ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828816 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

鶏頂山

日程 2016年03月17日(木) [日帰り]
メンバー GreenDay
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
10:20 エーデルワイスリゾートスキー

【復路】
    エーデルワイスリゾートスキー (16:10発)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

    エーデルワイスリゾートスキー (10:37発)
10:50 鶏頂山登山口 (軽アイゼン装着 10:57発)
11:28 枯れ木沼
11:58 大沼入口
12:15 弁天沼
12:43 藤原コース分岐 (アイゼン装着 12:50発)
13:06 鶏頂山
13:23 藤原コース分岐
13:39 弁天沼
13:49 大沼入口
14:35 鶏頂山登山口 (アイゼン脱着 14:40発)
14:55 エーデルワイスリゾートスキー
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

佐野SA
屋台のオムそば
朝食には重かった…
2016年03月17日 08:28撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐野SA
屋台のオムそば
朝食には重かった…
3
鶏頂山登山口
ノートレース
2016年03月17日 10:49撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏頂山登山口
ノートレース
3
鶏頂山スキー場
ああ…
2016年03月17日 11:03撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏頂山スキー場
ああ…
1
旧ゲレンデを登ります
2016年03月17日 11:12撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧ゲレンデを登ります
2
ゲレンデ上部から
日光連山が見えます。
2016年03月17日 11:18撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ上部から
日光連山が見えます。
1
大沼周辺の沢
2016年03月17日 12:00撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沼周辺の沢
1
藤原コース分岐より
御嶽山と釈迦ヶ岳
2016年03月17日 12:43撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原コース分岐より
御嶽山と釈迦ヶ岳
4
鶏頂山山頂標識
2016年03月17日 13:07撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏頂山山頂標識
2
山頂より
御嶽山と釈迦ヶ岳
2016年03月17日 13:07撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
御嶽山と釈迦ヶ岳
13
山頂より
中岳と西平岳
2016年03月17日 13:07撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
中岳と西平岳
6
山頂より
手前が前黒山、中奥が大佐飛、奥に那須
2016年03月17日 13:08撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
手前が前黒山、中奥が大佐飛、奥に那須
4
山頂より
奥左から日留賀岳、男鹿かな…?
2016年03月17日 13:09撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
奥左から日留賀岳、男鹿かな…?
2
ゲレンデ上部より
2016年03月17日 13:54撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ上部より
1
鶏頂山スキー場跡地
2016年03月17日 14:23撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏頂山スキー場跡地
2
鶏頂山スキー場跡地2
2016年03月17日 14:25撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏頂山スキー場跡地2
鶏頂山スキー場跡地3

50円…、0円!?
2016年03月17日 14:26撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏頂山スキー場跡地3

50円…、0円!?
鶏頂山スキー場跡地4
2016年03月17日 14:27撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏頂山スキー場跡地4
鶏頂山スキー場跡地5
駐車場
2016年03月17日 14:28撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏頂山スキー場跡地5
駐車場
エーデルワイスリゾートスキー
2016年03月17日 14:55撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エーデルワイスリゾートスキー
1
エーデルワイスリゾートスキー
レストランカウベル
「生姜焼き定食」
2016年03月17日 15:11撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エーデルワイスリゾートスキー
レストランカウベル
「生姜焼き定食」
8
撮影機材:

感想/記録

※ルートは手書きです。
 2年前に計画したコース。最寄り駅からのスキーバスの予約が取れず迷ったが、埼玉県内の駅発で空きが有った為2日前に予約。前日、前々日と遅くまで残業し仕事を終わらせて、何とか先週の土曜の振替休日を取った。

 途中佐野PAの屋台でおむソバの朝食だがちょっと重かったか…。平日ということもあり遅れ無しでスキー場に到着。殆どの乗客はハンタマで降りていた。直前に電話するつもりで忙しく確認出来なかったが、ゲレンデは登山禁止で、リフトの乗降は勿論ゲレンデ脇も歩けないらしい。最悪の事態を想定し、鶏頂山登山口付近の地形図は持って来て助かった。

 準備をして日塩道路を歩いて鶏頂山登山口へ向かう。登山口に着くと、積雪はそこそこあり、ノートレース。正直下部は雪は無いものと楽観視していた為凹む。とはいえ降雪後の割には例年より圧倒的に雪が少ないと思われる。6本爪アイゼンを装着し出発。直ぐ鶏頂山スキー場に到着するが、噂通り廃墟と化していた。隣のメイプルヒル同様、母体会社のシュガーアイランドという菓子屋がバブル前後に無軌道な多角化をして揚句杜撰な経営後破綻してしまったらしいが…。今後は人口減、温暖化の影響で閉鎖するスキー場も出てきそうだ。

 ゲレンデ下部からは適当に歩を進める。動物の足跡だけの雪原を独り占めするのは楽しいが、グサグサ雪で膝下程度のツボ足でスピードが上がらない上、たまに踏み抜く。暫く歩くと枯れ木沼の木道が見えてくる。沼に近づきすぎた為、樹林帯に逃げ更に進むと登山道に合流。

 暫くして登山道から外れてしまうが、コンパス地形図を駆使して進むと、大沼の入口で再度登山道に合流する。ここでうっかり道をずれてしまう。慎重に沢にかかるミニスノーブリッジを渡って再び登山道に合流し、弁天沼へ。時間に余裕があるので山頂を目指す。夏道の取り付きが不明だが、蛇行しながら取り付ける箇所を探すと夏道を発見。ここからは雪が深くなり、斜度も出てくる。苦労しながら進むと分岐に到着。南西が開け、釈迦ヶ岳以南の三山が姿を現す。

 ここで悩んだが、前爪のあるアイゼンに変更し、荷物をデポして山頂を目指す。傾斜は急だが時折夏道を外れ樹林帯や藪に逃げつつ安全に進む。途中南西の崖側のロープの外側すれすれの足跡があったが人間のものではないようだった。しばらく進むと山頂に到達。南、西の他北東側も一部開けており、馴染みのない山域の山々が見えた。

 ゆっくりする時間も無いので慎重に下山を開始する。御嶽山も行けそうだったが、アイゼンのメンテや食事を優先し、先へ進む。帰りは途中まで忠実に夏道を辿り、鶏頂山スキー場へ下った。下部の雪は短時間で結構溶け始めていた。廃墟を見学した後、登山口へ移動し、アイゼンを外した。車道を歩いてエーデルワイスリゾートスキーへ戻り、レストランカウベルで「生姜焼き定食」を食べてスキーバスに乗り込んだ。帰りも渋滞無しで予定より早めに帰宅出来た。

 登りも下りも最初から最後まで自らトレースをつけていく山行は初めてだったが楽しかった。誰ともすれ違わず、雪原も青空も全て独り占めした感じだ。行きはリサーチ不足でほとんど夏道から外れたが、地形図とコンパスを頼りに歩を進めるのはちょっと冒険的だった。
訪問者数:438人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ