ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832022 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

鍋割山♬待望の鍋焼きうどん♬

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー yamahennro, その他メンバー1人
天候小雨・霙・曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
寄大橋先の駐車場
 8台程度か、トイレ無し
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
1時間30分
合計
7時間10分
S寄大橋(水源林管理棟前ゲート)07:2008:40釜場ノ平08:5009:00寄コシバ沢09:50雨山峠10:0010:40茅ノ木棚沢ノ頭10:5011:10鍋割峠11:2011:40鍋割山12:1013:10後沢乗越13:2014:10後沢出合14:2014:30寄大橋(水源林管理棟前ゲート)14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・寄大橋〜雨山峠
数回の渡渉と河原歩きがあり、霧や雨で視界が悪い時や増水が予想される場合は危険である。
・雨山峠〜鍋割山 長い鎖場に注意
・後沢乗越〜水源管理棟の上
山と高原地図「丹沢」には記載されてなく、東丹沢登山詳細図1/16,500にウシロ沢径路と記載 距離2,485m・高低差380m・登1:15降50・ルートB級・体力度1・道標無し・熟達者向きとある
参考レコ(navecatさんの後沢左岸尾根)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-618246.html

その他周辺情報須走温泉「天恵」 平日900円 土日祝日1,500円
登山帰りの立寄湯だけなら割高 そのせいか休日でも空いている 泉質は良い
http://www.tokinosumika.com/tenkei/hotspa/


過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

駐車場から見る
寄大橋・寄沢
2016年03月21日 07:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から見る
寄大橋・寄沢
渡渉を5回ほど繰り返すと
木製の大ハシゴに着く
2016年03月21日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉を5回ほど繰り返すと
木製の大ハシゴに着く
2
ここは左の崖を上る
2016年03月21日 08:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは左の崖を上る
1
左の崖
2016年03月21日 08:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の崖
1
釜場平
2016年03月21日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜場平
コシバ沢には入らない
2016年03月21日 08:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシバ沢には入らない
コシバ沢
2016年03月21日 08:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシバ沢
ツルハシ尾根の入口が判らず通り過ぎてしまった
看板の裏の踏み跡がそうだったのか?
2016年03月21日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルハシ尾根の入口が判らず通り過ぎてしまった
看板の裏の踏み跡がそうだったのか?
1
この沢を進む
2016年03月21日 09:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この沢を進む
1
空中看板
この沢に入るなも兼ねている
2016年03月21日 09:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空中看板
この沢に入るなも兼ねている
3
雨山峠に着く
2016年03月21日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠に着く
1
歩いてきた寄沢方面
2016年03月21日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた寄沢方面
最初の鎖場
2016年03月21日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鎖場
丹沢にはブナの大木が多い
2016年03月21日 10:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢にはブナの大木が多い
1
茅ノ木
棚沢ノ頭
2016年03月21日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅ノ木
棚沢ノ頭
長い鎖場
2016年03月21日 10:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い鎖場
岩が濡れているので
慎重に登る
2016年03月21日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が濡れているので
慎重に登る
1
途中から小雨が霙になり
この辺りでは白く積もっている
2016年03月21日 11:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から小雨が霙になり
この辺りでは白く積もっている
上り下りを繰り返して
ようやく鍋割峠に着く
2016年03月21日 11:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り下りを繰り返して
ようやく鍋割峠に着く
馬頭観世音
2016年03月21日 11:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬頭観世音
鍋割山荘が見えてきた
2016年03月21日 11:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山荘が見えてきた
待望の鍋焼きうどん
去年の11月には1時間待ちで食べられなかった
2016年03月21日 11:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待望の鍋焼きうどん
去年の11月には1時間待ちで食べられなかった
6
10分待ちでお目にかかることができた!
腹が減っているのでおいしいが?
私には汁が甘すぎるようだ・・・
2016年03月21日 11:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分待ちでお目にかかることができた!
腹が減っているのでおいしいが?
私には汁が甘すぎるようだ・・・
7
鍋割山の碑
2016年03月21日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山の碑
2
後沢乗越までの道は泥んこだらけで、大勢の登山者とすれ違う
2016年03月21日 12:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越までの道は泥んこだらけで、大勢の登山者とすれ違う
後沢乗越
2016年03月21日 13:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越
後沢乗越を少し過ぎた所の尾根が後沢左岸尾根になる
下り始めは写真のゲートをくぐりフェンス沿いに下る
2016年03月21日 13:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越を少し過ぎた所の尾根が後沢左岸尾根になる
下り始めは写真のゲートをくぐりフェンス沿いに下る
2
良く整備されたヒノキ林をジグザグに下ると、沢に出て物騒な丸太橋が多くなる
2016年03月21日 13:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く整備されたヒノキ林をジグザグに下ると、沢に出て物騒な丸太橋が多くなる
3
標識には「作業用径路行き止まり」とあるが、右端上に小さく後沢乗越と書き足してある
2016年03月21日 14:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識には「作業用径路行き止まり」とあるが、右端上に小さく後沢乗越と書き足してある
2
水源管理棟の少し上に出てくる
この道を使うと寄大橋まで早い
2016年03月21日 14:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源管理棟の少し上に出てくる
この道を使うと寄大橋まで早い
ゲート
2016年03月21日 14:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート
1

感想/記録

 去年の11月に丹沢を周回した時に鍋割山荘で1時間待ちのうどんを食べられなかったので、そんなに美味しいのかと鍋焼きうどんを食べに鍋割山に登りに来た。
naveさん推奨の登山地図に載っていないツルハシ尾根を上り、後沢左岸尾根を下る最短コースで計画を立てた。

 天気予報を見て日にちを決めておいたのだが生憎登山口では小雨なので、カッパを着てスパを付けてスタートする。
コシバ沢を通り過ぎて10分ほど行った所で、尾根の形からツルハシ尾根の入口はここらだろうと看板の裏の踏み跡から覗いてみたが、ジグザグに登る道を意識していたせいかフンきれずに先に進んでしまった。
ツルハシ尾根は次回に登ることにしよう。
 期待していた鍋焼きうどんは腹が減っていたので美味しかったが、私には汁が甘すぎるので今後はうどんを目当てに登ることはないだろう。

 後沢左岸尾根を下るウシロ沢径路は二俣に下る後沢乗越の分岐を少し先に行った所にあるフェンスのゲートから入りフェンス沿いに下り、赤テープの付いたゲートを出て良く手入れされたヒノキ林をジクザグに下る。
標識はないが所々に赤テープがあり道迷いの心配はない。
沢に出ると丸太4本を並べた上に滑り止めの桟木を並べた橋が何か所か出てくる。
最近整備してくれているようだが傾斜があって濡れているので滑りそうで、高度感もあり揺れたりするのでかなり危ない。

 寄大橋の駐車場に戻るには山頂から私でも2時間ほどで着くので、このルートが一番早いようだ。
次に蛭がいなくなった頃に来るときには、ツルハシ尾根との併用で周回してみたい。



訪問者数:343人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/28
投稿数: 4938
2016/3/25 5:57
 yamahennroさん、はじめまして。
ツルハシ尾根につきまして・・・

ご推察のとおり、看板のウラといいますかほんの少し右から登っていきます。
↓こちらの過去レコの4枚めの写真です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-153120.html
 ※寄コシバ沢右岸尾根=ツルハシ尾根
 ※もちろん看板の真裏からも登れます。ただかなりの急登です。
  
看板のすぐウラですとジグザグの道は見当たらないのですが約1〜2m、
看板の右手に入っていただくとジグザグにつけられた作業径路があります。
私の場合、最初はその急登を登っていましたがふと右手を見たら九十九折れの
作業道を発見したという次第です。途中、平坦になるあたりでジグザグの
作業径路はなくなり薄っすらとした真っ直ぐ直登の踏み跡があったり消えたり
します。このあたり、林業の作業用のテープや踏み跡もあります。右手に
向かえば鍋割峠ということは地形図を見れば明らかですしまた歩きやすそうに
見えつい、そちらに向かってしまいがちですが、私の場合、何度かそれで
はまったことがあります。我慢して真上(稜線)を目指して登った方が無難かと
思います。それに辛くなってきたころにはその稜線も見えてきています。

現時点、寄コシバ沢から鍋割峠へのルートも寄沢から雨山峠を経由する
ルートも日々刻々とスリリングになっているように感じられます。
ツルハシ尾根を開拓できると事故の心配少なく安心して計画を立てる
ことができますし、かかる時間も節約できます。
(個人的にはあまりスリリングなのは求めておりませんもので・・・)
次回、無事に開拓できますことを願っております。
登録日: 2013/4/30
投稿数: 46
2016/3/25 11:11
 Re: yamahennroさん、はじめまして。
navecatさん、こんにちは
ありがとうございます
次に登るときには利用させてもらいます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ