ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 831874 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

アイゼンワークの練習をしてきました。(西穂山荘まで)

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー tomoh
天候【西穂山荘付近】ガス時々にわか雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
冬期間は自家用車が便利です。新穂高第2ロープウェイのみ利用する方の駐車場は、新穂高第2ロープウェイ「しらかば平」駅付近にある駐車場への道が閉鎖されており、ここから約1km下った「鍋平公園」駐車場に止める必要があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間10分
休憩
35分
合計
2時間45分
S西穂高口(千石平)11:1512:00旧ボッカ道分岐12:0512:40西穂山荘13:0013:30旧ボッカ道分岐13:4014:00西穂高口(千石平)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
行きも帰りもほぼ夏山のコースタイムどおりでした。
コース状況/
危険箇所等
整備されており、危険箇所はありません。山荘直下にちょっとした急斜面がありますが、ゆっくり歩けば問題ありません。
(注)雪山登山に慣れた方であれば、アイゼン不要で歩けるようです。
その他周辺情報新穂高第1ロープウェイ「新穂高温泉口」駅付近に「中崎山荘奥飛騨の湯」などがあります。新穂高第2ロープウェイ「西穂高口」駅に食事処があります。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 冬用靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 冬用登山靴 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック(スノーバスケット付) カメラ アイゼン(10本爪) スパッツ レスキューシート
備考 ピッケル

写真

前日の平湯温泉付近。小雪が舞っています。
2016年03月20日 17:05撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日の平湯温泉付近。小雪が舞っています。
寒い・・・。
2016年03月20日 17:05撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒い・・・。
前日の夕方の乗鞍岳。快晴です。
2016年03月20日 17:48撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日の夕方の乗鞍岳。快晴です。
明日もこのような天気だといいな。
2016年03月20日 17:49撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日もこのような天気だといいな。
ここに泊まりました。新穂高温泉は予約が取れず、周辺の宿に直接電話しまくったところ偶然にも予約が取れました。
お湯は硫黄で、凄く気持ちが良かったです!
2016年03月21日 08:38撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに泊まりました。新穂高温泉は予約が取れず、周辺の宿に直接電話しまくったところ偶然にも予約が取れました。
お湯は硫黄で、凄く気持ちが良かったです!
これから行く新穂高方面は晴れているのだろうか?
2016年03月21日 08:38撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く新穂高方面は晴れているのだろうか?
今日は「西穂丸山」まで登る予定でしたが、視界不良のため断念しました。ピッケルを持ってこなかったのが痛かった!!
2016年03月21日 12:33撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は「西穂丸山」まで登る予定でしたが、視界不良のため断念しました。ピッケルを持ってこなかったのが痛かった!!
埋もれています。
2016年03月21日 12:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
埋もれています。
山荘の雪だるま。
2016年03月21日 12:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘の雪だるま。
西穂山荘。昨年の5月に訪れた時よりは積雪は多いです。
2016年03月21日 12:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂山荘。昨年の5月に訪れた時よりは積雪は多いです。
もういっちょ、西穂方面。
次回、再挑戦します!
2016年03月21日 12:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もういっちょ、西穂方面。
次回、再挑戦します!
1
テン場。
2016年03月21日 12:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場。
霞沢岳方面。
2016年03月21日 12:35撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳方面。
結構、歩いていますね。
2016年03月21日 12:54撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構、歩いていますね。
幻想的な風景です。
2016年03月21日 13:25撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な風景です。
トレースはしっかりしています。
2016年03月21日 13:25撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースはしっかりしています。
やっと晴れてきた。
2016年03月21日 13:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと晴れてきた。
風がひんやりして、気持ち良い。
2016年03月21日 13:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風がひんやりして、気持ち良い。
1
大迫力の積雪量。
2016年03月21日 13:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大迫力の積雪量。
もう一枚。
2016年03月21日 13:41撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一枚。
園地まで戻ってきました。
2016年03月21日 13:51撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
園地まで戻ってきました。
遠方の景色無し。
2016年03月21日 13:55撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠方の景色無し。
こんなに天気良いのに・・・。
2016年03月21日 14:57撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに天気良いのに・・・。
自宅へ帰ります。
2016年03月21日 15:21撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自宅へ帰ります。

感想/記録
by tomoh

 今回は、先週の雪山講習で習ったアイゼンワークを実際の登山道で実践しようと思い、急遽ハイキングを計画しました。なぜこの山域を選んだかというと、ちょうど1年前に同じコースを歩いたことがありコースの地形を理解していたので、歩く練習にちょうど良いと思ったからです。天気が良ければ「西穂丸山」まで足を延ばす予定でしたが、いざ「西穂山荘」に着いてみると視界不良で、しかも私自身登山初心者で登山技術や冬山装備が未熟で遭難の危険があったこと等の理由から、「西穂山荘」往復に計画を変更しました。
 山荘直下の急登で、「フラットフィッティング」、「キックステップ」、「方向転換」、「横歩き」、「逆ハの字歩き」等を試しました。一番登りやすかったのが「逆ハの字歩き」、一番下りやすかったのが「フラットフィッティング」でした。
 一方反省点は、登りの時、アイゼンが緩くなってしまうことでした。不完全な装備の装着は思わぬ事故を誘発してしまうことを考えると、やはり出発前のアイゼン装着は確実に行わなければならないということを学びました。
 今後はこのような基本的な事柄を意識して安全な登山をしていきたいと思います。
訪問者数:349人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ