ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 831281 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

せっかくの三連休だから 【足和田山〜三湖台〜根場〜王岳〜三方分山〜精進湖】

日程 2016年03月20日(日) [日帰り]
メンバー zenith
天候小雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
【道の駅なるさわ】に駐車
精進湖からは富士急バスにて【富士緑の休暇村】下車ですぐ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間2分
休憩
1時間28分
合計
9時間30分
S道の駅なるさわ05:2305:51一本木バス停05:5305:56大田和一本木06:0106:44足和田山(五湖台)07:0207:45三湖台08:0608:11紅葉台08:2011:02王岳11:2211:44横沢ノ頭11:4712:33五湖山12:3713:04阿難坂13:27三方分山13:3213:37精進山13:51精進峠 (三ツ沢峠)14:18精進湖キャンピングコテージ14:1914:48精進湖入口バス停14:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道中ほぼ雪無し
道中、目の前の【富士山】を見ながらのハイクですが、今回は生憎の天気で見えず
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

道の駅を出発
2016年03月20日 05:23撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅を出発
【足和田山】登山口までは道路を3kmほど歩きます
2016年03月20日 05:38撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【足和田山】登山口までは道路を3kmほど歩きます
この【一本木バス停】を左へ
2016年03月20日 05:52撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この【一本木バス停】を左へ
【足和田山登山口】
この扉を開けて入ります
2016年03月20日 05:59撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【足和田山登山口】
この扉を開けて入ります
比較的によく整備されてますね
2016年03月20日 06:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的によく整備されてますね
【足和田山】
背後には【河口湖】が望めます
2016年03月20日 06:49撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【足和田山】
背後には【河口湖】が望めます
【三湖台】を目指しますが、途中車が通れる林道とぶつかる
2016年03月20日 07:34撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三湖台】を目指しますが、途中車が通れる林道とぶつかる
【三湖台】山頂
ここはピークとしてはとても広く開放感があります
これからの時期は大勢の方たちが休まれるのではないのでしょうか
2016年03月20日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【三湖台】山頂
ここはピークとしてはとても広く開放感があります
これからの時期は大勢の方たちが休まれるのではないのでしょうか
【竜ヶ岳】と【雨ヶ岳】そして麓には【青木ヶ原樹海】が広がる
2016年03月20日 07:58撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【竜ヶ岳】と【雨ヶ岳】そして麓には【青木ヶ原樹海】が広がる
1
では【紅葉台】へ向かいます
2016年03月20日 08:06撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では【紅葉台】へ向かいます
おやっ?熊のか?
2016年03月20日 08:07撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おやっ?熊のか?
数分程で【紅葉台】に到着
2016年03月20日 08:12撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数分程で【紅葉台】に到着
中には誰も居ませんでした
2016年03月20日 08:12撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中には誰も居ませんでした
山頂標識が見当たらず、三角点で確認しました
しかしここの三角点は随分と雑な扱いですね
2016年03月20日 08:16撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識が見当たらず、三角点で確認しました
しかしここの三角点は随分と雑な扱いですね
西へ降った【万葉歌碑】の場所に山頂標識がありました
2016年03月20日 08:31撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西へ降った【万葉歌碑】の場所に山頂標識がありました
降った先は林道に出た
2016年03月20日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降った先は林道に出た
道路を一旦渡り、その先には『アセビ』のトンネルが広がる
2016年03月20日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路を一旦渡り、その先には『アセビ』のトンネルが広がる
苔むした溶岩道。
考えてみたらここは富士の【青木ヶ原樹海】なんですよねぇ
2016年03月20日 09:04撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした溶岩道。
考えてみたらここは富士の【青木ヶ原樹海】なんですよねぇ
そんな樹海の中にもしっかりと指導標はあります
2016年03月20日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そんな樹海の中にもしっかりと指導標はあります
【根場】エリアに入る
2016年03月20日 09:34撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【根場】エリアに入る
ここから入山
2016年03月20日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから入山
40分以上林道を歩いた先にようやく【王岳登山口】
2016年03月20日 10:10撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40分以上林道を歩いた先にようやく【王岳登山口】
道はピンクマーキングを追いながら
2016年03月20日 10:16撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はピンクマーキングを追いながら
【王岳】到着
一人の登山者と犬が休んでいた
2016年03月20日 11:02撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【王岳】到着
一人の登山者と犬が休んでいた
1
山頂からは生憎の天気で正面の【富士山】は見えず
2016年03月20日 11:05撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは生憎の天気で正面の【富士山】は見えず
1
ここからは稜線を伝って【五湖山】方面へ
2016年03月20日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは稜線を伝って【五湖山】方面へ
1600Mから一気に降る
2016年03月20日 11:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1600Mから一気に降る
途中登山道は笹薮に覆われる
2016年03月20日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中登山道は笹薮に覆われる
【五湖山】の標識
2016年03月20日 12:33撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【五湖山】の標識
富士五湖の中では最小の【精進湖】
2016年03月20日 12:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士五湖の中では最小の【精進湖】
そして目指す【三方分山】が見えて来た
2016年03月20日 12:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして目指す【三方分山】が見えて来た
【女坂峠】
【上九一色村】の名前が懐かしい・・・
2016年03月20日 13:04撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【女坂峠】
【上九一色村】の名前が懐かしい・・・
急な坂を登り切ると【三方分山】山頂
バスの時間が気になる
2016年03月20日 13:27撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な坂を登り切ると【三方分山】山頂
バスの時間が気になる
1
ここから【精進湖】へ
2016年03月20日 13:51撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから【精進湖】へ
【山田屋ホテル】の横に出た
2016年03月20日 14:13撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【山田屋ホテル】の横に出た
下車
道の駅に到着です
2016年03月20日 15:47撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下車
道の駅に到着です
撮影機材:

感想/記録
by zenith

三月の三連休でしたが、zenithが行こうと思っていた所は天気がイマイチ。
土曜はダメそうなので、日曜日に決行。

当日の朝、スタート地点の【道の駅】へ向かう途中、【山中湖】付近で土砂降りの雨Σ(・□・;)
【河口湖】へ向かう途中で弱くなってきましたが、それでも小雨。
【道の駅】に着き用意をしてると、また雨が降ってきて、一時は止めようかと思いましたが、天気予報を信じレインウェアを着込む。
3kmほど歩いたて【足和田山登山口】に到着。

よく整備された道を登り【足和田山】山頂に。
生憎の天気で【富士山】は見えず。
【河口湖】を望んで【三湖台】へ向かう。
道は車が通過できる林道と重なりながらのハイク。
しかし、泥濘が酷いです。
【西湖】を右手に見ながら進むと広い広場のような場所に出るとそこが【三湖台】だ。
山頂からはとても景色がよく【十二ヶ岳】や【鬼ヶ岳】。そして【雨ヶ岳】【竜ヶ岳】【青木ヶ原樹海】、そして【富士山】。
ただ、【富士山】はまったく見えませんでした。
【紅葉台】へ向かう途中、クマの糞?を発見。
【紅葉台】から林道に出てそこからは【青木ヶ原樹海】のハイク。指導標もあり安全でした。
ようやく【根場】に出てそこからは【王岳】への道。
笹原歩きの登りでは今年初の『マダニ』に遭遇。
【王岳】から稜線歩きも笹原歩きが続く。
【五湖山】まではエスケープルートが無く長く感じた。
【女坂峠】からは急登を登り【三方分山】に。
バスの時間が気になりややペースアップ。
【精進峠】からの下りはつづら折りで降りやすかった。
道路にでた所が山田屋ホテル前。後はバス停までゆっくり歩いた。
訪問者数:266人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ