ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832345 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走支笏・洞爺

北白老岳・白老岳

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー yamasansige
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
1時間17分
合計
7時間30分
Sスタート地点06:1008:46北白老岳09:0210:12白老岳11:1313:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 筆記用具 携帯 時計 タオル カメラ

写真

当初、二の沢林道の入口に駐車の予定だったが入口に除雪の雪が積まれて入ることができなかったので急遽、滝笛トンネル脇のスペースに留めることにした。
2016年03月05日 06:18撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初、二の沢林道の入口に駐車の予定だったが入口に除雪の雪が積まれて入ることができなかったので急遽、滝笛トンネル脇のスペースに留めることにした。
日の出とともに出発。
2016年03月05日 06:18撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出とともに出発。
右手、標高598mの小山の東側裾を通り三の沢に向かう。
2016年03月05日 06:29撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手、標高598mの小山の東側裾を通り三の沢に向かう。
三の沢が見えてきた。
2016年03月05日 06:53撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の沢が見えてきた。
適当に渡れる箇所をみつける。
2016年03月05日 06:59撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当に渡れる箇所をみつける。
一路、標高784m峰を目指す。
2016年03月05日 06:59撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一路、標高784m峰を目指す。
対岸越しに標高758m峰を見ながら尾根を登ってゆく。
2016年03月05日 07:01撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸越しに標高758m峰を見ながら尾根を登ってゆく。
標高784m峰が見えてきた。
2016年03月05日 07:34撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高784m峰が見えてきた。
振り返ると後志羊蹄山、尻別岳が見えてきた。
2016年03月05日 07:44撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると後志羊蹄山、尻別岳が見えてきた。
標高784m峰に到着。白老岳が見えだす。
2016年03月05日 07:53撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高784m峰に到着。白老岳が見えだす。
南白老岳も。
2016年03月05日 07:54撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南白老岳も。
北白老岳を目指し尾根をどんどん登ってゆく。
2016年03月05日 08:06撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北白老岳を目指し尾根をどんどん登ってゆく。
白老岳と南白老岳間に徳舜瞥山、ホロホロ山が見えてきた。
2016年03月05日 08:13撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白老岳と南白老岳間に徳舜瞥山、ホロホロ山が見えてきた。
北白老岳を望む。
2016年03月05日 08:15撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北白老岳を望む。
細尾根を振り返る。
2016年03月05日 08:22撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細尾根を振り返る。
標高758m峰からくる尾根と合流。
2016年03月05日 08:30撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高758m峰からくる尾根と合流。
雪庇に注意。
2016年03月05日 08:35撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇に注意。
登り切ると北白老岳に到着。雪庇があり覗き込むことはできない。
2016年03月05日 08:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると北白老岳に到着。雪庇があり覗き込むことはできない。
山頂より支笏湖を望む。
2016年03月05日 08:36撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より支笏湖を望む。
狭薄山、漁岳、小漁岳、フレ岳を望む。
2016年03月05日 08:36撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭薄山、漁岳、小漁岳、フレ岳を望む。
風不死岳、樽前山を望む。
2016年03月05日 08:36撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風不死岳、樽前山を望む。
そして白老岳、南白老岳、背後にオロオロ山、ホロホロ山、徳舜瞥山を望む。
2016年03月05日 08:48撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして白老岳、南白老岳、背後にオロオロ山、ホロホロ山、徳舜瞥山を望む。
山頂標識はピンクテープのみで見受けられなかった。
2016年03月05日 08:49撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識はピンクテープのみで見受けられなかった。
小休止の後、一旦降り白老岳を目指す。
2016年03月05日 09:22撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止の後、一旦降り白老岳を目指す。
コルより白老岳を望む。
2016年03月05日 09:33撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルより白老岳を望む。
南側は風の通り道なのか雪庇が発達している。
2016年03月05日 09:35撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は風の通り道なのか雪庇が発達している。
来たルートを振り返る
2016年03月05日 09:36撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来たルートを振り返る
時折ジグを切りながら登って行く。
2016年03月05日 09:44撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折ジグを切りながら登って行く。
ここを登ればもうすぐ山頂。クラストのためここは慎重に行く。
2016年03月05日 10:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登ればもうすぐ山頂。クラストのためここは慎重に行く。
山頂と後志羊蹄山を望む。
2016年03月05日 10:09撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂と後志羊蹄山を望む。
白老岳山頂。
2016年03月05日 10:12撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白老岳山頂。
印象的な姿の南白老岳と背後にオロオロ山(1260m峰)、ホロホロ山、徳舜瞥山を望む。山下に道道86号白老大滝線が見える。
2016年03月05日 11:03撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
印象的な姿の南白老岳と背後にオロオロ山(1260m峰)、ホロホロ山、徳舜瞥山を望む。山下に道道86号白老大滝線が見える。
北白老岳を背後に支笏湖を望む。
2016年03月05日 10:13撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北白老岳を背後に支笏湖を望む。
左より札幌岳、狭薄山、漁岳、小漁岳、フレ岳、丹鳴山、そして恵庭岳を望む。
2016年03月05日 10:13撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左より札幌岳、狭薄山、漁岳、小漁岳、フレ岳、丹鳴山、そして恵庭岳を望む。
有珠山遠望。
2016年03月05日 10:56撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有珠山遠望。
徳舜瞥山を遠望。山頂に登山者を発見。
2016年03月05日 10:56撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳舜瞥山を遠望。山頂に登山者を発見。
恵庭岳をズームアップ。札幌オリンピック滑降コースの跡(おそらく針葉樹の人口林)が確認できる。
2016年03月05日 10:59撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵庭岳をズームアップ。札幌オリンピック滑降コースの跡(おそらく針葉樹の人口林)が確認できる。
左より貫気別山、橇負山、尻別岳、後志羊蹄山を望む。
2016年03月05日 11:06撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左より貫気別山、橇負山、尻別岳、後志羊蹄山を望む。
昼食、休憩後下山開始する。下山コースは二の沢左岸の尾根を降り中笛橋にたどるルート。まずは870ポコを目指し降る。
2016年03月05日 11:23撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食、休憩後下山開始する。下山コースは二の沢左岸の尾根を降り中笛橋にたどるルート。まずは870ポコを目指し降る。
南白老岳を偵察。余裕があれば立ち寄ろうとしたが急峻なため、
単独なので事故は起こせないと思い、今回は見送る。
2016年03月05日 11:31撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南白老岳を偵察。余裕があれば立ち寄ろうとしたが急峻なため、
単独なので事故は起こせないと思い、今回は見送る。
870mポコ手前のコルより白老岳を望む。
2016年03月05日 11:47撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
870mポコ手前のコルより白老岳を望む。
尾根を降る。
2016年03月05日 12:01撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を降る。
南白老岳を撮影。もし登るとしたら道道86号白老大滝線からだろう。
2016年03月05日 12:02撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南白老岳を撮影。もし登るとしたら道道86号白老大滝線からだろう。
下りは尾根が分岐しているためGPSと地形図で確認しながら降りて行く。
2016年03月05日 12:08撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは尾根が分岐しているためGPSと地形図で確認しながら降りて行く。
尾根上は疎林で開けている。
2016年03月05日 12:18撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上は疎林で開けている。
標高点617mを通過。
2016年03月05日 12:50撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高点617mを通過。
本来、尾根を直進し国道に出る様だが二の沢側にうっすらトレース跡がありそちらの方へ行ってみる。
2016年03月05日 13:01撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来、尾根を直進し国道に出る様だが二の沢側にうっすらトレース跡がありそちらの方へ行ってみる。
川岸をおり二の沢へ出る。
2016年03月05日 13:06撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川岸をおり二の沢へ出る。
中笛橋に到着。この後車の留めてある笛滝トンネルまで国道を約1km、走行車に注意しながら戻る。
2016年03月05日 13:10撮影 by Canon EOS 7D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中笛橋に到着。この後車の留めてある笛滝トンネルまで国道を約1km、走行車に注意しながら戻る。
撮影機材:

感想/記録

以前から登りたかった北白老岳(暁鯱軍戞法白老岳を登ることができました。印象的な南白老岳(憩酣鯱掘砲呂泙燭竜_颪箸靴峠病蠅箸靴泙靴拭E卦い坊辰泙貘山の写真を撮ることができましたが珍しくこの日は誰とも会うことがありませんでした。
景色も素晴らしく、なるほど人気ある山だなあと思いました。
訪問者数:134人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 雪庇 GPS 左岸 コル
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ