ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 831564 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

曇りのち頂上で晴れ! 阿弥陀岳@八ヶ岳

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー snakam, その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口〜美濃戸の林道は朝(7時台)は所々凍結、帰り(2〜3時台)は氷が解けて泥道
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間41分
休憩
1時間51分
合計
8時間32分
S八ヶ岳山荘06:5707:41やまのこ村07:48美濃戸山荘07:5308:58中ノ行者小屋跡09:0109:45行者小屋10:1710:51中岳のコル登山道水場10:5211:13中岳のコル11:2411:52阿弥陀岳12:1212:43中岳のコル12:4712:56中岳のコル登山道水場12:5813:17行者小屋13:4614:10中ノ行者小屋跡14:1114:45美濃戸山荘14:4614:54赤岳山荘14:5615:29八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 美濃戸〜行者小屋までは、行きも帰りもチェーンアイゼンがお勧めの状況でした。
 行者小屋から中岳のコルまでは往復とも中岳沢ルート。雪崩は大丈夫かなあと思っていたが、行きにたまたますれ違った馴染みのガイドさんが「全然、大丈夫ですよ」と言ってくれたので突入。
 中岳のコル〜山頂は半分ぐらい急斜面。登山道の中では手強い方だと思う。穂高岳山荘から奥穂に上がる雪壁と同程度と思う。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

南沢登山道を河原まで上がってきたのに、山は見えない。そろそろ晴れるという予報なのに。
2016年03月21日 09:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢登山道を河原まで上がってきたのに、山は見えない。そろそろ晴れるという予報なのに。
行者小屋でも曇りなので、パンを激写!この状態だと、リュックの底に入れておいてもつぶれません!
2016年03月21日 09:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋でも曇りなので、パンを激写!この状態だと、リュックの底に入れておいてもつぶれません!
なんということでしょう!阿弥陀の山頂にきたら、いきなり、晴れてきました。
2016年03月21日 11:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんということでしょう!阿弥陀の山頂にきたら、いきなり、晴れてきました。
2
もう、青空がくっきり、赤岳がくっきりです。暖かいです。
2016年03月21日 11:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、青空がくっきり、赤岳がくっきりです。暖かいです。
1
下の方の眺望もばっちり。
2016年03月21日 12:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方の眺望もばっちり。
1
赤岳を見ながら(実際には、ほとんど足元を見ながら)下山。
2016年03月21日 12:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳を見ながら(実際には、ほとんど足元を見ながら)下山。
4
中岳沢から横岳
2016年03月21日 13:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳沢から横岳
1
3連休最終日の午後。休日にはにぎわうテント場もすっかり片付いていた。
2016年03月21日 13:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3連休最終日の午後。休日にはにぎわうテント場もすっかり片付いていた。
2
行きには曇りで見えなかった景色を、帰りに楽しむ。
2016年03月21日 13:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きには曇りで見えなかった景色を、帰りに楽しむ。

感想/記録
by snakam

 久し振りの八ヶ岳は、今雪山シーズンまだ一度も登っていない阿弥陀岳へ。
 先日、阿弥陀南陵で雪崩遭難があったばかりだし、安全のために、文三郎を上がり、中岳経由で阿弥陀かな、と思いながら行者小屋を出発。すると、馴染みのKガイドさんとすれ違う。「中岳沢の状況はどうですか」「全然、大丈夫ですよ!」ということで、ガイドさんを信じて(そもそも信じられないとガイドツアーや教室で命を預けられない)中岳沢から阿弥陀へ。
 美濃戸口からずーっと曇り。ヤマテンでは、朝から晴れなのになあ、と思いながら、薄いガスの中の中岳沢を登ったが、トレースがはっきりしていて、苦労はしないし、北陵の稜線が見える程度の視界はあったので、迷う心配はしなかった。
 その状態で、急登に取り付き、息を切らして登っていくと、北陵からのルートと合流するあたりで、急に明るくなり、なんと、遠くに北アが見えるではないか。振り返れば、赤岳もどーんと見える。
 山頂では、眺望をまったり楽しみ、暖かい日差しの下で頭だけ出ている地蔵?阿弥陀さま?と記念撮影。
 それにしても、阿弥陀に来る人はみな北陵や南陵のバリエーションルートから来る人ばかり。僕らのように登山道を往復する人は珍しい。
訪問者数:343人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ