ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830042 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20160320_六甲登山有馬往復

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候曇のち晴
アクセス
利用交通機関
電車
往路:阪急電車芦屋川駅
復路:徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
33分
合計
6時間41分
S阪急電車芦屋川駅07:2207:42高座の滝08:13風吹岩08:17横池入口08:30ゴルフ場下入口08:47雨ケ峠08:51住吉道合流ポイント08:58本庄橋跡09:02七曲がり取り付き09:32一軒茶屋09:38六甲山頂往路09:39山頂下東屋09:4210:30有馬虫地獄炭酸地獄10:3511:46六甲山頂復路11:50一軒茶屋12:0612:31七曲がり取り付き12:36本庄橋下渡河ポイント12:3912:47住吉道合流ポイント12:50雨ケ峠13:02ゴルフ場下入口13:16横池入口13:22風吹岩13:42金鳥山展望休憩所前13:46金鳥山下展望休憩所13:51保久良梅林13:5413:56保久良夢広場13:5914:03岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昨日の降雨で、あちこちぬかるんでいました。
表六甲の登りでは暑く、有馬側の下りでは、ソフトシェルがなければ寒く、という感じでした。2 月 28 日の時より、水分消費が倍増(500ml → 1000ml)しました。
コース状況/
危険箇所等
特に危ないところはありません。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック サブザック 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

今日は、阪急電車芦屋川駅から登ってみました。駅前にあるハイキングコースの案内板です。保久良山金鳥山ルートにある古い鉄塔(私が鉄塔 10 番目とか旧鉄塔と呼ぶ)が火見櫓と書かれています。
この鉄塔は、本山村史には旗振り場と誤って伝わっているとされていて、正しくは、岡本梅林のための火の見櫓ということです。
2016年03月20日 07:17撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、阪急電車芦屋川駅から登ってみました。駅前にあるハイキングコースの案内板です。保久良山金鳥山ルートにある古い鉄塔(私が鉄塔 10 番目とか旧鉄塔と呼ぶ)が火見櫓と書かれています。
この鉄塔は、本山村史には旗振り場と誤って伝わっているとされていて、正しくは、岡本梅林のための火の見櫓ということです。
高座の滝です。
2016年03月20日 07:42撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座の滝です。
2
ロックガーデンの脇に、咲き始めていました。
2016年03月20日 07:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデンの脇に、咲き始めていました。
3
ロックガーデンの登り。心臓に堪えますね。
2016年03月20日 07:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデンの登り。心臓に堪えますね。
5
風吹岩が見えてきました。
2016年03月20日 08:12撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩が見えてきました。
1
往路の風吹岩から眺める大阪湾。
2016年03月20日 08:13撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路の風吹岩から眺める大阪湾。
2
左、横池南道の分岐。
2016年03月20日 08:15撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左、横池南道の分岐。
左、横池への入口。
2016年03月20日 08:17撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左、横池への入口。
左、北東からの横池への入口。
2016年03月20日 08:20撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左、北東からの横池への入口。
左、パノラマ道の分岐。
2016年03月20日 08:21撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左、パノラマ道の分岐。
ゴルフ場の手前の左、黒五谷からのルートが合流。
2016年03月20日 08:30撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場の手前の左、黒五谷からのルートが合流。
1
雨ケ峠に咲いていました。
2016年03月20日 08:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨ケ峠に咲いていました。
1
往路、住吉道が左から合流してくるポイントから眺める本庄堰堤。
2016年03月20日 08:51撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路、住吉道が左から合流してくるポイントから眺める本庄堰堤。
1
本庄橋跡の下の左、西おたふく山の南まで続く森林管理歩道の分岐。
2016年03月20日 08:56撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄橋跡の下の左、西おたふく山の南まで続く森林管理歩道の分岐。
左は本庄橋跡、右は本庄橋跡を迂回して、小川を渡って登り、この左上の方で合流します。
2016年03月20日 08:56撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は本庄橋跡、右は本庄橋跡を迂回して、小川を渡って登り、この左上の方で合流します。
左、田辺谷東尾根の分岐。
2016年03月20日 08:57撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左、田辺谷東尾根の分岐。
本庄堰堤と本庄橋跡の案内板。堰堤の上の工事が進んでいます。
2016年03月20日 08:58撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄堰堤と本庄橋跡の案内板。堰堤の上の工事が進んでいます。
1
本庄堰堤の工事現場の上流側で、右奥が七曲がりの取り付きです。六甲登山のガイドブックにはこの左手の広場が紹介されていたりしますが、現在は工事現場です。
今日は、日曜日ですが、堰堤の基部に打設したコンクリートを養生する作業をしていました。まことにお疲れ様です。
2016年03月20日 09:02撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本庄堰堤の工事現場の上流側で、右奥が七曲がりの取り付きです。六甲登山のガイドブックにはこの左手の広場が紹介されていたりしますが、現在は工事現場です。
今日は、日曜日ですが、堰堤の基部に打設したコンクリートを養生する作業をしていました。まことにお疲れ様です。
七曲がりに新しく付け替えられた橋。
2016年03月20日 09:27撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲がりに新しく付け替えられた橋。
1
一軒茶屋に到着。
2016年03月20日 09:32撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒茶屋に到着。
1
往路の六甲山頂です。この時間には、まだ人が少なく、無線を操作している人 2 人だけでした。
2016年03月20日 09:38撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路の六甲山頂です。この時間には、まだ人が少なく、無線を操作している人 2 人だけでした。
6
山頂下の東屋のベンチは、古くなった真ん中のものが取り外され、縁の部分を囲む新しい板に取り替えられていました。先月来たとき(2016 年 2 月 28 日)は、まだ、以前のままでした。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-820293.html
2016年03月20日 09:40撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下の東屋のベンチは、古くなった真ん中のものが取り外され、縁の部分を囲む新しい板に取り替えられていました。先月来たとき(2016 年 2 月 28 日)は、まだ、以前のままでした。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-820293.html
往路で山頂下から眺める大阪湾。晴れてきましたが、霞んでいます。
2016年03月20日 09:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路で山頂下から眺める大阪湾。晴れてきましたが、霞んでいます。
2
有馬まで、魚屋道を下りてきました。虫地獄。
2016年03月20日 10:30撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬まで、魚屋道を下りてきました。虫地獄。
1
虫地獄の左手の炭酸地獄。引き返して復路の六甲登山です。
2016年03月20日 10:31撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虫地獄の左手の炭酸地獄。引き返して復路の六甲登山です。
復路の六甲山頂。大勢の人で混雑しています。その合間を縫って撮影。
2016年03月20日 11:46撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の六甲山頂。大勢の人で混雑しています。その合間を縫って撮影。
3
復路の山頂下から眺める大阪湾。やっぱり、霞んでいます。
2016年03月20日 11:49撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の山頂下から眺める大阪湾。やっぱり、霞んでいます。
2
一軒茶屋で、カツ丼のお昼ご飯。温かい甘酒が、疲れて冷えた体にはありがたいです。
2016年03月20日 11:56撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒茶屋で、カツ丼のお昼ご飯。温かい甘酒が、疲れて冷えた体にはありがたいです。
5
復路の表六甲側、魚屋道の下山は、登ってくる大勢の人に道を譲って休憩したり写真撮ったりしながら、ゆっくりです。
本庄橋の下の渡河ポイントで上流を撮影。
2016年03月20日 12:39撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の表六甲側、魚屋道の下山は、登ってくる大勢の人に道を譲って休憩したり写真撮ったりしながら、ゆっくりです。
本庄橋の下の渡河ポイントで上流を撮影。
1
一つ前の写真から少し下ったところの渡河ポイント。
2016年03月20日 12:41撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ前の写真から少し下ったところの渡河ポイント。
2
そこで上流を撮影。住吉川の源流の一つです。二つ前の写真から、左岸から右岸に渡って、そしてまた左岸に戻ったことになります。
2016年03月20日 12:42撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこで上流を撮影。住吉川の源流の一つです。二つ前の写真から、左岸から右岸に渡って、そしてまた左岸に戻ったことになります。
1
復路、住吉道が左から合流してくるポイントから眺める本庄堰堤。
2016年03月20日 12:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路、住吉道が左から合流してくるポイントから眺める本庄堰堤。
復路の風吹岩から眺める大阪湾。大勢の人で、お弁当を広げたり、賑わっていました。
2016年03月20日 13:22撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の風吹岩から眺める大阪湾。大勢の人で、お弁当を広げたり、賑わっていました。
2
金鳥山から下る途中の展望休憩所から眺める神戸市東灘区と六甲アイランド。
2016年03月20日 13:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥山から下る途中の展望休憩所から眺める神戸市東灘区と六甲アイランド。
2
4 日前(2016 年 3 月 16 日)に、権現谷の北を横断した際、藪で封鎖されていると紹介しました田中新道の西詰めです。2 年前までは、たしか柵だけでしたのが、いつからか、通行禁止の札が付け加わりました。
昨年秋には、まだ踏み跡のルートが見えていましたが、藪が伸び、ルートはわからなくなりました。記録を見る限りですが、美しかったハイキングコースの一つが、忘れられようとしています。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-828452.html
2016年03月20日 13:49撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4 日前(2016 年 3 月 16 日)に、権現谷の北を横断した際、藪で封鎖されていると紹介しました田中新道の西詰めです。2 年前までは、たしか柵だけでしたのが、いつからか、通行禁止の札が付け加わりました。
昨年秋には、まだ踏み跡のルートが見えていましたが、藪が伸び、ルートはわからなくなりました。記録を見る限りですが、美しかったハイキングコースの一つが、忘れられようとしています。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-828452.html
2
金鳥山からの下り、右折して保久良神社の上に向かう角から眺める関西空港方面。
2016年03月20日 13:50撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥山からの下り、右折して保久良神社の上に向かう角から眺める関西空港方面。
保久良梅林の梅は、だいぶ散っていましたが、紅梅が少し残っていました。
2016年03月20日 13:54撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保久良梅林の梅は、だいぶ散っていましたが、紅梅が少し残っていました。
3
少し咲き残っている紅梅。
2016年03月20日 13:55撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し咲き残っている紅梅。
2
撮影機材:

感想/記録

ストックは、2 本、ザックに入れて持って行って、使わずに済ませました。道に慣れてきて、下りで膝のクッションを効かせて下りる脚力も、多少、付いてきたようです。
次は、桜の季節に訪れたいですね。
訪問者数:220人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ