ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828929 全員に公開 山滑走増毛・樺戸

雄冬山(ケマフレから往復)

日程 2016年03月17日(木) [日帰り]
メンバー 0v0
天候曇後晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
残雪期、雪が融けていれば、台地南側の廃屋近くまで車で入れる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

ケマフレ(8:30)−オフユ川標高550m地点(10:25)−雄冬山(13:05〜13:45)−オフユ川標高550m地点(15:00)−ケマフレ(15:40)
コース状況/
危険箇所等
雄冬山山頂付近と北西に面した上部急斜面は、気温が低く日照が無ければ氷化している。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

取り付きは、枯れたオオイタドリの原。今回は積雪20〜50cm位だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付きは、枯れたオオイタドリの原。今回は積雪20〜50cm位だった。
1
登路にしたオフユ川左股に出た所(標高550m付近)から源頭部を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登路にしたオフユ川左股に出た所(標高550m付近)から源頭部を望む。
オフユ川左股標高700m付近から源頭部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オフユ川左股標高700m付近から源頭部。
1
オフユ川左股稜線直下(標高900m付近)から谷を見下ろす。海岸に白く見える所が入山したケマフレの台地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オフユ川左股稜線直下(標高900m付近)から谷を見下ろす。海岸に白く見える所が入山したケマフレの台地。
1
標高1100m、雄冬山まで標高差100mを残すのみ。尾根の左側は崖。右側斜面も、けっこう傾斜がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1100m、雄冬山まで標高差100mを残すのみ。尾根の左側は崖。右側斜面も、けっこう傾斜がある。
4
雄冬山山頂から群別岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄冬山山頂から群別岳。
8
雄冬山山頂から群別岳と浜益岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄冬山山頂から群別岳と浜益岳。
3
雄冬山山頂から暑寒別岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄冬山山頂から暑寒別岳。
4
下山時、オフユ川左股は日照で雪は緩んでいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時、オフユ川左股は日照で雪は緩んでいた。
4
ケマフレの台地から雄冬山と北西斜面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケマフレの台地から雄冬山と北西斜面を望む。
2

感想/記録
by 0v0

以前、浜益岳に登った際(2012年04月)、浜益御殿から雄冬山を見て登ってみたいと思った。浜益御殿から尾根通しに行くこともできるが、雄冬山だけを登るならケマフレからが近い。このルートは、オフユ川源頭に入る所が要点だが、直前の週末に入ったトレースが残っていて、楽をさせてもらった。
午前中は曇っていたが、予報どおり午後は快晴。山頂からは、暑寒別、群別、浜益、浜益御殿など360度の展望が得られた。すぐ隣に見えた天狗岳も登ってみたくなった。岩尾温泉からが良いかな。
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ