ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 829360 全員に公開 雪山ハイキング箱根・湯河原

金時山 〜雪山気分〜

日程 2016年01月21日(木) [日帰り]
メンバー hosiyamakawa
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
大雄山駅から地蔵堂バス停までタクシー。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間58分
休憩
1時間53分
合計
5時間51分
S地蔵堂バス停08:2008:33夕日の滝入口08:4008:59あずま屋09:0509:11沢渡り(金太郎ハイキングコース入口)10:40猪鼻砦跡(夕日の滝分岐)11:0411:16足柄分岐11:2612:00金時山12:4713:23矢倉沢峠13:2713:43舗装道路出会13:5814:05金時登山口14:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
写真撮影、アイスグリッパーや軽アイゼンの着脱、ハコネダケ&雪との格闘、軽アイゼンの洗浄などで、歩行時間以外に時間を使った。
コース状況/
危険箇所等
\兩磴肇魯灰優瀬韻砲茲訖箆不明【猪鼻砦跡(夕日の滝分岐)直前】
急斜面設置の鉄製ハシゴ階段等の連続【金時山北側ルート】
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック サブザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

地蔵堂バス停。大雄山駅からここまで、見える山肌には雪は見えない。行ってみなければ全くわからない。
2016年01月21日 08:14撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵堂バス停。大雄山駅からここまで、見える山肌には雪は見えない。行ってみなければ全くわからない。
左折すると夕日の滝だが、前回見ているので今回は省略して直進し、山道入口へ。さすがに滑りやすいので、ここでアイスグリッパーを装着する。
2016年01月21日 08:34撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左折すると夕日の滝だが、前回見ているので今回は省略して直進し、山道入口へ。さすがに滑りやすいので、ここでアイスグリッパーを装着する。
あずまや。
2016年01月21日 08:59撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あずまや。
金太郎ハイキングコースへの分岐。
2016年01月21日 09:10撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金太郎ハイキングコースへの分岐。
沢を渡る。
2016年01月21日 09:11撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡る。
最初の木橋。
2016年01月21日 09:22撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の木橋。
左におちたら危険!
2016年01月21日 09:28撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左におちたら危険!
1
沢を渡るのに、どの石を選んで行くのか悩むこと多し。
2016年01月21日 09:30撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡るのに、どの石を選んで行くのか悩むこと多し。
2番目の木橋。
2016年01月21日 09:34撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2番目の木橋。
積雪は30cmくらい。
2016年01月21日 10:16撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪は30cmくらい。
1
硬さからみて、昨日までの靴跡か。靴跡を頼って踏んでもズブッと食い込む。膝へのインパクトはやわらぐが、靴を抜いて次のステップまで想像以上に時間がかかる。
2016年01月21日 10:18撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硬さからみて、昨日までの靴跡か。靴跡を頼って踏んでもズブッと食い込む。膝へのインパクトはやわらぐが、靴を抜いて次のステップまで想像以上に時間がかかる。
1
明るい尾根道に出たら金時山が見えた。
2016年01月21日 10:30撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい尾根道に出たら金時山が見えた。
背丈以上のハコネダケが完全に山道をふさぐ。無理やり直進。
2016年01月21日 10:35撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背丈以上のハコネダケが完全に山道をふさぐ。無理やり直進。
1
前方がハコネダケで見えなくなり、直感でやや右前方に進んでギブアップして引き返す。進行方向が不明なので、2〜3度ジャンプしたら偶然標識が見えたので、猪鼻砦跡直前と判断し、やや左前方に、格闘しながら強行突破する。
2016年01月21日 10:37撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方がハコネダケで見えなくなり、直感でやや右前方に進んでギブアップして引き返す。進行方向が不明なので、2〜3度ジャンプしたら偶然標識が見えたので、猪鼻砦跡直前と判断し、やや左前方に、格闘しながら強行突破する。
1
ゲーターがつりあがって、靴の中にも雪がしみこむ。
2016年01月21日 10:43撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲーターがつりあがって、靴の中にも雪がしみこむ。
猪鼻砦跡(夕日の滝分岐)から、鳥居に向かい、そこで軽アイゼンを装着。
2016年01月21日 10:57撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪鼻砦跡(夕日の滝分岐)から、鳥居に向かい、そこで軽アイゼンを装着。
猪鼻砦跡(夕日の滝分岐)からの富士山。
2016年01月21日 10:59撮影 by NIKON D3200, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪鼻砦跡(夕日の滝分岐)からの富士山。
金時山頂からの富士山(望遠)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山頂からの富士山(望遠)
1
富士山とこの山名板のセットはさすがです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山とこの山名板のセットはさすがです。
金時娘の茶屋。熱いカップラーメンが、とてもおいしかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時娘の茶屋。熱いカップラーメンが、とてもおいしかった。
撮影機材:

感想/記録

遠くから見た山は樹木で黒っぽく覆われているのに、山道では雪だらけ。しかも深いところは膝までの積雪。雪のためルート不鮮明な個所もあった。雪の影響か、ゆっくり歩かざるをえないからか、膝へのインパクトは小さく、疲労感は無かった。砦跡までの金太郎ハイキングコースでは前後を歩く人もすれ違う人もいなかった。砦跡では3人くらいの人に出会ったのみ。鉄製のハシゴ階段は想像以上に急で、高所に弱い私は黙々と登った。それでも、2組くらいの人が登っていた。山頂は摂氏1度で、富士山の眺めはよく、金時娘の茶屋で食べたカップヌードルがとてもおいしかった。(2か月遅れの入力となり、しかも月間容量の関係で、後半の写真がカットされています。)
訪問者数:83人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 軽アイゼン 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ