ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 831226 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走京都・北摂

瓢箪崩山〜金比羅山〜翠黛山

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー nakkanmimikaki, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間33分
休憩
47分
合計
6時間20分
Sスタート地点09:3010:28寒谷峠10:44瓢箪崩山11:0012:34江文峠13:0014:15金毘羅山14:2014:50翠黛山15:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

登山口には、大きな動物除けの柵がある。
2016年03月20日 09:30撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口には、大きな動物除けの柵がある。
4
瓢箪崩山の頂上へは、最初はなだらかで、そして最後は急峻な坂道を登ることになる。
2016年03月20日 09:54撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓢箪崩山の頂上へは、最初はなだらかで、そして最後は急峻な坂道を登ることになる。
1
瓢箪崩山の頂上。ここで1回目?の昼食タイム。
2016年03月20日 10:45撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓢箪崩山の頂上。ここで1回目?の昼食タイム。
1
展望は、わずか。
2016年03月20日 10:46撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は、わずか。
1
江文峠まで下り、ここからまた登りに転じる。
2016年03月20日 12:34撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江文峠まで下り、ここからまた登りに転じる。
思わず手を合わせてしまう。
2016年03月20日 13:04撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず手を合わせてしまう。
1
参道らしく、石段が組まれている。
2016年03月20日 13:05撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道らしく、石段が組まれている。
3
琴平新宮社。真っ先に階段を駆け上がり、手を合わせる同行者。でも、今回もお賽銭は省略していた。
2016年03月20日 13:08撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琴平新宮社。真っ先に階段を駆け上がり、手を合わせる同行者。でも、今回もお賽銭は省略していた。
3
この手前を右に回り込んで進むと金毘羅山の頂上だ。
2016年03月20日 13:39撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この手前を右に回り込んで進むと金毘羅山の頂上だ。
2
途中、石碑が建つ。この辺りで2回目の昼食だ。
2016年03月20日 13:42撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、石碑が建つ。この辺りで2回目の昼食だ。
3
ここもある。何が書いてあるのか正面に立ってみたが、ハングル文字で読めない。
2016年03月20日 14:20撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもある。何が書いてあるのか正面に立ってみたが、ハングル文字で読めない。
2
金毘羅山の山頂。展望はない。この辺りは、踏み跡が分かりづらいところもありリボンを慎重に探しながらの下山となった。
2016年03月20日 14:15撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金毘羅山の山頂。展望はない。この辺りは、踏み跡が分かりづらいところもありリボンを慎重に探しながらの下山となった。
2
下山途中に翠黛山を通過。この辺りから、ハイキングコースと書かれた簡易の案内表示が道を教えてくれるようになる。
2016年03月20日 14:50撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中に翠黛山を通過。この辺りから、ハイキングコースと書かれた簡易の案内表示が道を教えてくれるようになる。
1
下山地点に温泉があるのは有り難い。日帰り入浴は、ドリンク付きで1,000円。山も温泉もほぼ貸し切り状態だったが、帰りの京都市内では、連休の中日とあって大渋滞に巻き込まれる羽目となった。
2016年03月20日 16:54撮影 by TG-310 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山地点に温泉があるのは有り難い。日帰り入浴は、ドリンク付きで1,000円。山も温泉もほぼ貸し切り状態だったが、帰りの京都市内では、連休の中日とあって大渋滞に巻き込まれる羽目となった。
4

感想/記録
by nakkan

大原10山というのがあるそうだ。今回はその10分の3を登頂したことになるが、残る7山に挑戦することはまずないと思う。
訪問者数:169人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ