ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828944 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

鷹ノ巣山:陽春の雪山ハイク

日程 2016年03月17日(木) [日帰り]
メンバー kuroske
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水根駐車場(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間33分
休憩
27分
合計
9時間0分
S水根駐車場07:3107:41水根バス停07:4209:30トオノクボ09:3110:27六ツ石山10:2910:33六ッ石山分岐11:14将門馬場(馬責場)11:1611:34カラ沢ノ頭11:3711:54城山(奥多摩町)12:36水根山(金佐ノ頭)12:3713:10鷹ノ巣山13:1713:52水根山(金佐ノ頭)14:04榧の木尾根-水根分岐14:24榧の木山(長久保山)14:2615:16倉戸山15:1916:02倉戸口バス停16:0716:20大麦代駐車場16:31水根駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
石尾根上は意外と雪が多い。トレースはあったが、まだ固まっていないので潜る
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 軽アイゼンは使用しなかったが持っていた方がよい
備考 結果としてワカンはなくてもよかったが、トレースがない場合も想定して持参するべきだったろう。

写真

ここの金次郎さん?は、以前からから座ってます
2016年03月17日 07:36撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの金次郎さん?は、以前からから座ってます
3
三頭山方面は少し雪が付いている様子
2016年03月17日 07:47撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山方面は少し雪が付いている様子
2
杉林の急登が続く。雪も少し
2016年03月17日 09:02撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の急登が続く。雪も少し
トオノクボ。ハンノキ尾根はノートレース
2016年03月17日 09:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トオノクボ。ハンノキ尾根はノートレース
1
雪は踝ぐらい
2016年03月17日 09:27撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は踝ぐらい
スキー場の林間コースのような、明るくて気分の良い稜線が六ツ石まで続く
2016年03月17日 09:36撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場の林間コースのような、明るくて気分の良い稜線が六ツ石まで続く
2
オシャレな色使い。何の芽でしょうか?
2016年03月17日 09:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オシャレな色使い。何の芽でしょうか?
1
六ツ石山到着
2016年03月17日 10:23撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六ツ石山到着
2
昔より展望が効かなくなったが…
2016年03月17日 10:27撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔より展望が効かなくなったが…
6
おおっ、榧ノ木山の向こうに南ア。甲斐駒、仙丈、鳳凰、北岳、間ノ岳、農鳥岳
2016年03月17日 10:25撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ、榧ノ木山の向こうに南ア。甲斐駒、仙丈、鳳凰、北岳、間ノ岳、農鳥岳
7
目指すはあの鷹ノ巣山
2016年03月17日 10:28撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すはあの鷹ノ巣山
7
石尾根縦走路に入ると、急に雪深くなる。トレースがなかったら厳しかった
2016年03月17日 10:34撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根縦走路に入ると、急に雪深くなる。トレースがなかったら厳しかった
5
将門馬場へ寄り道。ノートレース
2016年03月17日 10:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将門馬場へ寄り道。ノートレース
雪は膝下ぐらい
2016年03月17日 11:11撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は膝下ぐらい
2
将門馬場。静かな平坦地
2016年03月17日 11:13撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将門馬場。静かな平坦地
1
樹間から富士
2016年03月17日 11:27撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から富士
2
ますます雪深い。雪庇状に張り出している
2016年03月17日 11:39撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ますます雪深い。雪庇状に張り出している
2
立派なブナが多い。このあたりは残雪期の南会津の気分が味わえる
2016年03月17日 11:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なブナが多い。このあたりは残雪期の南会津の気分が味わえる
6
稲村岩尾根越しに覗くのは芋ノ木ドッケ?その右は天祖山
2016年03月17日 11:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩尾根越しに覗くのは芋ノ木ドッケ?その右は天祖山
1
クマタカか?こちらに関心がある様子。何となく伝わる。旋回しながら近づいてきたものの…
2016年03月17日 11:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマタカか?こちらに関心がある様子。何となく伝わる。旋回しながら近づいてきたものの…
2
うまく撮れませんでした
2016年03月17日 11:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うまく撮れませんでした
6
日原側は深山の雰囲気。タワ尾根の向こうに酉谷山
2016年03月17日 11:52撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原側は深山の雰囲気。タワ尾根の向こうに酉谷山
4
いい木です
2016年03月17日 11:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい木です
4
鷹ノ巣が近づく
2016年03月17日 11:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣が近づく
3
この木も見事
2016年03月17日 12:03撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木も見事
3
トレースを外すと膝上まで潜る
2016年03月17日 12:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースを外すと膝上まで潜る
1
水根山頂
2016年03月17日 12:37撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水根山頂
1
鷹ノ巣の草原。日当たりが良いので雪は間もなく消えてしまうだろう
2016年03月17日 12:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣の草原。日当たりが良いので雪は間もなく消えてしまうだろう
2
鷹ノ巣山頂
2016年03月17日 13:11撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山頂
7
眺望は雄大。富士と、
2016年03月17日 12:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望は雄大。富士と、
6
御前、大岳。右手はこれから下る榧ノ木尾根
2016年03月17日 13:12撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前、大岳。右手はこれから下る榧ノ木尾根
3
ヒオドシチョウ
2016年03月17日 13:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒオドシチョウ
1
榧ノ木尾根にもトレースがある
2016年03月17日 13:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榧ノ木尾根にもトレースがある
榧ノ木山
2016年03月17日 14:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榧ノ木山
榧ノ木尾根は自然林が多く雰囲気が良い
2016年03月17日 14:36撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
榧ノ木尾根は自然林が多く雰囲気が良い
2
倉戸山
2016年03月17日 15:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉戸山
1
原集落から六ツ石方面。とても雪があるようには見えない
2016年03月17日 15:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
原集落から六ツ石方面。とても雪があるようには見えない
4
こちらは御前山。手が届きそうな距離
2016年03月17日 15:57撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは御前山。手が届きそうな距離

感想/記録

今週初め、奥多摩にも降雪がありました。今日は天気がよさそうなので、春の陽を浴びながら雪山を歩けることを期待して、展望の良い鷹ノ巣山を目指すことにしました。

奥多摩湖で山々を眺めると、上の方は少し白いですがほとんど積もってなさそうなので、ワカンは車において出発しました。しかし実際は結構雪が残っていて、急な植林帯を登り切ったトオノクボからは雪の稜線漫歩。春の陽光は暑いぐらいで、日焼け止めを塗ります。六ツ石山から先の石尾根は予想を上回る深雪で驚きました。トレースは付いていたものの、2-3名程度のようで、ツボ足だと結構潜ります。吹き溜まりでは膝上ほどの深さなので、トレースがなかったら厳しかったでしょう。

将門馬場から水根山までの稜線は奥多摩で最も好きな場所の一つ。雪が積もったブナの尾根は、南会津あたりの山を歩いている気分にさせてくれます。眺望はないですが、木の間から見える長沢背稜の山々は東京とは思えない深山の雰囲気。

鷹ノ巣山で展望を楽しんだら榧ノ木尾根を下ります。こちらもトレースはありましたが、水根沢林道へ下るひとのほうが多く、尾根を歩いたのは一人だけのようでした。溶けた雪でビショビショになった落ち葉が滑るので厄介な下りでしたが、自然林が多い良い尾根です。

花粉のピークで大変でしたが、期待通り春の陽を浴びて、奥多摩とは思えない最高の雪山歩きができました。

(ところで)榧ノ木尾根の分岐点辺りで見慣れない鳥を発見。写真に収めようとしましたが遠いうえに落ち着いてくれず無理でした。下山後、奥多摩湖にヤマヒバリなる鳥が現れカメラマンが沢山来ていることを知り、どんな鳥かネットで検索したら、私が見た鳥と特徴が似ているような…(自信はないです)。もっと粘ればよかったと後悔。同時に、平日の朝なのに奥多摩湖の駐車場が満杯で停められなかったわけがやっと分かりました。
訪問者数:528人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ