ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832061 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

復帰戦2回目は、テン泊で青空の鳳凰三山大満喫

日程 2016年03月20日(日) 〜 2016年03月21日(月)
メンバー ryu0214
天候3/20 高くもり、夜中に雨
3/21 2500以上の稜線は快晴で、眼下は雲海
アクセス
利用交通機関
車・バイク
夜叉神峠の駐車場は、8時の時点ではガラガラでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間20分
休憩
0分
合計
4時間20分
S夜叉神峠登山口08:0008:50夜叉神峠小屋11:00火事場跡11:50苺平12:20南御室小屋
2日目
山行
8時間40分
休憩
2時間0分
合計
10時間40分
南御室小屋04:4005:20砂払岳05:5006:00薬師岳小屋06:10薬師岳06:40鳳凰山07:00鳳凰小屋分岐08:10アカヌケ沢の頭08:3009:10鳳凰小屋分岐09:40鳳凰山10:10薬師岳10:30砂払岳11:00南御室小屋11:5012:20苺平12:40火事場跡14:20夜叉神峠小屋14:4015:20夜叉神峠登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

夜叉神峠からスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠からスタート
9月以来のテン泊装備は、この時点ではきつくなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9月以来のテン泊装備は、この時点ではきつくなかった。
ここから、白峰三山が見えるはずだったんだけどなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、白峰三山が見えるはずだったんだけどなあ
杖立峠の道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖立峠の道標
ここからも白峰三山が見えるはずだったんだけどなあ~
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからも白峰三山が見えるはずだったんだけどなあ~
こんな注意事項が!
小屋泊まりの人は、よろしくです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな注意事項が!
小屋泊まりの人は、よろしくです。
1
結構へろへろで苺平到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構へろへろで苺平到着
空があかるくなってきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空があかるくなってきた!
日が差してきたよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が差してきたよ〜
テントは、奥の方の静かなところに張りました。
雪は、足で踏み固めました〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントは、奥の方の静かなところに張りました。
雪は、足で踏み固めました〜
3
マイテントの中から見えるテン場はこんな感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイテントの中から見えるテン場はこんな感じ
5
朝の4時40分にテン場を出発して、真っ暗な中稜線を目指し、砂払岳に到着。
いい感じの空だなあ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の4時40分にテン場を出発して、真っ暗な中稜線を目指し、砂払岳に到着。
いい感じの空だなあ〜
2
で、ここで朝日を待ちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、ここで朝日を待ちます。
1
北岳もきれいに見えてます。
まだ、焼けてない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳もきれいに見えてます。
まだ、焼けてない。
5
薬師岳もきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳もきれい
5
富士山の頭だけがちょびっと見えてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の頭だけがちょびっと見えてます。
1
だんだん明るくなってきた〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん明るくなってきた〜
4
富士山も少しだけ見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も少しだけ見えてきた。
2
風もなく穏やかな朝でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風もなく穏やかな朝でした。
3
さっきより明るくなってきたかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきより明るくなってきたかな
ちょっと赤くなってきたかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと赤くなってきたかな
4
北岳ズームアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳ズームアップ
5
お〜もうすぐや
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜もうすぐや
2
北岳の先っちょがモルゲンロート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳の先っちょがモルゲンロート
3
だんだん、下がってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん、下がってきた。
2
赤くなってきた〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤くなってきた〜
8
薬師方面もきれいに焼けてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師方面もきれいに焼けてる
6
で、薬師小屋は、雪に埋もれてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、薬師小屋は、雪に埋もれてます。
1
朝日はいいね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日はいいね〜
1
めっちゃきれいでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めっちゃきれいでした
5
荘厳で穏やかで幸せでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荘厳で穏やかで幸せでした。
2
で、薬師岳到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、薬師岳到着
2
北岳も近くなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳も近くなった。
5
薬師岳のオベリスク?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳のオベリスク?
1
観音岳までの天空の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳までの天空の稜線
2
このあたりに、八ヶ岳がド〜ンなんだけどなあ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりに、八ヶ岳がド〜ンなんだけどなあ〜
1
白い造形きれいやなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い造形きれいやなあ
1
トレースはしっかりありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレースはしっかりありました。
いい天気で最高
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気で最高
1
西側には雲海なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側には雲海なし
振り返ってみたところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってみたところ
1
もう、ウキウキが止まりません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、ウキウキが止まりません
いいところでしょ(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいところでしょ(^^)
3
早く着いてしまいたいような、のんびり歩きたいような(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早く着いてしまいたいような、のんびり歩きたいような(^^)
1
何度も振り返る感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も振り返る感じ
北岳も白くてきれいやし〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳も白くてきれいやし〜
2
木々も絵になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々も絵になる。
1
こっちもガスが湧いてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちもガスが湧いてきた。
だいぶ歩いてきたなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ歩いてきたなあ
2
北岳かっこいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳かっこいい
4
間ノ岳もあいかわらずいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳もあいかわらずいい
4
で、観音岳到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、観音岳到着
1
甲斐駒がだいぶ近くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒がだいぶ近くなってきた。
2
地蔵岳方面に降りていったところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳方面に降りていったところ
1
あそこまで行くぞ~
近そうだよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこまで行くぞ~
近そうだよね
3
鳳凰小屋への分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋への分岐点
一昨年の9月にみんなでこれみたなあ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一昨年の9月にみんなでこれみたなあ〜
3
このあたりが、トレースが迷ってたところ。
結局、ここの降りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが、トレースが迷ってたところ。
結局、ここの降りました。
1
雪山って、きれいなときはきれいだよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪山って、きれいなときはきれいだよね
3
ちょっと近づいてきたかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと近づいてきたかな
2
でも、これを乗り越えていかなきゃ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、これを乗り越えていかなきゃ。
1
地蔵岳、かっこいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳、かっこいい
5
で、振り返って観音岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、振り返って観音岳
1
地蔵岳への分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳への分岐点
1
これを降りていけば地蔵岳のたもとに着くはず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを降りていけば地蔵岳のたもとに着くはず
3
地蔵岳のオベリスクにできるだけ近づいてみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳のオベリスクにできるだけ近づいてみる。
あそこまでは、無理っす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこまでは、無理っす。
こんなところ登って行かないといけないしね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところ登って行かないといけないしね。
あそこを越えて帰らなきゃならないしね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこを越えて帰らなきゃならないしね〜
さあ、降りよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、降りよう
で、降りてから振り返ったところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、降りてから振り返ったところ
2
鳥の足跡っぽい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥の足跡っぽい
3
観音岳、まだまだ遠い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳、まだまだ遠い
1
これを乗り越えていけば、もうすぐ
右のピークが観音岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを乗り越えていけば、もうすぐ
右のピークが観音岳
1
さっきまでいた地蔵岳があんなに遠い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまでいた地蔵岳があんなに遠い
で、観音岳ふたたび
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、観音岳ふたたび
1
つぎは、薬師岳に戻ろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つぎは、薬師岳に戻ろう
で、薬師岳到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、薬師岳到着
1
テン場まで戻ってきたよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場まで戻ってきたよ〜
4
テント撤収して、苺平
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント撤収して、苺平
あ、リスだ!

と思った・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、リスだ!

と思った・・・
1
ベンチあった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチあった〜
この辺りは、こんな感じで凍ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは、こんな感じで凍ってました。
富士山ド〜ン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山ド〜ン
3
で、夜叉神峠まで戻ってきた。

あと少しだ、がんばろ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、夜叉神峠まで戻ってきた。

あと少しだ、がんばろ〜
2
白峰三山見えました(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山見えました(^^)
1
北岳かっこいいね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳かっこいいね〜
4
車が見えた〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車が見えた〜
到着です。

おつかれさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着です。

おつかれさまでした。
2

感想/記録

3月の3連休!
テント泊でどこか行こうかと前から考えていたんだけど、なにかとあって、直前に計画変更もやむなしの状況になり・・・
結局、一泊二日でテント泊ということになりました。
ソロなので、行き先は自由(^^)

1月に骨折してしまったので、テント泊に行く機会がなく、なんと、テン泊装備は、9月以来ということなので、重たい装備に耐えれるかも不安だったので、ちょっと楽にいけて、絶景のところという感じで検討し、西穂か鳳凰三山かなとセレクトしました。

西穂は、テン泊装備歩きは楽だし、この時期は行ったこと無いので、魅力的だったんですが、一週前に阿弥陀で雪にまみれて満足感もあったし、怖い思いはしばらくいいかなということや、ヤマレコでの情報のあり、回避することに。

で、鳳凰三山にいってきました〜
ま、歩き始めてから、まず思ったことは、このコース、ひさしぶりのテン泊には向いてない、しっかりガッツリコースやんってこと・・・
重たくてつらくてたのしかったです(^^)v ドMやん

また、前置きが長かったですね〜すみません

一日目
 この日は、南御室小屋までなので、ゆっくりスタート
 7時半くらいに、夜叉神峠登山口の駐車場について、トイレ行って準備して、出発は8時!駐車場までの道は、雪も凍結もありませんでした。
 天気は、高曇りで、寒くもない天気でした。

 ここは、登山口から、ずっと急登がつづく。
 この辺りでは、装備の重さも気にならず、快適に歩けてます。
 肩甲骨も全く問題なし。もう完治やね(^^)
 ただ、汗が吹き出す・・・
 ニット帽が暑い。もうニット帽はいらんし、タオルがいるなあと思いながら、あっという間に汗だくでした。
 汗をかきつつ上るのぼる。
 途中で一人追い越し、夜叉神峠の小屋のところに到着
 ここで、白峰三山がドーンと見えるはずなんだけど、なんも見えず・・・
 ま、予想通りなので、落胆もせず。
 ここで、ザックをおろしてしばし休憩。
 行動食もきっちり食べました。

 ここから、一回ザクっと下る。
 この下りは、北斜面でもあるので、ところどころ路面が凍ってる。
 あ、この辺りには雪はありませんでした。
 凍ってるのは、地味に怖い。大山で骨折したのもちょっとした凍結路だったので、あの場面がフラッシュバックする感じ。
 メッチャ慎重に歩きました。
 
 下り終わると、またガッツリのぼって、そのあとは、ちょっとゆるめののぼりがずぅーっと続く。。。
 このあたりはずっと樹林帯なので、展望はなし
 無心で歩くには、絶好の場所かもね~

 ちょっと行ったあたりで、路面が全面凍結してきた。
 雪ならなんとかなるけど、氷はどうしようもないので、アイゼンを装着。これで安心や〜
 あとは、ほんとに無心で歩く・・・
 この辺りにベンチあったよなあ~と思いだして、ベンチを探しながらあるく・・・
 地味だけど、山のこういう時間も好きかも(^^)

 結局ベンチは見つけられずに、展望の広がりが見える火事場跡まできちゃった。
 でも、この日は展望開けず。薄めの雲が山にかかってて山は見えませんでした〜
 ここから坂が急になり、苺平についた時は、ヘロヘロでした。
 ここから辻山によっていこうかなと思っていて、少し行ったんだけど、トレース無しのモナカ状の路面だったので、しんどくなってやめちゃいました。展望もなさそうだったしね〜(^^)

 あとは、下っていけば南御室小屋につく〜
 ホッとしながら、トボトボ歩いて行きました。

 小屋について、少し奥のテン場を見ると、この時点で10張りくらいあったかな。
 まだまだスペースは空いてました。空きすぎて、どこに張ろうか迷うくらい。積雪は結構あって、ヒザ下くらいまではズボッと行く感じ。
 結局、ちょっと奥目のところに張りました。

 まずは、足で雪を踏み固めて、場所を作り、足で整地してから、テントを張る。風がないので、耐風索は不要かとも思ったけど、あすはこれを置いて上にのぼっていくので、しっかり張りました。
 ピッケルで深く穴をほって、紐のさきっちょのアンカーを入れて雪をかぶせて踏み固めたら、しっかり張ることができました。

 テント張れたら、次はめし〜
 カップラーメン食べました〜

 で、あとはすること無し。ここは電波も届かないし、それは高曇りだし、人見知りだし・・・・・
 テントに入って、ゴロンをしながら、あっという間に寝てしまいました。まだ、14時なのに〜
 
 で、起きたのが17時過ぎかな。
 晩ご飯です。

 晩ご飯は、レトルトカレー
 ご飯は、アルファ米でなく、サトウのご飯的なやつ。
 これが問題でした!
 まず、鍋に入らない。ギュッと変形させてなんとか入れたけど、浸からない感じで、ふたもできない。
 お湯を沸かして、しばらく温め、大丈夫かなというところで、パックを開けてみたら、まだまだボロボロの硬めだった・・・
 開けてしまったので、湯通しはできないので、一回鍋に全部ご飯を出して、お湯を継ぎ足しながら、ふやかす作戦に(^^)
 お湯を入れ過ぎると雑炊みたいになってしまうので、それを避けながら、ちょうどいい頃合いを探しつつ、格闘しました。
 ま、これならいいかってところで、レトルトのカレーとドバっとかけて、ガシガシ混ぜてさあ完成。

 味は・・・ 表面は柔らかで、芯は硬めという予想通りの状態でしたが、カレーのパワーで問題なく美味しく頂けましたよ〜
 お腹へってりゃ何でもうまい(^^)
 でも、今度は失敗しないようにしなきゃね

 カレーを食べて、ビールを飲んだら、またねむくなって・・・
 今度は、シュラフに入ってしっかり就寝。

 すぐにはねられなかったけど、まわりのテントから聞こえてくる話をききながら、なるほどとか納得してたら、寝てしまってました。
 その後は、寒さで、何回も起きつつ、途中で雨が降ってきたので、それを聞きながら、寝たり起きたりを繰り返し、目覚まし無しできっちり3時半に起きました。

2日目
 AM3:30に起きて、ゴソゴソと準備
 朝ごはんは、鮭おにぎりをお湯の中に投入して、味噌汁の元を入れて作った、味噌雑炊!
 これは、まちがいなかった(^^) うまかった。

 で、準備してテントを出たのは、4:30
 真っ暗な中をヘッデンつけて歩き始めます。
 
 南御室小屋からもガッツリ急登
 いきなりなので、ヒーヒーいいつつ、少し抑え気味にしながらのぼって行きます。
 途中でお二人連れの方を追い越し、砂払岳まできた〜
 ここは、結構すきな展望地(^^)

 待ちに待った北岳がドーンとみえました。

 時間は日の出前のマジックアワー
 一番好きな時間帯(^^)
 
 てっぺんまで行って、見下ろすと甲府盆地は雲海の下。
 空は真っ暗から、藍色に変わってきて、東の空は次第にオレンジに(^^)
 振り返ると、白峰三山はバッチリ見えてるし、富士山も頭だけだけど見えてるし、上空は雲ひとつなしのグッドコンディション(^^)
 早起きして、ここまで来てよかった〜

 で、ご来迎!
 先ほど追い越した二人連れの方とも同じ場所で、御来光を迎え、感動を分かち合いました。
 日の出を背に受けながら、雪に埋もれてる薬師小屋の方に降りて行き、ここから三山縦走開始です。

 まずが薬師岳。
 オベリスクといえば、地蔵岳が有名だけど、薬師のオベリスクもいい感じです。
 富士山とのコラボもいい感じに撮れるしね

 稜線には、雪はないかなと思っていたけど、意外とあって楽しめました。しかも、新しい雪だったので、真っ白できれい(^^)
 薬師から観音岳までの区間は、まさに天空の散歩道ッて感じ
 
 左に白峰三山を見ながら、仙丈ヶ岳や、正面に甲斐駒を望みながら、気持よく歩けます。(今回は、いつもドーンと見える八ヶ岳は雲の中でした〜)
 なので、観音岳まではすごく楽しくて、最高でした〜 
 
 観音岳で少し休憩して、ここから先はひさしぶり。
 地蔵岳を目指します。

 まずは、おもいっきり下ります・・・・・
 鳳凰小屋への分岐を過ぎたら、またのぼり
それを過ぎたらまた下って、またのぼり。
 記憶の中では、この2つのピークはなかったので、かなりきつかったなあ〜
 2つ目の下りのところで、トレースが乱れてました。
 あっちこっち行っててどこが正解かわからん感じ。

 道の状況を、確認しつつ、最適なところを選択し降りて行きましたが、正解だったのかな?
 危なげなく降りることはできたけどね。

 で、もう一度ガッツリのぼったら、アカヌケ沢の頭の分岐に到着。
 ずっと見えてた地蔵岳にようやく近づくことができた場所でした。

 ここからオベリスクのたもとまでは、深い積雪のところをザクザク下りていく。
 で、降りきったところに標識がありました。
 オベリスクの方を見てみると、人が見えたので、俺も近づいてみることに(^^)
 ぐっと近づいたところで、ちょうど降りてこられたので状況を聞いてみる。ま、上までは上る気はないんですけどね。
 オベリスクのてっぺんは、やっぱり難しいとのことでした。

 俺は、上がれるところまであがって、座って休憩
 ひとりきりだったので、空気感を堪能して、降りました。

 標識のところまできたら、鳳凰小屋から登ってきた2人連れの方に話しかけられ、写真を撮ったり、撮っていただいたりしました。
 冬期小屋に泊まったとのこと。

 さて、ここから折り返し〜
 まずは観音岳まで登り返さなきゃね〜

 ちなみに、観音岳から地蔵岳の方に行く人はぐっと少ない感じでしたね。確かにぐっとキツイもんね〜

 観音岳ののぼりでは、結構息が切れてました〜
 ハアハアいいながら、でも展望が素晴らしく、それを励みにがんばる感じでしたよ〜

 観音岳まで来たら、あとは下り基調
 時間も読めるし、ちょっとひと安心な感じでした。

 稜線をあるきながら、素晴らしい展望にため息ばかり。
 おりたくな〜いって感じでしたね〜

 でも、降りなきゃね〜

 で、予定通り、11時前に南御室小屋に到着。
 テント撤収して、またぐっと思いザックを背負って、帰路につきます。
 
 この下りは、想像通りに長い・・・
 下りの寂しさもあって、少ししょんぼりな感じで、下りていく。

 で、途中で凍結のところに来てアイゼン装着して、行きに見つけられなかったベンチも見つけて、休憩して、ドンドン下る。
 
 夜叉神小屋について、西を見ると、白峰三山がきれいに見えてました。
 ここからの景色はいいよね〜

 あとは、駐車場まで一気に降りる感じでした。

 下るのは寂しいけど、車が見えるとやっぱりうれしい(^^)
 複雑やね〜

 で、予定通り、下山終了。

 そんなにクタクタにもならずに、降りてくることができました。
 
 今回は、半年ぶりくらいのテン泊でしたが、最高の天気に恵まれてたのしく過ごすことができました〜
 もうこれで、完全復活です(^^)

 やま最高!!!
 
 
訪問者数:696人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ