ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830135 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

天狗岳

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー yasu72, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉の手前に広い駐車場があります。が、この日のこの時間は、路面凍結により、2.6キロ手前に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
1時間40分
合計
9時間1分
Sスタート地点07:1908:08唐沢鉱泉08:1909:11唐沢鉱泉分岐09:2110:24第一展望台11:01第二展望台11:0211:48天狗岳12:2712:48東天狗岳12:5413:43天狗の奥庭13:53黒百合ヒュッテ14:1915:37唐沢鉱泉15:4416:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特になし
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

駐車スペースから少し歩き、振り返って撮った写真です。道の先の方に車が数台停まっているのが写っています。
2016年03月20日 07:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースから少し歩き、振り返って撮った写真です。道の先の方に車が数台停まっているのが写っています。
ここが凍結箇所です。我々は手前で断念しましたが、チャレンジした車は、スピンしてしまったようです。
2016年03月20日 07:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが凍結箇所です。我々は手前で断念しましたが、チャレンジした車は、スピンしてしまったようです。
1
唐沢鉱泉までは、こんな感じの道が続きました。
2016年03月20日 07:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉までは、こんな感じの道が続きました。
唐沢鉱泉が見えてきました。
2016年03月20日 08:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉が見えてきました。
登山者用駐車場のトイレです。ここは使用禁止で、次の写真のトイレが使用可能でした。
2016年03月20日 08:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者用駐車場のトイレです。ここは使用禁止で、次の写真のトイレが使用可能でした。
こちらのトイレを使用しました。
2016年03月20日 08:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのトイレを使用しました。
唐沢鉱泉です。立派な建物でした。冬季休業のようです。
2016年03月20日 08:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉です。立派な建物でした。冬季休業のようです。
1
ここから登山道になります。
2016年03月20日 08:21撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登山道になります。
1
テープ、踏み跡しっかりあり、迷うことはありませんでした。
2016年03月20日 08:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープ、踏み跡しっかりあり、迷うことはありませんでした。
途中で蓼科山のピークが見えました。
2016年03月20日 08:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で蓼科山のピークが見えました。
標識もしっかり。
2016年03月20日 09:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識もしっかり。
少し分かりづらいですが、10時くらいの気温は、−1度でした。
2016年03月20日 09:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し分かりづらいですが、10時くらいの気温は、−1度でした。
1
第一展望台に着きました。
2016年03月20日 10:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一展望台に着きました。
このあたりから、ワカン装着しました。
2016年03月20日 10:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから、ワカン装着しました。
1
第2展望台です。後ろが西天狗岳です。
2016年03月20日 11:01撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2展望台です。後ろが西天狗岳です。
1
西天狗岳に向かう最後の登り。見上げた写真。
2016年03月20日 11:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳に向かう最後の登り。見上げた写真。
見下ろした写真1。
2016年03月20日 11:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろした写真1。
見下ろした写真2。
2016年03月20日 11:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろした写真2。
西天狗岳山頂に着きました。バックは硫黄岳・赤岳方面。
2016年03月20日 11:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂に着きました。バックは硫黄岳・赤岳方面。
東天狗岳方面。
2016年03月20日 11:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳方面。
ものすごい人です。
2016年03月20日 12:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ものすごい人です。
1
東天狗岳に向かう下りです。
2016年03月20日 12:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳に向かう下りです。
下ってきた道を振り返ると…。
2016年03月20日 12:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた道を振り返ると…。
1
東天狗岳に向かう登り。
2016年03月20日 12:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳に向かう登り。
東天狗岳山頂です。後ろは西天狗岳。
2016年03月20日 12:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂です。後ろは西天狗岳。
硫黄岳方面。
2016年03月20日 12:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面。
1
浅間山でしょうか?
2016年03月20日 12:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山でしょうか?
これから向かう、黒百合平方面。後ろに蓼科山。
2016年03月20日 13:01撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう、黒百合平方面。後ろに蓼科山。
天狗の奥庭上。
2016年03月20日 13:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭上。
1
天狗の奥庭。
2016年03月20日 13:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭。
スリバチ池と天狗岳。
2016年03月20日 13:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリバチ池と天狗岳。
2
スリバチ池は、実際もう少し青みがかっていて写真よりきれいでした。
2016年03月20日 13:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリバチ池は、実際もう少し青みがかっていて写真よりきれいでした。
黒百合ヒュッテが見えてきました。
2016年03月20日 13:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテが見えてきました。
ヒュッテに到着。
2016年03月20日 13:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテに到着。
テント場。
2016年03月20日 14:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場。
ヒュッテからの登山道は緩やかな下りでした。無事下山しました。
2016年03月20日 15:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテからの登山道は緩やかな下りでした。無事下山しました。
唐沢鉱泉に着きました。
2016年03月20日 15:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉に着きました。
唐沢鉱泉の源泉池でしょうか。
2016年03月20日 15:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉の源泉池でしょうか。
2
とてもきれいでした。
2016年03月20日 15:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とてもきれいでした。
駐車スペースに無事に到着しました。
2016年03月20日 16:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペースに無事に到着しました。

感想/記録
by yasu72

今シーズンから雪山デビューで、2500メートル級の山は今回初でした。

唐沢鉱泉から登り始める予定でしたが、2.6キロほど手前で道が凍結していて、それ以上先に進めず、そこからのスタートとなりました。

唐沢鉱泉に到着。冬期休業で宿の周辺は閑散としてました。西尾根登山口から天狗岳を目指しました。

西尾根に出るまで、結構急な登りもありゆっくり登りました。踏み後から見て、この日この登山口から登るのは、我々が最初のようでした。

気温も高くなってきて、尾根に出ると、歩く足が雪に埋もれるようになってきました。途中で私はワカンで、ツレはスノーシューを装着すると、歩き易くなりました。

第一、第二展望台では、赤岳方面や南、中央アルプス方面がまずまず綺麗に見え、遠くに北アルプスもうっすら見えました。

西天狗岳に向かう最後の登り、かなりの急斜面でしたが、無事登頂。さすが八ヶ岳。山頂には登山者がたくさんいました。東天狗岳には更に多くの人がいて群がっているように見えました。

山頂からの眺めは、アルプスの山々はガスがかかり、よく見えませんでしたが、硫黄岳や赤岳方面は綺麗に見えました。

山頂でしっかり休んだので、東天狗岳も急でしたが、比較的楽に登れました。

帰りは黒百合平経由。天狗の奥庭やスリバチ池が綺麗でした。黒百合ヒュッテにはたくさんの人がいて、テントもたくさん張ってあってビックリしました。

ヒュッテから唐沢鉱泉に向かう登山道は、緩やかな下りで歩きやすかったてす。唐沢鉱泉では、源泉の池がとてもきれいで、しばらく眺めていました。

唐沢鉱泉から先の林道の雪は、朝に比べるとだいぶとけていて、凍結していた箇所もすっかりとけていました。16:20無事に駐車スペースに戻りました。



訪問者数:349人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ