ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832397 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走北陸

三方崩山2059m 奥美濃の静かな雪山を訪れる

日程 2016年03月20日(日) 〜 2016年03月21日(月)
メンバー kobechuobucchkei23776(CL), yuki24dkedosin(食事), shinoco(食事), daigakuchan(記録), cerrokazu1043kawamitu, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三宮代々木ゼミ前18:00高槻駅19:00→大津SAで合流→東海北陸道荘川IC→R156(飛騨白川道の駅)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間39分
休憩
0分
合計
5時間39分
S道の駅飛騨白山07:4913:28宿泊地
2日目
山行
8時間5分
休憩
1時間7分
合計
9時間12分
宿泊地06:0708:36三方崩山09:1414:48道の駅飛騨白山15:1715:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

バンザーイ!
2016年03月21日 08:38撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バンザーイ!
4
先ほどまで居た頂。
2016年03月21日 09:25撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどまで居た頂。
3
幕営地に帰還。
2016年03月21日 11:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕営地に帰還。
1
道の駅駐車場に到着。
2016年03月21日 14:49撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の駅駐車場に到着。
こちらで良いお風呂を頂きました。
2016年03月21日 16:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらで良いお風呂を頂きました。
1

感想/記録

【3/19(土)】三宮18:00・高槻19:00と分かれての出発。大津SAで合流し、23:00頃飛騨白川道の駅駐車場に到着しました。
【3/20(日)】6:00起床。各々朝食を済ませ、たくさんの装備を確実に装着し7:40いざ出発です。
しばらくは石がごろごろとした幅広の緩やかな登りを歩くと、道の両脇にはふきのとうがあちらこちらで咲いています。冬山に来たはずがこんなところで春に出会えるなんて……、いいのか悪いのか。まぁあまり考えず……、突然岩ごつごつの急登が目の前に……、そして所々雪が現れ、次第に雪の世界へと変わっていきました。
先頭を歩くSL。二番手を歩く若手ホープ。ズボズボと太ももまで雪に埋もれては進み、埋もれては進み、埋もれては進み。ひたすらそんな登りの連続でした。
12:00頃、幕営地に到着。テント設営のために整地し、飲料水にするための雪を確保したり、トイレを設営したりと、手慣れたベテラン方に教わりながらの作業となりました。
作業後はエスパースの特大テントに全員集結し、明日の打ち合わせ開始です。そして雪を溶かしてはプラティパスへ。約2時間その作業を繰り返し、人数分の飲料水を作り終えました。夕食のカレーを頂き明日に備えて早々に就寝。
【3/21(月)】深夜のすごい風の音に何度も起こされ、不安を抱きつつ4:00起床。昨夜の風がすべてを吹き飛ばしてくれたのか快晴!!
ピストンのため、テントはそのままに、必要なものだけをリュックに詰め、6:00過ぎに出発。昨日はアイゼン装着なしでしたが今日は出発からアイゼン装着です。
始めからずっとかなりの急登、振り返ると素晴らしい景色。景色に後押しされ、ひたすら登る。途中ロープを出しての下りが1か所ありましたが、スムーズに皆クリア。やっと急登が終わりなだらかな道を進むと、8:30突然の頂上。「これ頂上?」「ここ頂上?」「うん頂上!! ばんざい!!!」という感じの登頂。素晴らしい眺望に各々あちらこちらでカメラを向け、感動を分かち合いました。
ずっと居ていたい!と思えるくらいほんとに素晴らしい景色でした。後ろ髪をひかれながら頂上を後に。下りでは途中、2回ほどロープを出すほどの急な下りがありましたが、慎重かつ迅速になんの問題もなし。
11:10幕営地のテントに到着。テント撤収・荷物を整理し12:30下山開始、15:00無事に飛騨白川道の駅駐車場に到着。個人的には、先週の六甲全山縦走でひざを痛めてしまい急な下りで痛みが増し、つらい下山となってしまい、遅れ遅れとなりました。(OO)
<特記事項>危険個所多数あり。ヒヤリハットなし。
訪問者数:472人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ