ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830690 全員に公開 雪山ハイキング白山

薙刀山 満足の雪山歩き

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー yama154, その他メンバー7人
天候曇り→晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白山中居神社駐車場 トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間49分
休憩
49分
合計
8時間38分
S白山中居神社06:4108:17和田山牧場跡08:1811:20薙刀山12:0714:08和田山牧場跡14:0915:19白山中居神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
推高谷を渡って薙刀平へ進む予定だったが、谷を渡るスノーブリッジが崩れそうだったので、稜線まで谷に沿って進んだ。途中急斜面のトラバースが有り肝を冷やした。
その他周辺情報しろとり美人の湯 750円
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

白山中居神社に一番近い駐車場25台くらい 6:30時点でほぼ満車
ちょっと離れた駐車場は空きあり。
2016年03月20日 06:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山中居神社に一番近い駐車場25台くらい 6:30時点でほぼ満車
ちょっと離れた駐車場は空きあり。
3
和田山牧場跡。 右に薙刀山、左に野伏ヶ岳のパノラマ。 感動です。
2016年03月20日 08:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和田山牧場跡。 右に薙刀山、左に野伏ヶ岳のパノラマ。 感動です。
4
推高谷を渡る(予定だった)箇所。 スノーブリッジが頼りないので安全を取って渡らず。(帰りは渡っちゃったけど)
2016年03月20日 09:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
推高谷を渡る(予定だった)箇所。 スノーブリッジが頼りないので安全を取って渡らず。(帰りは渡っちゃったけど)
2
結構キケンなトラバースも有り。ヒヤヒヤです。
2016年03月20日 09:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構キケンなトラバースも有り。ヒヤヒヤです。
2
稜線に出て、薙刀山頂を目指す。いい天気になってきた。
2016年03月20日 11:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出て、薙刀山頂を目指す。いい天気になってきた。
4
振り返ると野伏がどっしりと構えている。
2016年03月20日 11:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると野伏がどっしりと構えている。
6
目印は無いけど、山頂に到着!
2016年03月20日 11:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印は無いけど、山頂に到着!
4
山スキーのメンバーはお楽しみの滑降タイム。
2016年03月20日 12:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山スキーのメンバーはお楽しみの滑降タイム。
3
歩きのメンバーは谷をどんどん下りていきます。
2016年03月20日 12:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きのメンバーは谷をどんどん下りていきます。
3
撮影機材:

感想/記録

ヤマレコでは野伏と薙刀を周回されているログも多いのですが、薙刀山のピストンだけで十分に満足できる雪山歩きでした。
和田山牧場跡の広々とした雪原で、目に飛びこんできた野伏と薙刀のパノラマは感動ものでした。
推高谷の雪が一部解けておりスノーブリッジになっていました。谷を渡れば薙刀平への近道なのですが、安全を取って稜線を目指す迂回ルートに変更しました。稜線に至る途中には急斜面のトラバースや急登がありましたが、ワカンの刃を十分効かせながら慎重に歩きました。
後ろから付いて来た別グループの方が15mくらい滑落しビックリしました。(途中で止まり無事だったので良かったです)
山頂は風も無く暖かかったので、ゆっくり腰をおろして昼食が取れました。青空の下、大日ヶ岳から銚子が峰〜別山へと繋がる峰々のパノラマを見ながらオニギリを頬張る至福の時でした。
帰り道は試しに谷を下ってみましたが、運良く渡れそうなスノーブリッジを見つけたので無事往路に戻れました。
雪山の楽しさと、その裏腹にある危険の両方を感じることができた達成感のある山行でした。
訪問者数:180人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ