ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830754 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走北陸

籾糠山から猿ヶ馬場山で最後は雪山ビバーク

日程 2016年03月19日(土) 〜 2016年03月21日(月)
メンバー momohiro
天候3/19…雨後晴れ 3/20曇り後雪 3/21雪後曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間59分
休憩
4時間30分
合計
12時間29分
S高山駅05:2612:02江黒下垣津バス停16:3217:55栗ヶ谷橋
2日目
山行
23時間43分
休憩
22分
合計
24時間5分
栗ヶ谷橋04:4612:51籾糠山13:1216:06猿ヶ馬場山16:0716:24三角点ノ台地18:00ビバ−ク地点
3日目
山行
3時間10分
休憩
5分
合計
3時間15分
ビバ−ク地点06:2007:38第一徒渉点08:11宮谷林道出合08:1209:30白川郷09:3409:35白川郷バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
飛騨河合から籾糠山 コース的に危険なところはありません。尚、特に籾糠山直下の登りは急です。
籾糠山から猿ヶ馬場山 稜線に多少雪庇があるので稜線ギリギリは注意。
✳︎猿ヶ馬場山から白川は道間違いを起こしてしまいました。他の方のレコを願います。
※高山から江黒下垣津までは赤線繋ぎの為の車道歩きです
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

早朝高山駅より雨の中を歩き出します
2016年03月19日 05:09撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝高山駅より雨の中を歩き出します
道の駅ななもり清見
ここで少し休まさせてもらいました
2016年03月19日 07:20撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅ななもり清見
ここで少し休まさせてもらいました
小鳥峠を通過
2016年03月19日 09:18撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小鳥峠を通過
小鳥峠のお地蔵様
2016年03月19日 09:19撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小鳥峠のお地蔵様
1
江黒下垣津バス停
一旦、軽装でここまで歩き、高山にバスで戻り、雪山装備で再びここからスタートしました
2016年03月19日 12:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江黒下垣津バス停
一旦、軽装でここまで歩き、高山にバスで戻り、雪山装備で再びここからスタートしました
1
飛騨河合の案内図がありました。
籾糠への道の役には立ちません
2016年03月19日 16:53撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨河合の案内図がありました。
籾糠への道の役には立ちません
1
下小鳥ダムへの道は冬期は閉鎖のようです
2016年03月19日 17:00撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下小鳥ダムへの道は冬期は閉鎖のようです
河合保に入りました。
河合保は下小鳥ダムで失われた集落です
2016年03月19日 17:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河合保に入りました。
河合保は下小鳥ダムで失われた集落です
下小鳥ダム湖です
2016年03月19日 17:09撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下小鳥ダム湖です
祠がありました
河合保の集落跡の一部でしょうか
2016年03月19日 17:27撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠がありました
河合保の集落跡の一部でしょうか
1
栗ヶ谷橋が見えてきました
2016年03月19日 17:32撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗ヶ谷橋が見えてきました
ダムサイトの灯りが見えます
少しほっとします
2016年03月19日 17:48撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムサイトの灯りが見えます
少しほっとします
1
栗ヶ谷橋です
ここより飛騨河合PA方面に道が分岐します
今宵はダムサイトの灯りが見えるここでテントを張らさせていただきました
2016年03月19日 17:55撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗ヶ谷橋です
ここより飛騨河合PA方面に道が分岐します
今宵はダムサイトの灯りが見えるここでテントを張らさせていただきました
1
飛騨河合PA付近です
昔はPAより出入りが出来た為、道路標識があります
2016年03月20日 05:07撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨河合PA付近です
昔はPAより出入りが出来た為、道路標識があります
1
養鱒場を過ぎた付近です
除雪は養鱒場まで
2016年03月20日 05:34撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
養鱒場を過ぎた付近です
除雪は養鱒場まで
林道の分岐です
2016年03月20日 06:05撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の分岐です
一方の林道はとうぞう谷へと続きます
2016年03月20日 06:05撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一方の林道はとうぞう谷へと続きます
二号橋です
この少し先で林道から外れます
2016年03月20日 06:31撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二号橋です
この少し先で林道から外れます
たまに赤布がありますがあまり役には立ちません
2016年03月20日 06:37撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに赤布がありますがあまり役には立ちません
林道を外れてしばらく林の中を歩きますが、途中で右の尾根に上がります
2016年03月20日 07:23撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を外れてしばらく林の中を歩きますが、途中で右の尾根に上がります
1
尾根筋はこういう目印がしばらく続きます
2016年03月20日 08:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋はこういう目印がしばらく続きます
1
しかし雪がすくない
しばしばヤブに突入します
2016年03月20日 08:39撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし雪がすくない
しばしばヤブに突入します
雪は増えてきましたが腐っています
2016年03月20日 08:45撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は増えてきましたが腐っています
この急な登りはどう歩いても雪が崩れてきます
四つんばいでなんとか上がりました
2016年03月20日 09:37撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急な登りはどう歩いても雪が崩れてきます
四つんばいでなんとか上がりました
稜線近くなると雪もようやく締まってきました
2016年03月20日 11:17撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線近くなると雪もようやく締まってきました
木々も白くなってきました
2016年03月20日 11:42撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々も白くなってきました
1
ここから落ちました
幸い怪我もなかったですが…
2016年03月20日 12:02撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから落ちました
幸い怪我もなかったですが…
2
籾糠山への最後の登りは急登です
2016年03月20日 12:26撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
籾糠山への最後の登りは急登です
2
籾糠山山頂に着きました〜
2016年03月20日 12:58撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
籾糠山山頂に着きました〜
2
猿ヶ馬場はガスに包まれていました
2016年03月20日 12:44撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿ヶ馬場はガスに包まれていました
天生湿原方面です
気持ちよさそうな感じですね
2016年03月20日 12:46撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天生湿原方面です
気持ちよさそうな感じですね
この後、猿ヶ馬場へ向かいます
木々は真っ白です
2016年03月20日 13:27撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、猿ヶ馬場へ向かいます
木々は真っ白です
1
稜線に雪庇があるようです
2016年03月20日 14:01撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に雪庇があるようです
1818峰は巻いて猿ヶ馬場との鞍部へ向かいます
小雪がちらついてきました
2016年03月20日 14:25撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1818峰は巻いて猿ヶ馬場との鞍部へ向かいます
小雪がちらついてきました
猿ヶ馬場山に着きました
2016年03月20日 15:57撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿ヶ馬場山に着きました
4
猿ヶ番場の山頂は寒くてすぐに下山開始
ロクに地図も確認せずに1662峰を下ってしまいました
テントも張れなくなりビバ−クとなります
2016年03月20日 15:57撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿ヶ番場の山頂は寒くてすぐに下山開始
ロクに地図も確認せずに1662峰を下ってしまいました
テントも張れなくなりビバ−クとなります
ビバ−クから一夜明けて
写っているのは自立しないテントです
この中で一夜を過ごしました
唯、顔をあたりのみストックで空間確保しましたが…
2016年03月21日 05:31撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビバ−クから一夜明けて
写っているのは自立しないテントです
この中で一夜を過ごしました
唯、顔をあたりのみストックで空間確保しましたが…
4
沢沿いに降りて行って転倒した場所
2016年03月21日 06:57撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに降りて行って転倒した場所
2
転倒したところの少し近くには雪がとけて沢が現れていました
2016年03月21日 06:57撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転倒したところの少し近くには雪がとけて沢が現れていました
2
宮谷です
ここを渡らないといけません
2016年03月21日 07:17撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮谷です
ここを渡らないといけません
1
ここなら渡れそうです
2016年03月21日 07:17撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここなら渡れそうです
ビバ−ク地点から沢を下って林道に出ました
本当に良かった
2016年03月21日 08:03撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビバ−ク地点から沢を下って林道に出ました
本当に良かった
白川の集落が見えました
もう大丈夫でしょう
2016年03月21日 08:10撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白川の集落が見えました
もう大丈夫でしょう
白川の茅葺の家々
2016年03月21日 09:09撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白川の茅葺の家々
こんな感じで茅葺がいっぱい
2016年03月21日 09:11撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで茅葺がいっぱい
当然、観光客がいっぱい
ここからバスに乗り、山行無事終了しました
2016年03月21日 09:23撮影 by DMC-FP1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当然、観光客がいっぱい
ここからバスに乗り、山行無事終了しました
3

感想/記録

コ−スは赤線繋ぎの為に、高山駅から江黒下垣津までまず歩いて、そこから一度高山に戻って冬山装備にしてから、再び、バスで江黒下垣津に移動。そこから歩き出し飛騨河合PA付近を経て籾糠山、猿ヶ馬場とつなぎました。念願の籾糠山から猿ヶ馬場山への雪山縦走を達成できました。

でも、反省が大きい山行でした。
先ずスノーシューの使い方です。傾斜が緩やかなところは威力を発揮しますが、急な下りは逆に危険です。今回の山行ではスノーシューを多用したのですが、籾糠山の手前と直下の下りで転倒。特に籾糠山の手前は、籾糠山の前山をやや下り気味にトラバースしていたのですが、転倒し小さな涸れ沢に転げ落ちてしまいました。幸い、涸れ沢は雪がクッションとなり何事も無かったですが、奇跡的でした。
第二は地図読みの失敗。飛騨河合から籾糠山を経て猿ヶ馬場山迄はくどいぐらいに地図を見ていましたが、猿ヶ馬場山では時間が遅かった事や雪が降ってかなり寒くて、地図を見ないで、人のトレースを頼りに道迷いをしてして、結局ビバーク。翌日は正規のルートに戻る為に沢を下るというル−トを取らざるを得ず、途中で転倒し、こちらもあやうく、雪の間にのぞかせた沢の穴に落ち込むところでした。
第三はビバークに関してです。元々、猿ヶ馬場山付近で一泊するつもりでテントを持って行きました。ところが急いで下に降りようと急いだ結果、道迷い。結局、ウロウロしている間に暗くなり、やや斜面が緩やかな場所で、テントを張ろうとした為、テントのポールを斜面に不用意に置いた為、雪で流されるというアクシデントになってしまいました。自立しないテントは唯の布袋です。それでも、ないよりましと考え、布袋の中にマットとシェラフを引きましたか、結露でシェラフが湿って眠れない一夜を過ごしました。
いつも単独行ですが、単独行のリスクの高さを痛感しました。
無事帰ってこれてよかったです。

訪問者数:330人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/15
投稿数: 917
2016/3/23 21:16
 山頂標識あったんですね!
はじめまして
猿ケ馬場山山頂標識あったんですね
見つけられなかった〜
momohiroさんのトレース少しは見たかも
雪山ビパークはなかなか単独は不安ですね
無事で良かったですね。
当方もノートレース下りで道ロストの滑落・・・
お互い安全で山楽しみまひょ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ