ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830170 全員に公開 ハイキング東海

栃下から未踏の尾根をゆく! 小瀬戸岩、瀬戸岩を周回し副川へ下山

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー gakukoh
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三河新城市玖老勢の栃下、サークルkの200mほど南東地点に駐車して、直ぐ南東の尾根へ進入
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
1時間36分
合計
7時間7分
S玖老勢栃下地区09:1410:11標高319m地点10:18馬ノ背岩10:2710:41岩下り(ロープ補助)13:05三角点標高688m地点13:12小瀬戸岩13:3813:50瀬戸岩14:5115:28展望岩15:33観音像16:08副川公会堂16:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほとんど赤テープはなかったので付けて来た。
踏み跡不明瞭。小瀬戸岩(瀬戸岩の直ぐ南隣の岩だが、名称不明にて仮称)の尾根の岩場付近では、登山道は見つからなかったが岩の無いところを上がった。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

瀬戸岩には直南東隣に大きな岩場があり、岩場に到る尾根が栃下から続いている。未踏の尾根を探索する。栃下の駐車点はサークルkから南に200mほどの地点。
2016年03月20日 08:53撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬戸岩には直南東隣に大きな岩場があり、岩場に到る尾根が栃下から続いている。未踏の尾根を探索する。栃下の駐車点はサークルkから南に200mほどの地点。
7
こんな風に駐車して、すぐ向うの尾根を上がる。
2016年03月20日 08:54撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな風に駐車して、すぐ向うの尾根を上がる。
4
最初間違えて、北の民家の裏から北の尾根に上がったが、気付いて戻った。
2016年03月20日 08:56撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初間違えて、北の民家の裏から北の尾根に上がったが、気付いて戻った。
2
再挑戦だ。岩場に祠がある。この北から入る。
2016年03月20日 09:17撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再挑戦だ。岩場に祠がある。この北から入る。
2
岩場の祠
2016年03月20日 09:18撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の祠
9
祠の直ぐ北側から尾根に取りつく。
2016年03月20日 09:22撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠の直ぐ北側から尾根に取りつく。
上がってきた道
2016年03月20日 09:22撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上がってきた道
2
尾根には松の大木
2016年03月20日 09:30撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根には松の大木
2
岩が出て来た。このコースも岩場が多いのだろう。
2016年03月20日 09:35撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が出て来た。このコースも岩場が多いのだろう。
2
尾根は歩きやすかった。
2016年03月20日 09:38撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根は歩きやすかった。
赤テープも全くない。
2016年03月20日 09:38撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープも全くない。
7
途中から麓の施設が見える。
2016年03月20日 09:46撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から麓の施設が見える。
2
深山つつじが満開!
「もう春ですね!」
2016年03月20日 09:47撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山つつじが満開!
「もう春ですね!」
12
尾根は狭いので道間違いはなく歩きやすい。
2016年03月20日 09:48撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根は狭いので道間違いはなく歩きやすい。
3
深山ツツジ
2016年03月20日 09:51撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山ツツジ
16
満開だ。
2016年03月20日 09:53撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開だ。
26
なんか出てこないかな。
2016年03月20日 09:54撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか出てこないかな。
9
未だ咲いてないほうが綺麗だな。
2016年03月20日 10:01撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
未だ咲いてないほうが綺麗だな。
18
樹間から鳳来寺山が見えます。
この尾根の隣は利修仙人コースの尾根になります。
2016年03月20日 10:02撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から鳳来寺山が見えます。
この尾根の隣は利修仙人コースの尾根になります。
左の道。どっちあがろうかな。右をいきました。
2016年03月20日 10:13撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の道。どっちあがろうかな。右をいきました。
1
右の道を振り返る。
2016年03月20日 10:15撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の道を振り返る。
1
あれ! 岩場だ。
2016年03月20日 10:17撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ! 岩場だ。
4
馬ノ背ような岩場は展望最高!
2016年03月20日 10:18撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背ような岩場は展望最高!
20
馬ノ背から鳳来寺山
2016年03月20日 10:18撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背から鳳来寺山
17
これから行く瀬戸岩方面
2016年03月20日 10:18撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く瀬戸岩方面
2
拡大すると、右が小瀬戸岩、左が瀬戸岩。
今日は、両方とも上がるつもりだ。
2016年03月20日 10:19撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拡大すると、右が小瀬戸岩、左が瀬戸岩。
今日は、両方とも上がるつもりだ。
14
馬ノ背から下を見る。
2016年03月20日 10:19撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背から下を見る。
3
小瀬戸岩までは未だあるな!
2016年03月20日 10:19撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小瀬戸岩までは未だあるな!
2
鳳来寺山
2016年03月20日 10:19撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳来寺山
1
鳳来寺山
2016年03月20日 10:20撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳来寺山
11
馬ノ背の奥は断崖
2016年03月20日 10:27撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ背の奥は断崖
5
ここを降りていく。
2016年03月20日 10:27撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを降りていく。
1
設楽方面
2016年03月20日 10:27撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
設楽方面
1
ここを降りてから、ロープ補助のため戻る。
2016年03月20日 10:40撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを降りてから、ロープ補助のため戻る。
2
虎ロープ30mで補助。
なくても大丈夫だった。
2016年03月20日 10:41撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎ロープ30mで補助。
なくても大丈夫だった。
6
鳳来寺山
2016年03月20日 10:41撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳来寺山
15
補助ロープ
2016年03月20日 10:41撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
補助ロープ
5
また歩きやすくなりました。
2016年03月20日 10:57撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また歩きやすくなりました。
1
あせびも満開
2016年03月20日 11:06撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あせびも満開
2
ここまで来て初めて赤テープがありました。
このあと、分岐に合流。その後
2016年03月20日 11:56撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来て初めて赤テープがありました。
このあと、分岐に合流。その後
3
この辺りから段々大きな岩場が立ちふさがってくる。
2016年03月20日 12:19撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから段々大きな岩場が立ちふさがってくる。
3
道が見つからず、岩場付けねに移動。
2016年03月20日 12:37撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が見つからず、岩場付けねに移動。
2
尾根に向かって岩の無いところを上がる。
2016年03月20日 12:57撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に向かって岩の無いところを上がる。
尾根にでて、少し下って三角点ゲット。
2016年03月20日 13:05撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にでて、少し下って三角点ゲット。
21
更に尾根の先端まで下ると岩場になる。
これだな。
2016年03月20日 13:09撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に尾根の先端まで下ると岩場になる。
これだな。
2
ここは、小瀬戸岩。瀬戸岩の南東隣の岩場だ。
2016年03月20日 13:12撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、小瀬戸岩。瀬戸岩の南東隣の岩場だ。
13
岩場から下の尾根を俯瞰。
2016年03月20日 13:12撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場から下の尾根を俯瞰。
2
岩場から作手方面
2016年03月20日 13:12撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場から作手方面
13
鳳来寺山
2016年03月20日 13:25撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳来寺山
10
鳳来寺山
2016年03月20日 13:25撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳来寺山
4
浜松の富幕山方面
2016年03月20日 13:25撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浜松の富幕山方面
4
棚山から鳳来寺山へ行く途中の枝尾根の岩場。
行ってみたいな。
2016年03月20日 13:29撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚山から鳳来寺山へ行く途中の枝尾根の岩場。
行ってみたいな。
3
小瀬戸岩には岩ヒバが沢山あった。
2016年03月20日 13:30撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小瀬戸岩には岩ヒバが沢山あった。
2
この尾根を上がってきた。
2016年03月20日 13:35撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根を上がってきた。
3
小瀬戸岩にお別れ。これから瀬戸岩に向かいます。
2016年03月20日 13:38撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小瀬戸岩にお別れ。これから瀬戸岩に向かいます。
3
棚山のルートにでたら、トレラン大会のランナーが沢山。
2016年03月20日 13:49撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚山のルートにでたら、トレラン大会のランナーが沢山。
2
瀬戸岩には名古屋から来られた二人の若い男性。
シャッタをお願いしました。
2016年03月20日 13:51撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬戸岩には名古屋から来られた二人の若い男性。
シャッタをお願いしました。
18
瀬戸岩の高いほうから二人を俯瞰。
2016年03月20日 13:58撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬戸岩の高いほうから二人を俯瞰。
4
一番高い岩。この下には岩場があります。
今日は、その先端まで挑戦します。
一旦、戻って少し降ります。
2016年03月20日 14:00撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番高い岩。この下には岩場があります。
今日は、その先端まで挑戦します。
一旦、戻って少し降ります。
13
一旦戻って
2016年03月20日 14:00撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦戻って
5
下に降りて、
2016年03月20日 14:03撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に降りて、
1
あの間を上がって、裏にでます。
2016年03月20日 14:06撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの間を上がって、裏にでます。
3
この岩の左側に降ります。
2016年03月20日 14:07撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩の左側に降ります。
1
岩の左を岩をホールドしながら移動。移動後に瀬戸岩の一番高いところを見上げる。
2016年03月20日 14:11撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の左を岩をホールドしながら移動。移動後に瀬戸岩の一番高いところを見上げる。
11
先ほどの名古屋の男性が一番高いところに移動してきました。左の岩にも上がりました。
2016年03月20日 14:12撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの名古屋の男性が一番高いところに移動してきました。左の岩にも上がりました。
16
これから先端の岩に移動します。
2016年03月20日 14:13撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから先端の岩に移動します。
4
すごいな!
2016年03月20日 14:14撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごいな!
11
これからいく先端の岩
2016年03月20日 14:17撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これからいく先端の岩
5
先端の岩場への途中
2016年03月20日 14:21撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先端の岩場への途中
3
もうすぐだ。
2016年03月20日 14:22撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐだ。
1
これが先端の岩だ。
2016年03月20日 14:24撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが先端の岩だ。
5
先端の岩から下を覗いた。
2016年03月20日 14:26撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先端の岩から下を覗いた。
3
先端の岩から瀬戸岩最高点を望む。
2016年03月20日 14:26撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先端の岩から瀬戸岩最高点を望む。
11
中間左の岩は前回daishohさんが立った岩だ。
2016年03月20日 14:26撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間左の岩は前回daishohさんが立った岩だ。
10
戻ります。
2016年03月20日 14:27撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ります。
2
滑らないように注意して戻りました。
瀬戸岩の最初の岩に戻ると、若い女性が一人、鳳来寺から来られたという。私が先端の岩場から戻るのを見ておられたという。ちょっと立ち話。
上甦笋寮訶舛鬚靴董△気茲覆蕕靴拭
下りは、何度目かの副川へ降りるコースを取る。
2016年03月20日 15:02撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑らないように注意して戻りました。
瀬戸岩の最初の岩に戻ると、若い女性が一人、鳳来寺から来られたという。私が先端の岩場から戻るのを見ておられたという。ちょっと立ち話。
上甦笋寮訶舛鬚靴董△気茲覆蕕靴拭
下りは、何度目かの副川へ降りるコースを取る。
2
途中コブシが綺麗。
2016年03月20日 15:02撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中コブシが綺麗。
15
途中展望岩に立つと、瀬戸岩と小瀬戸岩が見える。
まるで、白鷲が羽を広げたように見える。
2016年03月20日 15:28撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中展望岩に立つと、瀬戸岩と小瀬戸岩が見える。
まるで、白鷲が羽を広げたように見える。
3
ズームすると、右が小瀬戸岩、左が瀬戸岩だ。
2016年03月20日 15:28撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームすると、右が小瀬戸岩、左が瀬戸岩だ。
8
これが展望岩
2016年03月20日 15:29撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが展望岩
4
展望岩のすぐ下に観音像
2016年03月20日 15:33撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望岩のすぐ下に観音像
6
スミレが咲いてました。
2016年03月20日 15:34撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレが咲いてました。
4
岩場に祀られた観音像
2016年03月20日 15:36撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に祀られた観音像
2
祠と石仏
2016年03月20日 15:37撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠と石仏
3
深山ツツジ満開
2016年03月20日 15:51撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山ツツジ満開
28
麓も近い。
2016年03月20日 15:56撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓も近い。
1
小石稲荷
2016年03月20日 16:05撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小石稲荷
4
願いを書いてくるの忘れた。
この次ね!
2016年03月20日 16:06撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
願いを書いてくるの忘れた。
この次ね!
2
下に下れば副川の里だ
2016年03月20日 16:06撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に下れば副川の里だ
1
階段を降りる。
2016年03月20日 16:07撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を降りる。
2
副川公会堂。
この後、車の地点へ車道を南下。
今日のツアも無事終了。
2016年03月20日 16:08撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
副川公会堂。
この後、車の地点へ車道を南下。
今日のツアも無事終了。
2

感想/記録

土曜日は雨。今日は、一日だけ、近場をあるく。
二つの候補で迷った。「西側から八嶽山」「瀬戸岩の隣の岩場の尾根探索」
結果は、後者になった。
愛知県三河の鳳来寺山、宇連山の間の棚山高原。ここに、瀬戸岩があり、川売(かおれ)からよく登られている。
これを副川から直登できないかを試して、なんどか登ってみると、
なんとも南東側にすぐ隣にある岩場とそこから下の里に続く尾根がきになりだすのである。岩場の名前が不明なので、仮称で小瀬戸岩として書いて見た。この岩場はどうなっているのか。下に降りる場所は確保できるか。
麓からの尾根は通過できるのか。
今回の課題はこういうことだった。30mの虎ロープを1本、ザックに入れて出発した。
<入口>
玖老勢の栃下地区、ここには現在サークルkがある。そこから300mほど鳳来寺よりの地点に駐車、小さい沢の向こうの尾根に入る。尾根の先端は岩場で、その下は地元の信仰の祠があった。祠から左に回り込んで尾根に取りつくと、道があった。
<栃下からの尾根>
ずっと赤テープなどは無かったが、尾根が広くなく迷うことはない。
歩きやすい。少しテープを付けてきた。
途中、細い岩場が数十mあって、鳳来寺山や富幕山方面の見晴が極めてよい。馬の背岩という感じだ。景観ポイントだ。
そこから先は、岩を伝っておりるので、ロープを付けて補助したが、ロープ無でも十分だった。
登りの途中で、「ドドド」とすごい音がした。10m横の斜面を猪が掛け降りていった。とても人間ではあのスピードでは降りられない。転んでけがをするだろう。動物の能力はすごいと思った。今まで音は聞いたことがあるが、実物を目の当たりにしたのは初めてだった。カメラを出す時間も無く、見えなくなった。
その後、分岐に合流した。
<分岐から小瀬戸岩>
分岐を越えると、古い赤テープが見つかった。
分岐からしばらくして、いよいよ、岩場が行く手に立ちはだかる。
岩場を避けて、右側に細い道がある。いけるまで侵入して奥に入ったが、道は不明瞭。あきらめて戻り気味に岩場に近づくように登ってみると、岩の裾伝いに奥に行けそうだ。谷地(窪地)に到達。gpsで見ると、先ほど、あきらめた地点より奥に来ている。
窪地は浸食があるとゆうことだから、土質で大きな岩がないという裏返しだ。ということは、尾根に登れるということになる。窪地に沿って上がる。
尾根にでた。一度この尾根は侵入したことがあり、少し下ると三角点があるはずだ。三角点にタッチ。次の目標は、先端まで行けば岩場があるはずだ。200m下降して断崖になった。小瀬戸岩だ。
鳳来寺山、本宮山、浅間山など見放題だ。
ふと足元をみると、沢山の岩ヒバがやさしい。
鳳来寺山方向をみると、すぐ先に岩場があった。鳳来寺山から見ると小瀬戸岩とともに目立つ岩場だ。あの岩場をたしかめないと満足も半端という気持ちになってくる。
尾根に上がる位置を見つけるまでが、このコース一番の難関だった。
<瀬戸岩まで>
棚山高原を移動する。途中、愛知県民の森からのトレランのランナーとすれ違う。今日が大会その日だった。
瀬戸岩には、名古屋からの二人の若い男性がいた。カメラのシャッタをお願いした。今日のもう一つの目標は、瀬戸岩の先の下の先端岩を訪れることだ。瀬戸岩のピークを訪問、いよいよ、先端岩に行く。前回daishohさんと来たときは、gはパスしたところだ。
岩の左わきを移動して第一の岩場を通過。その上に上がる。
ピークを見上げると、先ほどの男性がカメラを向けている。互いにカメラに収めた。第二の岩を越えて、先端の岩場にいった。下を覗く。
満足だった。
注意して戻る。振り返ると下から覗く瀬戸岩ピークの姿が見事だ。
ここにきてよかった。
戻り途中、瀬戸岩に青い服装の単独者を見かけた。
瀬戸岩に戻ると、若い女性が一人おられた。鳳来寺山からだという。
しばし立ち話。上臈岩の紹介をしておいた。「気を付けて」という挨拶で下降点に向かった。女性も鳳来寺山へ戻っていった。
<瀬戸岩から副川>
一旦、瀬戸岩の下まで、岩のないところを使って降りなければならない。
降り口は、瀬戸岩分岐から少し瀬戸岩側に入ったところの北側斜面にあり、赤テープがある。赤テープに沿って、急斜面を注意して下ると、瀬戸岩の下に出る、後は尾根に沿って下る。途中、植林帯に入ると、尾根が広く、どこを下るか分からなくなる。ここは赤テープを探して下る。
そこを過ぎれば、他は問題なく降りることができる。
途中、展望岩から瀬戸岩方面を返り見た。小瀬戸岩と二つの羽を広げた鷲のような光景があった。すぐ観音像が立つ地点を通過した。
後は、麓までまっしぐらだ。今回は、副川で稲荷に寄った。
小石に願を書いて納める風習があるようだ。
gの願いはというと、さしあたり思い浮かばない。
「今日も楽しかったからいいや」
この程度の小市民的願いである。

「踏みもみず 岩尾根行けば 手が届く 岩上に立ち 先に岩見ゆ」
「瀬戸岩の 見下ろす岩や こうべあげ 仰げる岩に 神宿りませ」

今日は、断念・撤退かと途中思ったが、小瀬戸岩の尾根に到達できて満足だった。小石に願いを掛けるとすれば、「感謝!」とお礼を書いてみたい。(g) 
訪問者数:703人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/16
投稿数: 2204
2016/3/21 14:50
 険しそうな尾根
を、gさん挑戦されて登りましたね。
瀬戸岩下の瀬戸際まで行くって、ヒヤヒヤしたがや
寅ロープ持参、テープ持参、備えあればのコースですね。
徒歩軌跡は、三角形のコースが描けましたよ。
参考にされるユーザーさんが出てきそうです。
素晴らしい山行レコでしたよ。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/3/21 20:30
 Re: 険しそうな尾根
toradoshi さん
コメントありがとうございます。
尾根が沢山あると、つい行ってない尾根も上がってみたくなります。
性格なんですね。
何とか撤退せずに済んで満足。次には、又お隣の岩場もと思ってます。(g)
登録日: 2014/5/29
投稿数: 168
2016/3/21 21:55
 新ルートですね
Gさん こんばんは

奥三河の新ルートですね、
岩場も有り、なかなか楽しそうなルートですね、
赤テープのマーキング、ありがとうございます、
機会が有ったら行ってみたいです。

前回のレコに有りました、神田から障子岩経由で明神山に、
行ってみようと思います。
これからもレコを、楽しみにしています。
登録日: 2012/8/10
投稿数: 20
2016/3/21 22:22
 あの尾根を歩いた人がいたとは
初めまして。
仙人様の尾根から眺めていたあの尾根を同じ日に登っている人がいたとは、びっくりです。
愛知県の山も奥が深いですね。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/3/21 23:03
 Re: 新ルートですね
nakoe15さん
コメントありがとうございます。懲り症なので、一度いくと見えるものに次々探索したくなります。私の性格に合っているのでしょう。
岩場近くは上がれる場所が分からなくて少々不安もありましたが、十分好奇心を満たしてくれました。これからも何度か行って不安のないようになりたいと思っています。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/3/21 23:07
 Re: あの尾根を歩いた人がいたとは
dokugo-jihei 様
はじめまして!
コメントありがとうございます。
そうなんですね。わたしも利修仙人尾根から、この辺りの岩場を見て、行ってみたいと思っていて、副川から瀬戸岩に直登を試し、その後、隣の尾根と移って来ました。三河の山は里山好きには楽しい山だと思います。
今後ともよろしくお願いします。(g)
登録日: 2014/5/29
投稿数: 168
2016/3/23 19:20
 行ってみたいな
gさん こんばんわ、いつも楽しみにしています。

このルートで、写真81〜105辺りで、玖老勢側に戻っている所が有りますが、ここは何か訳が有るのでしょうか?教えてください。
又、このルートを登るときに、特に気を付けることが有ったらお願いします。
私も挑戦したいと思っています。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/3/23 21:45
 Re: 行ってみたいな
nakoeさん
小瀬戸岩も瀬戸岩もいいです。馬ノ背もいいです。一度より何度か訪れるところです。未だ、紹介していない多くのコースがありますので、きっと楽しめます。
81の辺りは尾根にでて、三角点に到るところです。ここまでくれば、難しいところは、終わり。
玖老勢側に戻っているのは、仮称小瀬戸岩が戻った先端にあるためで、先端まで少し降りています。
気を付ける点は、
1)下から上がって行った場合に、仮称小瀬戸岩の尾根に上がれるのがどこかということを見出すことだけで、私が上がったところは上がれたのですが、他にもあるかもしれません。見つけ方は、尾根の裾から離れたところの道を進んでいくと、いずれ道が無くなり不明ですので、最初から尾根の裾野(岩場の裾)に沿って行くのが、上り口を探せる要点かなと思います。
私も、もっと確実にしたいので、別のルートからこの下にいたり確認をしておきたいと思っています。
2)瀬戸岩から副川に降りるときは、瀬戸岩付近の下降点の赤テープ(私の軌跡で予想が付きます)が見つかれば、それをたどり瀬戸岩の先端の直ぐ下に回り込めば、その後は暫く大丈夫。
その後、植林帯に入ると、赤テープも追いにくいので、GPSに私の通過した軌跡を入れて辿れば、後は尾根伝いで迷いも少ないでしょう。(副川瀬戸岩のコースは私は4回目で、すっかり慣れました)

私が今度行くときは、副川からあがり、栃下からの合流点に到り、小瀬戸岩に上がり、瀬戸岩に立ち寄ってから、鳳来寺方向に見える近くの離れ岩場(ここは、写真で行きたいと行っている岩で仙人コースから目立つ岩)に入り、玖老勢ルートで下山を考えています。よかったら、ご一緒でもいいです。
同行では、玖老勢峠のコースは取らずに、私の行きたい離れ岩場に立ち寄り、戻って今回の副川コースを辿るのもいいと思います。(g)
登録日: 2014/5/29
投稿数: 168
2016/3/24 7:07
 Re[2]: 行ってみたいな
丁寧な説明、有り難うございます。

とりあえず、一度行ってみたいと思いますう。
一緒に行っていただければ、心強いですね。
宜しくお願いします。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/3/24 12:29
 Re[3]: 行ってみたいな
nakoe15さん
ぜんはいそげといいますから、今度の土曜日又は日曜日は、どうでしょう。天気が良ければどちらでもいいです。OKなら集合場所、時間をお知らせします。(g)
登録日: 2014/5/29
投稿数: 168
2016/3/24 20:36
 Re[4]: 行ってみたいな
ありがとうごぜいます。

27日(日)は天気があまり良くない様ですので、26日(土)が良いと思います。よろしくお願いします。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/3/24 21:08
 Re[5]: 行ってみたいな
了解です。
予定、メッセージに入れときました。
(g)
登録日: 2013/1/12
投稿数: 246
2016/3/24 22:21
 凄いルートを行かれましたね。
gakukohさん、こんばんは〜
同じ日に寝観音から登り玖老勢峠から下りましたが、こんなルートを歩かれるとはビックリです。
ずーと以前に奥三河のletsさんがロープを使い懸垂で降りられるレコがありましたが、これは登山の中でもクライミングに属するので『自分には絶対無理!』と思っていましたが、それをやってしまうとは本当にビックリしました。
140番目の写真は瀬戸岩を見上げていますが、その逆に瀬戸岩からこの岩を見下げると、『あそこには行けないなぁ』と思っていました。でも、行ける人は行けるのだと感心しました。gakukohさん、落っこちないように気をつけてくださいね。
登録日: 2013/3/24
投稿数: 848
2016/3/25 6:14
 Re: 凄いルートを行かれましたね。
私があるいたルートは、なんとかロープなしでも通過できたところでした。ですから無理ではないです。瀬戸岩も前回daishohさんとコラボで、彼が途中の岩場まで降りたので、今回、単独で先端まで挑戦しましたが、注意して渡ればOKでした。下から眺めるのは気持ちいいですね。
(g)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ