ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832559 全員に公開 山滑走東北

会津駒ヶ岳BC【滑走は南側の尾根へ迷い込み・・・】

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー peak315
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■「道の駅・番屋」トイレ24h開放 清潔
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
1時間23分
合計
8時間30分
S駐車場08:3008:40滝沢登山口08:4509:25夏道階段09:3510:251400mヘリポート10:3513:151900m付近13:2014:03駒ノ小屋14:4615:20南側尾根からトラバース15:501400mヘリポート15:5516:50滝沢登山口16:5517:00駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■21日 曇り時々雪
前夜、横浜にある実家を20時に出発、未明0時半過ぎに旧・舘岩村(現・南会津町)にある「道の駅・番屋」に到着して車中仮眠。
朝、目覚めると小雪が舞っている。
天気予報は、「午前中は小雪で午後は回復にむかう」であったため、少し遅めの出発とした。
滝沢登山口の駐車場へ移動して登山届を提出後、出発8時45分に出発。夏の登山口手前の林道カーブの広場からは、いつものようにヘリポートへ突き上げる斜面を行くか、夏の登山道を行くか判断に迷った。結果、氷点下で凍った尾根への斜面をシール登行することに不安を覚え、夏の登山道を選択した。途中標高1200m付近から雪を踏むようになる。ヘリポートの広場で再びシール登行を開始。広い尾根はブッシュが目立ち例年の4月中旬頃の積雪量と思われる。1700mから薄っすらと新雪が積もっているが期待していたほどの積雪量ではない。
1500m〜1700mの間は郡山から来た単独の方と前後して登ることになった。休憩時には共に親を介護する身であることがわかり、山スキーのこと以上に話が弾んだ。
1900m付近では一時的に雪雲が切れて青空も垣間見ることが出来たが、その後は再び雪が降り始めた。
駒ノ小屋に着く頃には完全なホワイトアウトとなり、気温も−7℃、風も強くなってきたため小屋の裏手で天候の回復を待つことにした。しかし40分近く経過しても一向に天候の回復する気配なく、また下山の時間も気になり始めたため、山頂はパスして駒ノ小屋から滑走することにした。
ホワイトアウトと風を伴う降雪のため、先ほど自らが登ってきたトレースも所々消えかかっているのでコースを見失わないようガリガリの雪面を慎重に滑る。ようやく1900m付近からガスが切れて滑走を楽しむ余裕が生まれ新雪がしっかり乗っている斜面を拾いながら高度を下げた。
ところが、赤布、標識を見失ったと気づくと同時に、尾根の幅広さと行く手にこんもりしたピーク(1748m)があることに気づき、またしても南側の尾根※[追記]に入り込んでしまった。少し登り返すと滝沢尾根が北側に望まれ、斜めに大トラバースをして正規のルートに最小限のアルバイトで無事戻る事が出来た。その後1600m〜1450mは尾根北側のブナ林の斜面を快適に滑り降り、ヘリポート広場を経由してギリギリ1300m付近まで横スベリを交えて強引に滑った。あとは板を担いでツボ足で下降し、再び林道で板に履き替え上ノ沢左岸沿いに登山口までスキーを滑らせた。

【追記:前回2013.3.30のミス】
今回はすぐに気付いたので大きなロスもなく済んだが、前回2013年3月の時には、この南側の尾根に入ってから間違いに気付くのに遅れてしまい登り返すリスクの方が大きいと判断して下降を決断した。尾根上の滑りは特に問題はなかったが、上ノ沢に降りてからは微妙なスノーブリッジの通過が何ヵ所かあったが、その年は雪が多かったことにも助けられ身の危険を感じることはなく滝沢登山口へ戻ることが出来た。ガイドブックにも「南に派生する尾根がいくつかあるので間違いないこと」と記してあるが、つい滑る爽快感が勝ってシュプールのない斜面に入って滑り過ぎると竹箆返しを食うことになるので要注意。
コース状況/
危険箇所等
■少雪のためブッシュ多し
■1900m以上はホワイトアウト時は目標物がなく要注意
その他周辺情報■登山届 滝沢登山口の計画書提出箱設置
■温泉  桧枝岐温泉 駒の湯 
     【4/1〜4/27・11/12〜3/31】 14:00〜20:00
     【4/28〜11/11】        6:00〜20:00 
     ※土曜日、休前日の休日、7/21〜8/18は21:00
     ※定休日 毎週水曜午前中(清掃のため) 
     営業時間:10:00〜21:00 (入場20:30まで)

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 マフラー ネックウォーマー 毛帽子 着替え ブーツ ザック ビーコン 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール 高度計

写真

3月21日 am9:00=天気図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3月21日 am9:00=天気図
1
駐車場の周辺も3月とは思えないほど雪が少ない
2016年03月21日 08:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の周辺も3月とは思えないほど雪が少ない
1
滝沢登山口
2016年03月21日 08:32撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝沢登山口
林道も所々路面が見えています
2016年03月21日 08:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道も所々路面が見えています
1
夏道の階段
2016年03月21日 09:36撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道の階段
1300m付近
2016年03月21日 10:13撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300m付近
1400m付近=ヘリポートと呼ばれています
2016年03月21日 10:29撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1400m付近=ヘリポートと呼ばれています
2
天候回復を予感する青空
2016年03月21日 10:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候回復を予感する青空
1800m付近 再び雪が降りはじめました
2016年03月21日 12:40撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1800m付近 再び雪が降りはじめました
1900m付近、薄っすらと新雪です
2016年03月21日 13:14撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1900m付近、薄っすらと新雪です
3
1900m付近機∈討單係回復を予感する青空
2016年03月21日 13:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1900m付近機∈討單係回復を予感する青空
3
1900m付近
2016年03月21日 13:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1900m付近
1
1900m付近掘〔孤
2016年03月21日 13:18撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1900m付近掘〔孤
2
1900m付近検…望
2016年03月21日 13:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1900m付近検…望
3
駒ノ小屋
2016年03月21日 14:03撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ノ小屋
1
駒ノ小屋の裏手で風を避けて停滞
2016年03月21日 14:07撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ノ小屋の裏手で風を避けて停滞
1
40分経ってもホワイトアウト
2016年03月21日 14:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
40分経ってもホワイトアウト
山頂あきらめ駒ノ小屋から滑走へ
2016年03月21日 14:46撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂あきらめ駒ノ小屋から滑走へ
ホワイトアウトから脱出 1900m付近
2016年03月21日 14:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホワイトアウトから脱出 1900m付近
2
南側の尾根から正規のルートへ戻る途中
2016年03月21日 15:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の尾根から正規のルートへ戻る途中
1
1400m付近=ヘリポートへ戻りました
2016年03月21日 15:51撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1400m付近=ヘリポートへ戻りました
夏道の階段
2016年03月21日 16:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道の階段
夏道の階段下で再びスキーを履きます
2016年03月21日 16:31撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道の階段下で再びスキーを履きます
1
滝沢登山口へ無事到着
2016年03月21日 16:52撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝沢登山口へ無事到着
桧枝岐温泉「駒の湯」へ立ち寄りました
2016年03月21日 18:00撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧枝岐温泉「駒の湯」へ立ち寄りました
2013年3月30日の積雪量はこんな感じでした
滝沢登山口付近の林道
2013年03月30日 08:02撮影 by FE5030,X965,X960 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2013年3月30日の積雪量はこんな感じでした
滝沢登山口付近の林道
1
訪問者数:348人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ