ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 829445 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

釈迦ガ岳・三池岳・八風谷橋から周回

日程 2016年03月22日(火) [日帰り]
メンバー miya_sekkei
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R421石縛トンネル東近江市側出口直ぐの南側の旧道に5・6台ほど駐車可能、登山ポストはゲート先にあり、トイレなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
1時間0分
合計
7時間10分
Sスタート地点07:0007:30八風峠登山口08:30県境稜線出合07:3008:45三池岳山頂08:5009:00八風峠09:0509:20八風中峠09:30仙香池09:40大平尾根分岐09:50岩ヶ峰尾根分岐09:55釈迦ヶ岳10:0510:25大平尾根分岐10:50八風中峠11:1511:45中峠登山口12:00林道終点12:0512:15中峠登山口12:2512:50八風峠登山口13:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・八風谷登山口から八風峠の道は明瞭、赤テープ・200mポスト・レスキューポイント完備、ただし一部に谷側の登山道の崩壊箇所あるが、歩行には支障なし、落ち葉の堆積があるのでスリップに要注意。
・三池岳から釈迦ガ岳間の県境稜線は道は明瞭、問題なし。
・中峠から仙香谷の林道出合い間は赤テープ・200mポスト・レスキューポイント完備、ただし一部に谷の遡行箇所があり立派なバリルート、飛び石のスリップによる転倒に要注意。
・八風谷林道は車両進入禁止なのでのんびり歩行可能、問題なし。
※ルートの仙香谷・林道終点はみんなの足跡がやや不明なので目視による想定で手入力。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図(S=1/25000) コンパス必携

写真

R421旧道駐車場は一番乗り、左折して八風林道。
2016年03月22日 07:14撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R421旧道駐車場は一番乗り、左折して八風林道。
3
振り返ってR421石榑トンネル
2016年03月22日 07:14撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってR421石榑トンネル
2
八風林道から八風峠登山口へ左折し、八風谷に下る。
2016年03月22日 07:30撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八風林道から八風峠登山口へ左折し、八風谷に下る。
2
昔の仙香谷への分岐、何時も気になるが、未踏査。
2016年03月22日 07:49撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の仙香谷への分岐、何時も気になるが、未踏査。
2
登山道の谷側が崩壊、大丈夫歩行可能。
2016年03月22日 08:00撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の谷側が崩壊、大丈夫歩行可能。
1
200mピッチに位置表示、これはかなり親切な看板、あまりハイカーが入らないので落ち葉がドッサリ。
2016年03月22日 08:02撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200mピッチに位置表示、これはかなり親切な看板、あまりハイカーが入らないので落ち葉がドッサリ。
1
レスキューポストこれもかなり親切な看板、ここも落ち葉がドッサリ、スリップに要注意。
2016年03月22日 08:04撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レスキューポストこれもかなり親切な看板、ここも落ち葉がドッサリ、スリップに要注意。
2
赤テープのマーカーもかなり親切、道は明瞭で安心してハイク。
2016年03月22日 08:28撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープのマーカーもかなり親切、道は明瞭で安心してハイク。
2
ここまで来れば後一息、緩い勾配で登り易い登山道。
2016年03月22日 08:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば後一息、緩い勾配で登り易い登山道。
2
親切な200mポストとレスキューポイント、かなりの劣化、そろそろ更新時期。
2016年03月22日 08:33撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親切な200mポストとレスキューポイント、かなりの劣化、そろそろ更新時期。
2
県境尾根に合流、八風峠鳥居から50m程三池岳より、昨年はここが分からず道迷い。
2016年03月22日 08:41撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根に合流、八風峠鳥居から50m程三池岳より、昨年はここが分からず道迷い。
3
三池岳から釈迦ガ岳はるかかなた。
2016年03月22日 08:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三池岳から釈迦ガ岳はるかかなた。
4
三池岳三角点でザックの記念撮影、竜ガ岳遠望。
2016年03月22日 08:54撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三池岳三角点でザックの記念撮影、竜ガ岳遠望。
2
三池岳から釈迦ガ岳遠望
2016年03月22日 08:57撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三池岳から釈迦ガ岳遠望
3
八風峠から釈迦ガ岳遠望
2016年03月22日 08:57撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八風峠から釈迦ガ岳遠望
2
昨年は八風峠のこの道標を信じて、ここから下り道迷い。
2016年03月22日 09:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年は八風峠のこの道標を信じて、ここから下り道迷い。
5
レストロックから釈迦ガ岳遠望
2016年03月22日 09:20撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストロックから釈迦ガ岳遠望
4
中峠、復路はここから仙香谷に下降。
2016年03月22日 09:25撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠、復路はここから仙香谷に下降。
2
仙香山の先にひょうたん池
2016年03月22日 09:28撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙香山の先にひょうたん池
2
ひょうたん状の仙香池
2016年03月22日 09:31撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょうたん状の仙香池
2
初めて奥まで入りひょうたん池周回。
2016年03月22日 09:31撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて奥まで入りひょうたん池周回。
2
釈迦ガ岳三角点とザックの何時もの記念撮影。
2016年03月22日 10:08撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ガ岳三角点とザックの何時もの記念撮影。
3
はるかかなたに御嶽と乗鞍・北アルプス
2016年03月22日 10:10撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるかかなたに御嶽と乗鞍・北アルプス
2
御嶽ズームアップ、×12
2016年03月22日 10:13撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽ズームアップ、×12
3
四日市・伊勢湾俯瞰
2016年03月22日 10:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四日市・伊勢湾俯瞰
2
竜ガ岳遠望と土砂崩壊地
2016年03月22日 10:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ガ岳遠望と土砂崩壊地
2
振り返って釈迦ガ岳
2016年03月22日 11:00撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って釈迦ガ岳
4
中峠でランチタイム、あんぱんとじゃむぱんと珈琲でご満悦。
2016年03月22日 11:09撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠でランチタイム、あんぱんとじゃむぱんと珈琲でご満悦。
1
仙香谷にも親切な200mポスト、頻繁に赤ビニールのマーカ。
2016年03月22日 11:31撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙香谷にも親切な200mポスト、頻繁に赤ビニールのマーカ。
2
歩き易い道と赤ビニール
2016年03月22日 11:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き易い道と赤ビニール
2
徒渉地と赤ビニールのマーカ
2016年03月22日 11:42撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徒渉地と赤ビニールのマーカ
2
昨年は巨石の赤ペンキを見逃し道迷いでウロウロ。
2016年03月22日 11:51撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年は巨石の赤ペンキを見逃し道迷いでウロウロ。
2
谷の遡行で緊張と慎重で急降下。
2016年03月22日 11:53撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の遡行で緊張と慎重で急降下。
2
谷の遡行で一番の難所を飛び石で急降下。
2016年03月22日 11:56撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の遡行で一番の難所を飛び石で急降下。
1
仙香谷登山口、林道に飛び出して谷の遡行終了。
2016年03月22日 11:58撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙香谷登山口、林道に飛び出して谷の遡行終了。
3
林道終点を調査、この先は土砂崩壊地で撤退。
2016年03月22日 12:09撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点を調査、この先は土砂崩壊地で撤退。
4
林道終点は赤坂谷右岸尾根の手前と推定。
2016年03月22日 12:09撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点は赤坂谷右岸尾根の手前と推定。
3
八風林道の両側は立派な杉桧の植林地。
2016年03月22日 12:10撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八風林道の両側は立派な杉桧の植林地。
2
杉花粉症で眼がショボショボ重症です、それでも山行魂。
2016年03月22日 12:21撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉花粉症で眼がショボショボ重症です、それでも山行魂。
3

感想/記録

 昭文社の山と高原地図では八風谷コースも仙香谷コースも難路の破線表示です、林道歩きが長いせいか、あまり利用されていないマイナーコースです。
 ところで八風街道は沢沿いの緩い登りで歩き易く、昔の人の知恵と経験を生かした地形を生かした山道です。
 かって近江商人・伊勢商人が行き交い関所を憚る人などの峠を越した歴史を想いながらゆるゆる辿ることができました。
 昨年は同じコースを逆周りで山行し注意力散漫で道迷いを数回したが、今回は道迷いせずにすみました。
 連休明けの平日のせいか、天気も良いのに以外と少なく県境稜線で男性ソロ2人にお目にかかりましたが、それ以外では誰にも合いませんでした。
 ※sawanoboruさんのレコを参考にさせていただきました、感謝。
訪問者数:414人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/14
投稿数: 6
2016/3/23 22:16
 ご健脚ですね
稜線上ですれ違った後、林道の先まで踏査されてたのですね。こちらは終盤歩き疲れて無駄に一服ばかりしてました。「病膏肓にはいる」と仰ってらしたのが山好きのベテランらしくて印象的でした。お互い単独行が性に合うようです。またいずれお会いできるといいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ