ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 830933 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

県境尾根から平治の段、貫ヶ岳

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー kamuishiri
天候曇り、一時小雨。気温やや高め
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中沢公民館近くのヘリポートの片隅に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
15分
合計
6時間49分
Sスタート地点07:2510:20倉骨山10:2110:36中沢峠11:37平治の段11:3912:11十国展望台12:25晴海展望台12:3413:04貫ヶ岳13:0714:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
中沢公民館 0700-0725
取付点 0738
尾根 0813
552標高点 0823-37
575mコル 0907
県境最南端 0954-1007
倉骨山 1020
中沢峠 1034
平治の段西850m 1106-22
平治の段 1137
稜線を西へ 1140-1208
十国展望台 1210
晴海展望台(929) 1226-37
焼山 1248
貫ヶ岳 1304-07
焼山 1318-30
中沢公民館 1414-30
コース状況/
危険箇所等
前半は一般登山道でなく踏跡。
県境尾根Co575mのコル以降、距離500mほどは背丈を超すスズタケを
かき分けて進む。(地面をよく見ると一応踏跡はある)
平治の段の600m南付近以降は幅広く刈りはらわれ快適。

写真

平治の段-貫ヶ岳の稜線。天候は回復傾向と見えましたが....。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平治の段-貫ヶ岳の稜線。天候は回復傾向と見えましたが....。
県境尾根。木が疎らになっているところが前回苦労した倒木地帯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根。木が疎らになっているところが前回苦労した倒木地帯。
ここが今回の取付点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが今回の取付点
倒木地帯の際で来てしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木地帯の際で来てしまった。
ミツマタ。花はこれくらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタ。花はこれくらい
尾根に乗ると大体問題なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗ると大体問題なし
前回1時間もスマホを探した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回1時間もスマホを探した
樹高10m超のてっぺんに一握りの葉を茂らせる杉は哀れです。
(中央下のなどは間もなく枯れそう)
次世代に希望をつなぎに一所懸命花粉を飛ばすのも分からんでもない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹高10m超のてっぺんに一握りの葉を茂らせる杉は哀れです。
(中央下のなどは間もなく枯れそう)
次世代に希望をつなぎに一所懸命花粉を飛ばすのも分からんでもない
575mのコル。ここからスズタケ廊下になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
575mのコル。ここからスズタケ廊下になります
山梨県最南端付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨県最南端付近
倉骨山、特にどうということもなし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉骨山、特にどうということもなし
中沢峠。矢口ルートは通行禁止で、実際にかなり厳しく危険な状況とのことです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中沢峠。矢口ルートは通行禁止で、実際にかなり厳しく危険な状況とのことです。
たまにこんな場所もあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにこんな場所もあります
徳間峠あたりによくあった標柱。こっちにもあったか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳間峠あたりによくあった標柱。こっちにもあったか
急に道が良くなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に道が良くなる
平治の段手前の展望点。安倍東山稜南部..ではなくて、
その手前の高ドッキョウから派生する山稜か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平治の段手前の展望点。安倍東山稜南部..ではなくて、
その手前の高ドッキョウから派生する山稜か?
矢口ルートが通れないため、ロープで閉鎖していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢口ルートが通れないため、ロープで閉鎖していました。
平治の段です。2年前と2ヶ月前の2重の意味でのリベンジに成功
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平治の段です。2年前と2ヶ月前の2重の意味でのリベンジに成功
天気はこのころが一番よかったか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気はこのころが一番よかったか?
左側白鳥山。右下県境尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側白鳥山。右下県境尾根
高ドッキョウだと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高ドッキョウだと思います。
この木の階段で足跡がつながったのを確信
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木の階段で足跡がつながったのを確信
30分前より天候悪化しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分前より天候悪化しています。
晴海展望台ガスの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴海展望台ガスの中
でもちょっと下るとそれなりに見える。前方貫ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもちょっと下るとそれなりに見える。前方貫ヶ岳
本日の最終目的地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最終目的地
なんともさえない展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんともさえない展望
大城への登山道はスズタケがうるさそうでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大城への登山道はスズタケがうるさそうでした

感想/記録

1月にスマホを落として放棄した山行のリベンジ。
行きの車中、明け方の新東名では結構本降りの雨。雨上がりのヤブ漕ぎか?、
カッパ着ないとだめだろうな....、などと、モチベーション下がり気味。
中沢公民館の道路をはさんだヘリポートに駐車。
周囲の杉は、ほぼ緑色である。この標高の花粉はおさまったか?
車道を下り、県境尾根取付の小さな茶畑から踏跡へ入る。
登るにしたがって、前回、登りで悩まされた県境尾根上の倒木地帯がまじかに
見えるようになり、前回の下りで尾根を外したのになぜ気付かなかったのか、
などと考える。しかし、これは今回が東によりすぎていたためであり、そのまま
進むと、その倒木地帯に入ってしまうことがすぐにわかり、
右寄りトラバースに切り替える。(似たような人がいるのか、山仕事の人たちの
試行錯誤の結果なのか、微かにそんな踏跡もある)
じきに尾根に出て、何のことはなく、前回因縁の552標高点到着。
その手前ではどうしても地面に目が行ってしまった。
その先もしばらくは笹のかぶりがたまに出る位で、どうということはないが、
細かい屈曲が多い尾根なので、GPSが重宝する。
(読図をすれば必須ではないが、ああだこうだと悩まないで済むのが楽)
575m位のコル手前で小雨が降ってくる。カッパを着る踏ん切りがついて
ちょうどよかったとも言える。ここからのスズタケのヤブはなかなか厳しい。
ネマガリダケよりは細いが、本数が多いので、倒木などの影響で
変に絡みあっているようなところは難儀する。登りなので、全体に
やや逆らい気味になるのはつらい一方、ササの根元に一応ある踏跡を確実に
確認できる。ルート把握にはあまり困難を感じなかった。
最悪の部分は45分ほどで、県境最南端付近の空き地に出た。雨も止んだ。
稜線までは県境に沿う感じで踏跡がある。県境はさらにまともな踏跡だったので、
倉骨山まで行ってみたが、展望はなし。
中沢峠から先もところどころにスズタケのヤブがある。この標高の杉は
結構赤いが、幸い花粉症の症状は出ず。
平治の段南西のCo.890mピークからは、一転して不必要なほど幅広く刈られた
立派な道になり、難なく平治の段へ。展望はあり。
県境と貫ヶ岳の分岐にザックをデポして、一昨年、この西でこむら返りにより
進めなくなった場所まで往復する。
なんとなく見覚えのある場所はあるのだが確信が持てず、間違いようのない
木の階段のところまで行ったので、少し下り過ぎてしまった。
十国展望台は分岐から2分ほどのところだが、どうせ近くしか見えないので、
展望は平治の段と大同小異。晴海展望台はちょうど雲底にかかってしまい、
ガスの中で展望なし。
貫ヶ岳も元々展望なしの山でなので、ほぼ何も見えず。
大城へもルートがあるようだが、見た感じではスズタケがうるさそうだ。
焼山の分岐まで戻って杉林の中を下る。45分ほどで中沢着。
地味な山行だが、2年前と2ヶ月前の2重の意味でのリベンジに成功したので
うれしかった。
訪問者数:265人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ