ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830075 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳(北八ヶ岳)

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー kanegon2
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
38分
合計
4時間48分
S渋御殿湯08:3309:19八方台方面・渋の湯方面分岐09:2009:37渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐09:3810:08黒百合ヒュッテ10:1110:17中山峠10:52天狗の鼻10:5410:56東天狗岳10:5911:12天狗岳11:4013:21渋御殿湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
天狗岳山頂辺りで山旅ロガーがエラーで止まってしまったため、以降のロガーデータは無し。帰りはピストンで渋の湯到着は13時21分。
コース状況/
危険箇所等
・登山口から山頂まで雪が氷結している所が多い。アイゼン装着が無難か?
・東天狗岳までの急登はしっかり足を打ち込めば問題なし
・西天狗岳までの尾根は狭くはありませんが念のため滑落注意
その他周辺情報登山口に渋ノ湯御殿があります。入浴は1000円、15時まで
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック カイロ

写真

登山口から稜線に出るまでこんな樹林帯が続きます
2016年03月20日 08:49撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から稜線に出るまでこんな樹林帯が続きます
高見石分岐を天狗岳/黒百合平方面へ
2016年03月20日 08:54撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石分岐を天狗岳/黒百合平方面へ
八方台分岐を天狗岳/中山峠方面へ
2016年03月20日 09:18撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方台分岐を天狗岳/中山峠方面へ
唐沢鉱泉分岐を黒百合平方面へ
2016年03月20日 09:37撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉分岐を黒百合平方面へ
黒百合ヒュッテに到着
2016年03月20日 10:05撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテに到着
1
黒百合ヒュッテからしばらく歩くと森林限界を突破、目標の天狗岳が見えてきます
2016年03月20日 10:23撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテからしばらく歩くと森林限界を突破、目標の天狗岳が見えてきます
1
東天狗岳に到着です
2016年03月20日 10:56撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳に到着です
2
東天狗岳からの眺望1:南八ヶ岳方面
2016年03月20日 10:55撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳からの眺望1:南八ヶ岳方面
3
東天狗岳からの眺望2:西天狗岳
2016年03月20日 10:55撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳からの眺望2:西天狗岳
1
西天狗岳に到着。なんか埋もれてますが…。
2016年03月20日 11:12撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳に到着。なんか埋もれてますが…。
2
いつかは赤岳にも行ってみたい…。
2016年03月20日 11:13撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつかは赤岳にも行ってみたい…。
1
西天狗岳からの眺望1:東天狗岳
2016年03月20日 11:13撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳からの眺望1:東天狗岳
1
西天狗岳からの眺望2:蓼科山かな?
2016年03月20日 11:13撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳からの眺望2:蓼科山かな?
1
撮影機材:

感想/記録

1. アクセス(バスの到着時刻は実績)
往路
21:47 勝田 → 23:05 上野 @JR特急ときわ94号・上野行
23:15 上野 → 23:41 新宿 @JR山手線内回り・池袋・新宿方面
23:54 新宿 → 3:41 茅野 @JR快速ムーンライト信州81号・白馬行
7:00 茅野駅 → 8:10 奥蓼科渋の湯 @アルピコ交通バス・奥蓼科渋の湯線

復路
14:55 奥蓼科渋の湯 → 15:35 茅野駅 @アルピコ交通バス・奥蓼科渋の湯線
16:42 茅野駅 → 17:04 小淵沢 @JRJR中央本線・小淵沢行
17:12 小淵沢 → 17:57 甲府 @JR中央本線・甲府行
18:08 甲府 → 19:40 高尾 @JR中央本線・高尾行
19:48 高尾 → 20:42 神田 @JR中央線中央特快・東京行
20:46 神田 → 20:52 上野 @JR山手線内回り・上野・池袋方面
21:18 上野 → 23:37 勝田 @JR常磐線・高萩行

交通費 9,330円
・ 運賃+特急料金(勝田→立川):4,140円
・ 青春18切符(1回分):2,370円
・ ムーンライト信州指定席券:520円
・ バス代(往復):2,300円

2. コース状況,危険箇所など
・ 登山口から山頂まで雪が氷結している所が多い。アイゼン装着が無難か?
・ 東天狗岳までの急登はしっかり足を打ち込めば問題なし
・ 西天狗岳までの尾根は狭くはありませんが念のため滑落注意 

3. 参考書籍
はじめての雪山BOOK(ランドネ),雪山エントリーコース(ワンゲルガイドブックス),雪山登山ルート集(山と渓谷社)

4. 感想
今回のテーマは「ムーンライト信州を使って登山へGO」。候補としては小遠見山も考えましたが、鈍行日帰りが実質不可能ということで八ヶ岳にしました。

諸事情あって外出先から家に帰るのが遅くなり勝田からの鈍行最終電車に間に合わず、やむを得ず特急を使って新宿に行きムーンライト信州に乗車しました。利用した感想としては、ムーンライト信州は白馬方面に行くのにちょうど良い時間設定となっていて茅野駅3:41着は正直早すぎな感じ。バスの時間まで3時間以上あり暇なので駅から歩いて5分程度のヤマザキショップで買い物を済ませて待合室でバスの時間まで時間をつぶしたのですが、正直若干つらかった。椅子は堅いし背もたれもないし寒いしということで全然眠れず。5時半からは待合室にも暖房が入り少し快適になりましたが、そこから寝入るとバスに乗り遅れちゃうので時すでに遅し。多少覚悟はしていましたが、ここまで寝れないとは思っていませんでした。

7時発のアルピコバスに乗り、途中でチェーン巻などもあって渋の湯に8時10分過ぎに到着。雪が氷結気味だったので登山口でアイゼンを装着して登山開始。最初の15分くらいは秋山用ウェア2枚+ハードシェルで行きましたが明らかに暑すぎで、ハードシェルはすぐにザック行き。非常に温かく風もほとんどなかったので西天狗岳までそのままの格好で十分でした(帰りは寒いだろうと思いハードシェルを着ましたが)。

肝心の天気ですが、先週の谷川岳とは打って変わって青い空!温かくて風も適度で快適な山行になりました。八ヶ岳の山々はもちろん金峰山とかまで見えて、先週の濃霧とはえらい違い。昨日は結構無茶な日程を立てて行って来たのですが、いやぁ行った甲斐がありました。今のところ昨日が今冬最後の雪山の予定なので、最後に快適な雪山ハイクが楽しめて本当に良かった!
訪問者数:287人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ