ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832266 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大台ケ原・大杉谷・高見山

今週は江馬小屋谷から滝見尾根周回

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー higaeri-nara
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は、江馬小屋谷出合に数台、江馬小屋谷林道終点に数台スペースが有ります。
登山口を確認するために江馬小屋谷出合に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
39分
合計
7時間28分
Sスタート地点06:4107:00林道終点渡渉地点07:30再び林道終点渡渉地点07:35分岐08:17渡渉地点09:36P102409:4110:13滝見台10:1411:22江股ノ尾11:34野江股ノ頭11:3511:45昼食12:1512:25P122612:32ナンノキ平12:3413:45林道終点14:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは宮の谷登山口に有ります。
江馬小屋谷出合〜林道終点
問題ないです。時々落石があるようなので注意してください。
林道終点〜分岐
渡渉して登山道を進むと、青いテープが3本巻かれている木が有ります。
そこを右の道に入ると滝見尾根への登山道になります。
分岐〜渡渉地点
踏み跡もしっかり有りテープも此れでもかと言うほど巻かれているので道に迷うことは有りませんが、路肩が崩落していたりして歩き辛い所もあります。
右手下に小さな滝が見えたら渡渉地点です。私はそこを少し過ぎた所で渡渉しました。
渡渉地点〜P1024
渡渉してすぐに大きな岩にトラロープが垂れ下がっていますのでここを上がります。
岩の上を水が流れていて苔などが有り滑りやすいですが、足を置く位置を見極めて登れば何でもないです、ただ雨が降った後に水量が増えると登りづらいと思います。
岩の上のザレている所をトラバースしながら登りますが滑落注意です。慎重に進んで下さい。
その後テープに沿って進むと右の尾根に上がるように古い黄色いテープが有ります。谷に沿った道にも赤いテープが有りましたが、登山道のテープを信じて尾根を上がりました。
しかし、テープを追いかけて登って行くと杉林になり倒木がだんだん増えてきて登山道のテープも踏み跡も無くなり最後は倒木で詰まってしまい仕方がないので、倒木の少ない左側にある尾根にトラバースして直登して行くと、また登山道のテープが出てきますがすぐに道が無くなり、また直登の繰り返しです。
その後杉林を抜け自然林に出ると登山道のテープがP1024まで導いてくれます。
このルートは登りは地図を見ながらP1024を目指せばどうにかなりますが、下りに使うとうまく渡渉地点に出れば良いですが、少しでも外すと崖で詰まりますのでご注意下さい。
P1024〜野江股ノ頭
小さなピークを越えながらアップダウンを繰り返し高度を上げていきます。
台高特有の片側が切れ落ちた所や細尾根など色々と楽しめます。
滝見台の先にザレタところが有りますがトラロープが有るので慎重に行けば大丈夫ですが、足を滑らせるとアウトです。
野江股ノ頭〜林道終点
テープに沿って行けば大丈夫です。
特にP1226までの稜線は素晴らしいです。
この間、携帯が繋がります。
その他周辺情報ホテルスメール・奥香肌峡温泉または、たかすみ温泉
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

高見山トンネル手前から高見山、真っ白です。
2016年03月21日 05:57撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見山トンネル手前から高見山、真っ白です。
4
江馬小屋谷林道終点、自転車が2台デポして有ります。
何方か周回されているようです。
この先を渡渉します。
2016年03月21日 06:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江馬小屋谷林道終点、自転車が2台デポして有ります。
何方か周回されているようです。
この先を渡渉します。
2
丸太の橋が古くなっているので、上に回って進みます。
2016年03月21日 07:53撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太の橋が古くなっているので、上に回って進みます。
トラロープ場もあります
2016年03月21日 07:58撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラロープ場もあります
この滝の先に
2016年03月21日 08:04撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝の先に
2
渡渉地点です
2016年03月21日 08:07撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉地点です
1
対岸の岩の上にトラロープが見えます、さらにその上はザレていて歩きにくいです。
2016年03月21日 08:09撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸の岩の上にトラロープが見えます、さらにその上はザレていて歩きにくいです。
1
ここを渡渉しました
2016年03月21日 08:14撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡渉しました
この倒木帯を進んできました。此処まででかなりの体力を奪われました。
2016年03月21日 08:44撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この倒木帯を進んできました。此処まででかなりの体力を奪われました。
登山道のテープが出てきました。
2016年03月21日 08:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のテープが出てきました。
この先道が無くなります。
2016年03月21日 08:58撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先道が無くなります。
杉林を抜けるとテープが現れてきました。
2016年03月21日 09:12撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林を抜けるとテープが現れてきました。
P1024到着
2016年03月21日 09:33撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1024到着
1
滝見台に到着
周りの木が成長して全く滝が見えません。
2016年03月21日 10:09撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見台に到着
周りの木が成長して全く滝が見えません。
1
木の枝の間から高滝がやっと見えました。
葉っぱが出ると全く見えなくなりますね。
2016年03月21日 10:12撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の枝の間から高滝がやっと見えました。
葉っぱが出ると全く見えなくなりますね。
1
細尾根有り注意
2016年03月21日 10:16撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細尾根有り注意
ザレ場です。トラロープが有りますが、ご覧のとおり足を滑らすとアウトです。
2016年03月21日 10:32撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ場です。トラロープが有りますが、ご覧のとおり足を滑らすとアウトです。
1
滝見尾根への分岐
2016年03月21日 11:08撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝見尾根への分岐
大台ケ原方面
2016年03月21日 11:19撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ケ原方面
1
池小屋山への分岐、去年この分岐を見過ごしかなり先まで行ってしまいました。
この下崖みたいになっていて、まさかここを下るとはとても思えませんでした。
2016年03月21日 11:21撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池小屋山への分岐、去年この分岐を見過ごしかなり先まで行ってしまいました。
この下崖みたいになっていて、まさかここを下るとはとても思えませんでした。
2
野江股ノ頭到着
2016年03月21日 11:31撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野江股ノ頭到着
2
仙千代ヶ峰と熊野灘、空が真っ青で素晴らしい。
真上を飛行機がひっきりなしに行きかいます。
2016年03月21日 12:09撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙千代ヶ峰と熊野灘、空が真っ青で素晴らしい。
真上を飛行機がひっきりなしに行きかいます。
3
ナンノキ平、先日の雪が残っています。
2週間前には雪は全く無かったのに。
2016年03月21日 12:30撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナンノキ平、先日の雪が残っています。
2週間前には雪は全く無かったのに。
1
巨岩ゾーン。
中央のヒメシャラから真っ直ぐ岩に沿って下るのと、右にトラバースしながら下る2ルートが有ります。
私は単独なので真っ直ぐ岩に沿って下りましたが、グループの場合先の人が降り切ってから次の人が下るようにしないと、落石の餌食になります。
2016年03月21日 13:28撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩ゾーン。
中央のヒメシャラから真っ直ぐ岩に沿って下るのと、右にトラバースしながら下る2ルートが有ります。
私は単独なので真っ直ぐ岩に沿って下りましたが、グループの場合先の人が降り切ってから次の人が下るようにしないと、落石の餌食になります。
1
倒木ゾーン
上を巻いた方が歩きやすいです。小さい人なら木の下をくぐれるかも。
2016年03月21日 13:32撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木ゾーン
上を巻いた方が歩きやすいです。小さい人なら木の下をくぐれるかも。
帰りに撮りました。
こちらが滝見尾根に向かう登山道。
2016年03月21日 13:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに撮りました。
こちらが滝見尾根に向かう登山道。
こちらがナンノキ平に向かう登山道
2016年03月21日 13:35撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらがナンノキ平に向かう登山道
戻って来ました。
未だ自転車が有ります。
2016年03月21日 13:42撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻って来ました。
未だ自転車が有ります。
3
登山道に白テープが有ったので少し入って見ましたが、その先は解らずじまいでした。
2016年03月21日 13:57撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に白テープが有ったので少し入って見ましたが、その先は解らずじまいでした。

感想/記録

yoshi2012さんのレコに滝見尾根周回のコースが載っていましたので、最近の江馬小屋谷シリーズの一つとして行って来ました。
このコースは以前の旺文社の登山地図に上級者コースとして載っていましたが、最新版では載っておらず、廃道になっていました。
ネットで調べてみますと。滝見尾根には、江馬小屋谷出合からすぐの橋を渡った所から尾根に直登するルートと、このルートの2ルートが有るようで、橋を渡った所から入り口を探しましたが解らず、林道終点から渡渉して道を探しながら上がって行きましたが解らず、適当にに入って行きましたが沢で詰ってしまい、もう一度林道終点に戻り、ナンノキ平に向かう登山道を確認しながら登るとちゃんと分岐がありました。
後はテープに沿って進むだけです。
滝の上の渡渉地点の先から尾根に取り付いてからP1024の間がとても大変でした。取り付きの先にも赤テープが有りましたのでその先から尾根に出られるのかもしれませんが、P1024から野江股ノ頭までノエ股谷から上がって来る印を探しましたが有りませんでしたので、あの赤テープに沿って進むとどこに行けるのか謎が出来ました。
ご存じの方おられましたらコメントお願いします。
P1024からは何時もの台高の登山道を楽しめました。
滝見台では周りの木が大きくなって滝が見えにくくなっていたのは、残念でした。
この時期まだ木には葉っぱが有りませんので遠くの景色が良く見えました。
花の時期には色んな花が楽しめるそうなので計画したいと思います。
明神方面は午前中霧氷で真白くなっていました。
訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

崩落 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ