。
・距離は6kmもなく短いがアップダウンが多く想像よりも時間がかかる。
・今日の雪の状態であればピッケルよりもダブルストックのほうが歩き易かったと思うがこのあたりは人による。アイゼンはあったほうがいいし、リフトを降りたら付けてしまうのが手っ取り早い。
・天候が良ければルートは明瞭なので迷うような所はないが、ほぼずっと稜線歩きのため、強風の日は煽られて滑落しないよう要注意。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

朝のゲレンデ。やはり雪が少ない。
2016年03月17日 08:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝のゲレンデ。やはり雪が少ない。
1
リフトトップからの歩き。いきなり急登が現れる。
2016年03月17日 08:58撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトトップからの歩き。いきなり急登が現れる。
2
剣ヶ峰の手前当たり
2016年03月17日 09:14撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の手前当たり
4
ここも雪が少ない
2016年03月17日 09:26撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも雪が少ない
2
剣ヶ峰を越えて本峰方向
2016年03月17日 09:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰を越えて本峰方向
3
ここはもう藪が出てる
2016年03月17日 09:40撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはもう藪が出てる
1
良い斜面があった。スキーがあったら多分滑っていた。
2016年03月17日 09:53撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い斜面があった。スキーがあったら多分滑っていた。
2
山頂へ向けてひと登り
2016年03月17日 10:10撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ向けてひと登り
1
武尊山山頂。
2016年03月17日 10:22撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山山頂。
2
今日歩いてきたルート
2016年03月17日 10:24撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日歩いてきたルート
5
ピーク付近も雪は少ない
2016年03月17日 10:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク付近も雪は少ない
3
中ノ岳方向
2016年03月17日 10:25撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳方向
1
尾瀬方向。至仏山が写っている。
2016年03月17日 10:31撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬方向。至仏山が写っている。
2
山頂三角点
2016年03月17日 10:32撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂三角点
1
山頂直下の斜面。ここも雪が付いていれば滑れる。
2016年03月17日 10:33撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の斜面。ここも雪が付いていれば滑れる。
1
帰りに撮影。やはり雪が少ない。
2016年03月17日 11:04撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに撮影。やはり雪が少ない。
1
剣ヶ峰方向。結構登る。
2016年03月17日 11:18撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰方向。結構登る。
2
短いけど急な斜面
2016年03月17日 11:29撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短いけど急な斜面
1
スキー場に戻ってきた
2016年03月17日 11:59撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場に戻ってきた
帰りはスキー
2016年03月17日 12:09撮影 by DMC-FT3, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはスキー
2

感想/記録

武尊山周辺はゲレンデスキー含め何度も来ているが、武尊山の山頂は一度しか踏んだことがなかった。3月も後半に入り移動性高気圧が日本付近に到達した日を狙って訪問した。

川場スキー場のリフト運行開始は8時30分。その10分ほど前にゲレンデに出て準備をしているとスキーやボードではなく大きなリュックを背負った人が結構いた。今日の好天を狙った登山者のようだ。自分も大きなリュックを背負ってはいるが足下はスキーブーツ(兼用靴)でもちろんスキーも履いている。リフトのトップから武尊山の山頂まではプラスチックのブーツで往復し、帰りはゲレンデを滑って帰る予定。プラスチックブーツでの登山は昨年の白馬縦走で経験済みなので不安はなかった。リフトを2本乗り継いでゲレンデ最高点に到達。2本でこんな標高の高いところに到達できるのだから有り難い。ここでスキーをデポしてアイゼンを履き行動開始。始めからいきなりの急登で息が上がる。しかも朝のうちなので雪が硬く、所によっては氷のようなところもあった。急登区間を登り切ると剣ヶ峰が視界に入る。空は快晴だが風が少し冷たい。でも火照った体を冷やすにはちょうど良い程度。剣ヶ峰の登りもきついがこなして急な下りに入る。剣ヶ峰から見る限りでも武尊山の山頂までアップダウンはやはり多くてシールでの歩行には向かないと思った。何度かアップダウンを繰り返して武尊本峰に近付く。途中右手の斜面がスキーで滑るのにちょうど良さそうで、板があれば滑っていきたい衝動に駆られた。が今日はスキーをデポしたし何よりシールは持参すらしなかったから滑りようはなく、次回以降の下見とする。風は相変わらず左側から吹くのでジャケットを脱がずに行動していてちょうど良い程度。最後の登りをこなし出発から1.5時間程で無事武尊山の山頂に到着。前回は4年ほど前の秋だったと記憶しているが、山頂の様子はほとんど記憶になかった。山頂付近も雪は少なく所々で地面が見えている。また周囲を見渡しても積雪は明らかに少なく今年は山スキーのシーズンは5月の連休まで持たないのでは?と余計なことを考えてしまうくらいだった。ここからは尾瀬や新潟の山々はもちろんのこと、今日は富士山まで霞んではいたが確認することができた。高気圧様々である。山頂は風が吹き抜けるためさすがに寒いが、風の凌げるところでゆっくり休憩し山頂滞在約30分で下山開始。自分はピークにあまり拘りがないので山頂で30分もゆっくりするのは珍しいが、今日のルートは短いのであまりさっさと帰ってしまうとさすがに勿体ない気がした。到着時数名だった登山者は出発時には10名以上に増えていた。帰りも基本的には同じ道をたどる。行きは雪の状態はまだ水気を含んでおらず歩き易かったが、この好天ではさすがに気温も上がって水っぽくなってしまったようで、アイゼンの下に雪のダンゴができてしまい難儀した。ピッケルで叩いて落とすのがセオリーだがピッケルはザックに括り付けてありわざわざ外すのも億劫なのでストックで叩いて落とす。がやはりストックでは華奢で満足に叩けず雪がアイゼン離れない。下りの急斜面で落ちないように注意して歩く。帰りもアップダウンが多くて行きと同じ程度の時間がかかると思ったが、案外早くて1時間程度でゲレンデに戻る。結局往復の間ジャケットは脱がず、快晴の割には暑い思いもせず。風が適当に吹いていたためだろう。ここで休憩とゲレンデを滑る準備。ゲレンデは久々だし今日は平日でガラガラだからかっ飛ばして行こうかと思ったが、既に水っぽい雪で板が全然滑らない。3月後半で気温が上がるとこんなものか。太ももに厳しい滑りだった。転ばずにゲレンデを滑りきり今日の行動は終了。距離も時間もちょっと物足りない。
訪問者数:835人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ