ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832653 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走道南

長万部岳から大平山

日程 2016年03月20日(日) 〜 2016年03月22日(火)
メンバー kanno2007, その他メンバー1人
天候良好。冬型の気圧配置で、晴れたり降ったり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
S車デポ12:3016:30長万部岳18:00後志利別川右岸Co580=C1
2日目
山行
8時間0分
休憩
0分
合計
8時間0分
C108:0013:10大平山16:00北尾根上Co620=C2
3日目
山行
1時間20分
休憩
0分
合計
1時間20分
C209:0010:20宮内温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

長万部岳ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長万部岳ピーク
4
後志利別川の渡渉場所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後志利別川の渡渉場所
1
大平山ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山ピーク
2

感想/記録

3/20
島牧側の泊川左岸道路の最終除雪付近に車をデポして、長万部岳に遅い出発となる。長万部側の最終除雪の道路上には先客が長蛇の車列をなしている。一見してスノーモービルの集まりとわかる。尾根に取りつく手前で休憩していると、下りてきた山スキーヤーが上にはモービルがかなりの数いると言う。長万部岳の冬山コースは余計なアップダウンがなく素直に鞍部に至る。その登りやすさがスノーモービルの進入を許してしまうのだろうか。結局、鞍部はもとより後志利別川側の斜面にまでスノーモービルの跡があった。鞍部からピークにかけてカリカリ斜面のため、鞍部にザックをデポしてEPでアタックする。コルからスキーで下り、後志利別川はスノーブリッジで渡渉する。スキー、ストック、ザックを対岸に投げ、対岸に飛び移る。着地の衝撃に腰が疼いた。人にそうさせる際どさが、あのスノーブリッジにはあった。長万部岳が見える後志利別川右岸の平らな場所でテント張ってC1。吉本氏のザックからワインのボトルが出てくる。

3/21
後志利別川左岸の尾根のアップダウンを嫌い、右岸の尾根を辿る。後志利別川源流域の眺めは、山にいることを実感させてくれる。尾根上は白くてカリカリ。大平山ピークに向かってスキーを走らせる、ではなく引き摺る。大平山山頂は白くて広くて何もない。北尾根のスキーが本山行のお楽しみのはずがカリカリのため辞退し、引き続きシーズリ。ネタばれすると、私、北尾根下降は100%シーズリでした。無念。樹林帯の平らな場所でテント張ってC2。吉本氏のザックからパー食が大量に出てくる。

3/22
宮内温泉に下る。春メイン貫徹。天候に恵まれました。
訪問者数:423人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ