ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832212 全員に公開 ハイキング甲信越

富士見台高原

日程 2016年03月22日(火) [日帰り]
メンバー w-charider
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
富士見台高原ロープウェイ(ヘブンスそのはらスノーリゾート)
ゴンドラ往復\2.200+リフト代がかかります
(一日券・シーズン券でも可)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間59分
休憩
44分
合計
3時間43分
Sヘブンスそのはら展望台09:4010:07パノラマコース入口10:17パノラマコース山頂10:2610:40神坂峠11:20神坂小屋11:28富士見台11:4511:52神坂小屋12:1012:20萬岳荘12:35神坂峠12:48パノラマコース入口12:3513:10ヘブンスそのはら展望台13:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道に残った雪が一部凍結していたので、チェーンスパイクあるいは軽アイゼンがあると安心して歩けます(このまま雪が降らなければ、4月にはなくなる程度の量)
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 登山靴 防寒着 行動食 非常食 飲料 タオル 帽子 地形図or登山地図 シルバコンパス ナイフ 山行記録メモ 時計 携帯電話 カメラ ヘッドランプ 救急医療セット ザックカバー
備考 先述の通り、チェーンスパイクがあれば良かったなと。

写真

ゴンドラでヘブンスそのはらのゲレンデへ。
それから第4リフト、第2リフトと乗り継いでいきます。
シーズン券を持っていた上、平日だったのでスイスイと乗れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラでヘブンスそのはらのゲレンデへ。
それから第4リフト、第2リフトと乗り継いでいきます。
シーズン券を持っていた上、平日だったのでスイスイと乗れました。
第2リフトの頂上、ヘブンスの展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第2リフトの頂上、ヘブンスの展望台。
1
ここから入山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから入山します。
しばらくは林道歩き。
ところどころ落石があったり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは林道歩き。
ところどころ落石があったり。
このあたりが林道で最も景色が綺麗な場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりが林道で最も景色が綺麗な場所。
ここからパノラマコースの登山道へ。
(このまま林道をずっと行くコースもあります)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからパノラマコースの登山道へ。
(このまま林道をずっと行くコースもあります)
雪の斜面をなんとか越え、見通しの良い笹原へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の斜面をなんとか越え、見通しの良い笹原へ。
パノラマコースの山頂。
奥は恵那山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマコースの山頂。
奥は恵那山です。
4
富士見台高原と中央アルプス。
実際はもっと青・緑・白が鮮やかで、まるでヨーロッパアルプスの景色みたいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台高原と中央アルプス。
実際はもっと青・緑・白が鮮やかで、まるでヨーロッパアルプスの景色みたいでした。
2
南八ヶ岳もバッチリ遠望できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳もバッチリ遠望できました。
御坂峠。
ここから一旦、岐阜県側に回り込みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂峠。
ここから一旦、岐阜県側に回り込みます。
中津川・恵那方面。
奥に見える白い山はどうやら白山のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中津川・恵那方面。
奥に見える白い山はどうやら白山のようです。
2
巻道から主稜線(といっても広い尾根)へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道から主稜線(といっても広い尾根)へ。
4
あとは山頂まで一直線!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは山頂まで一直線!
3
神坂小屋。
とても綺麗な避難小屋でした。
星空を見ながら一泊するのもいいかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神坂小屋。
とても綺麗な避難小屋でした。
星空を見ながら一泊するのもいいかも。
右側に山頂が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に山頂が見えてきました。
1
山頂に到着!
北・中央・南アルプスと八ヶ岳・白山までは見えますが、富士山は見えません。
(一節には、富士見台は「富士見たい」からきているらしい)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着!
北・中央・南アルプスと八ヶ岳・白山までは見えますが、富士山は見えません。
(一節には、富士見台は「富士見たい」からきているらしい)
4
中央アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
5
左から御嶽山、乗鞍岳、北アルプス南部(槍穂・大天井)、南木曽岳、中央アルプス北部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から御嶽山、乗鞍岳、北アルプス南部(槍穂・大天井)、南木曽岳、中央アルプス北部。
2
御嶽山から右は奥三界岳、小秀山、白山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山から右は奥三界岳、小秀山、白山。
1
風が強かったので、神坂小屋まで戻ってきてから昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強かったので、神坂小屋まで戻ってきてから昼食。
神坂山方面。
こちらはまたの機会に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神坂山方面。
こちらはまたの機会に。
2
萬岳荘。
冬期閉鎖中です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
萬岳荘。
冬期閉鎖中です。
帰りはひたすら林道をたどり、1時間ほどで下山しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはひたすら林道をたどり、1時間ほどで下山しました。

感想/記録

天気が良かったので、シーズン券が使えるうちにと思い、ヘブンスそのはらのリフト・ゴンドラを存分に活用して、らくらく登ってきました!

○登山道の雪はほとんどなく、夏装備でも十分
○一日中晴れで、降雨・降雪の要素はなし

という情報があったので、アイゼンも雨具もない、軽めの装備。

結果としては先週頭に降った雪が僅かに残っていたので、チェーンアイゼン(あるいは軽アイゼン)はそのうち用意しなきゃなと思いましたが、トータルでは申し分ない、とてもいい山歩きになりました。

近場にこんな素敵な山があったこと、そしてそんな山を早いうちに見つけられたことで、これからの山も一層楽しみになりました。

次に来るときは古道東山道・神坂神社からのカラマツコースにしようと思います。
萬岳荘でテント泊、あるいは神坂小屋に泊まってスターウォッチングなんてのもいいですね。想像がふくらみます。

春休みがもうちょっと続くので、近場の里山をもう少し発掘してみたいと思います。
訪問者数:477人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ