ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832724 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

西穂〜ジャン〜奥穂 冬季単独縦走

日程 2016年03月19日(土) 〜 2016年03月21日(月)
メンバー liew2fow
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

出発前予定通り雨。
昼頃にはやむと判断し出発した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発前予定通り雨。
昼頃にはやむと判断し出発した。
3
山荘までの雪は雨で締まっており、前回よりも苦労しないのではないかと期待し進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘までの雪は雨で締まっており、前回よりも苦労しないのではないかと期待し進む。
1
山荘前。
相変わらず小雨は変わらない。
少し風もあるようで、山頂を目指す人は少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘前。
相変わらず小雨は変わらない。
少し風もあるようで、山頂を目指す人は少ない。
2
丸山辺りで一名 視界不良で撤退。
トレースは明瞭なので構わず進む。
独標で一名 引き返す。
少し休憩。1パーティが先行するがトレースはなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山辺りで一名 視界不良で撤退。
トレースは明瞭なので構わず進む。
独標で一名 引き返す。
少し休憩。1パーティが先行するがトレースはなかった。
2
ピラミッドピークで最後のパーティも危険と判断したらしく撤退。
前を目指す俺としてはこのくらいで戻れないが、もう既にびしょ濡れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミッドピークで最後のパーティも危険と判断したらしく撤退。
前を目指す俺としてはこのくらいで戻れないが、もう既にびしょ濡れ。
5
ルーファイしながら14:30に西穂山頂に到着。
視界はないが、雨が止んだ。
ここまで楽してこようと思ったのに無駄に体力を使う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルーファイしながら14:30に西穂山頂に到着。
視界はないが、雨が止んだ。
ここまで楽してこようと思ったのに無駄に体力を使う。
7
予定より遅く16:00過ぎには晴れ間が見れるようになった。
稜線通りに歩けば迷わない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より遅く16:00過ぎには晴れ間が見れるようになった。
稜線通りに歩けば迷わない。
42
こんなナイフリッジ、いやというほど超えてきた。
雨でアイゼンに10センチほどの団子ができる。
このナイフリッジの上で。
一歩ずつピッケルで叩き落としながら進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなナイフリッジ、いやというほど超えてきた。
雨でアイゼンに10センチほどの団子ができる。
このナイフリッジの上で。
一歩ずつピッケルで叩き落としながら進む。
35
17:30今回の行動終了。
前回と同じ間の岳手前のこるに雪洞をほり一泊。
濡れたものを乾かすが、ガスが切れそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:30今回の行動終了。
前回と同じ間の岳手前のこるに雪洞をほり一泊。
濡れたものを乾かすが、ガスが切れそう。
20
早めに起きたが寒くて寝れなく、グダグダしているうちに日が登ってきた。
5:30に出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早めに起きたが寒くて寝れなく、グダグダしているうちに日が登ってきた。
5:30に出発。
24
逆層スラブから見た間の岳。
ココを下る時なだれないか心配したが早い時間だったので大丈夫だった。昼からだったらあの斜度を通れば確実になだれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆層スラブから見た間の岳。
ココを下る時なだれないか心配したが早い時間だったので大丈夫だった。昼からだったらあの斜度を通れば確実になだれる。
40
天狗の頭から見た槍。
今日も快晴。
予定通り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の頭から見た槍。
今日も快晴。
予定通り。
16
天狗のコルからみたところ。
前回は雪が少なく稜線沿いに行けず、下をトラバースしたが今回は稜線沿いに行ってまっすぐ降りれた。
鎖も出ていたが気づかず、懸垂地点から懸垂した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のコルからみたところ。
前回は雪が少なく稜線沿いに行けず、下をトラバースしたが今回は稜線沿いに行ってまっすぐ降りれた。
鎖も出ていたが気づかず、懸垂地点から懸垂した。
22
コブ尾根の頭から。
やっとここまできたが、見えるジャンが遠い。
西穂が雲海に浮かび幻想的だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブ尾根の頭から。
やっとここまできたが、見えるジャンが遠い。
西穂が雲海に浮かび幻想的だった。
49
ジャン手前。
ここから奥穂までの冬ルートは未経験。
本当に俺に行けるのか、不安になるが自分を鼓舞し先へ進んだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャン手前。
ここから奥穂までの冬ルートは未経験。
本当に俺に行けるのか、不安になるが自分を鼓舞し先へ進んだ。
20
トラバースせず、まっすぐ上がった所に黒いものが。
掘り起こすとジャンの天使が迎えてくれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースせず、まっすぐ上がった所に黒いものが。
掘り起こすとジャンの天使が迎えてくれた。
86
ロバの耳。
あれをトラバースするなんて…
緩んだ雪とこの状態。なだれそう。。
でも行くしかない。
一か八かで突っ込んでみたら意外と締まってて大丈夫だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロバの耳。
あれをトラバースするなんて…
緩んだ雪とこの状態。なだれそう。。
でも行くしかない。
一か八かで突っ込んでみたら意外と締まってて大丈夫だった。
24
最後の難関馬の背
ナイフリッジ自体は問題ないが、少し露出した岩の辺り2m。
凍った場所を空中に体を投げ出しピッケルをぶっさし、乗越した。最大の緊張する場所だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の難関馬の背
ナイフリッジ自体は問題ないが、少し露出した岩の辺り2m。
凍った場所を空中に体を投げ出しピッケルをぶっさし、乗越した。最大の緊張する場所だった。
35
雲海に浮かぶジャンダルム。
最高だが俺はきつい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶジャンダルム。
最高だが俺はきつい。
65
奥穂山頂。
凍っていて、何かわからない。
この辺はほぼ氷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂山頂。
凍っていて、何かわからない。
この辺はほぼ氷。
36
奥穂山頂から見るジャンダルム。
夕日が沈むまでみていたいが、きついので降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂山頂から見るジャンダルム。
夕日が沈むまでみていたいが、きついので降りる。
66
夕日がきれいで何度も振り返る。
でも山頂からの景色がよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日がきれいで何度も振り返る。
でも山頂からの景色がよかった。
52
笠が岳方面に静む夕日。
今日もありがとう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠が岳方面に静む夕日。
今日もありがとう。
42
奥穂山荘。
避難小屋入口は埋まっている。
1パーティは入口の所に雪洞を掘ったので、別の所で雪洞を掘り寝る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂山荘。
避難小屋入口は埋まっている。
1パーティは入口の所に雪洞を掘ったので、別の所で雪洞を掘り寝る。
10
疲れすぎたのか完全に寝坊。
6:00に起床し、さっさと準備して6:30には出る。
ブロッケン現象もみれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れすぎたのか完全に寝坊。
6:00に起床し、さっさと準備して6:30には出る。
ブロッケン現象もみれた。
16
涸沢岳。山頂に行くのもダルくて、下をトラバース。
西尾根方面から続々と人が上がってくる。
俺は早く降りたい。水もない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳。山頂に行くのもダルくて、下をトラバース。
西尾根方面から続々と人が上がってくる。
俺は早く降りたい。水もない。
5
降りたところで振り返る。
ここからまだまだあるようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りたところで振り返る。
ここからまだまだあるようだ。
16
あの尾根を下れば樹林帯に入る。
もう少し頑張ろうとただ降りる事だけを考えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの尾根を下れば樹林帯に入る。
もう少し頑張ろうとただ降りる事だけを考えた。
11
雲海に突入。
余裕があれば自撮りやらするけど、そんな事考えれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に突入。
余裕があれば自撮りやらするけど、そんな事考えれない。
12
あの下のテントから右の尾根沿いだ。
先が見える。
早くセイフティゾーンに行きたくて、それしか考えていない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの下のテントから右の尾根沿いだ。
先が見える。
早くセイフティゾーンに行きたくて、それしか考えていない。
12
樹林帯も下の方は雪は少ない。
凍った雪を口に入れながら前へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯も下の方は雪は少ない。
凍った雪を口に入れながら前へ。
7
やっと、一般登山道と合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、一般登山道と合流。
9
白出沢。 水が出ていると思ったが全くないので先へ進み、途中の沢で水を汲んだ。
最高にうまい。
生きててよかった。
生きて帰れた。
そんな思いでタバコに火をつけた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢。 水が出ていると思ったが全くないので先へ進み、途中の沢で水を汲んだ。
最高にうまい。
生きててよかった。
生きて帰れた。
そんな思いでタバコに火をつけた。
23
穂高平小屋を通過。
西尾根へ続くトレースが何本も。
ココからショートカットしたが、雪がグズグズなので普通に林道を歩いたほうがよかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高平小屋を通過。
西尾根へ続くトレースが何本も。
ココからショートカットしたが、雪がグズグズなので普通に林道を歩いたほうがよかった。
3
林道ゲートが見えた。
もうあと少しで人が居る。
帰れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲートが見えた。
もうあと少しで人が居る。
帰れる。
8
ロープウェイの中国人たちが俺に安心感をくれた。
無駄に県警の人や隣にいた登山者と言葉を交わす。
今回も生きて帰れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの中国人たちが俺に安心感をくれた。
無駄に県警の人や隣にいた登山者と言葉を交わす。
今回も生きて帰れた。
34

感想/記録

2月バックアタッカーズの2名でアタックした時は天候悪化の予報により、コブ尾根の頭近辺で引き返したので、そのリベンジ山行でこの3連休に挑むことにした。
相方の都合で、ソロでのアタックとなったが現時点での実力はこの程度かと認識できる山行だった。
1日目小雨に打たれ濡れた状態での雪洞泊は反省。
テントにてしっかり靴を乾かす必要があった。
午前中早い時間帯に天狗のコルまで抜けないと雪が緩み、トラバースやクライムダウンで怖い思いをする事になるだろう。
天狗のコルから懸垂1P
ジャンから捨て縄を設置し1P
ロバの耳はトラバースした後懸垂下降点から30mロープで1P。途中左側にあるハーケン2本をつないでもう1P。そこからトラバース気味に下へクライムダウンした。
全体的に私見ではあるが、4級ミックスを確実にリードできフリーでも登れる技量があれば、ソロでも問題なくいけるのではないかと思った。ラインどりにもよるが。

訪問者数:5349人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/14
投稿数: 13
2016/3/23 14:26
 2月11日の再トライ
やると思ってたが、一人で再挑戦したんだね。
ほんとにご苦労様でした。
でもほどほどに......。
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/3/23 14:38
 お久しぶりです。
ええ。九州に転勤になったのでこれだけはやり遂げたくて、再トライしました。
でも、もう一人ではやりません((+_+))
登録日: 2014/2/14
投稿数: 13
2016/3/23 15:10
 穂高にまたこいョ〜
九州じゃ穂高が大分遠くなってしまうなァ、そりゃ一人でもやるわな。
遠く離れたが、それでもたまには穂高に来いョ。
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/3/23 17:06
 ありがとうございます。
ええ。また穂高でいつか会いましょう。
登録日: 2013/5/15
投稿数: 2504
2016/3/23 17:59
 凄い!
liew2fowさん、お久しぶりですpaper  この時期の難路を単独で行かれたんですね
ありきたりの言葉なのですが、本当に凄いと思います。

liew2fowさんの刺激的な記録を拝見する度に興奮させて頂いていますが、今の僕にはここまで突っ込める気概はありません
素晴らしい記録で本当に楽しませて頂きました!!!  
今後も生きて帰って来られる程度に楽しんで、記録を見せてくださいね!!!
登録日: 2013/9/10
投稿数: 57
2016/3/24 8:27
 いやいや。
kaikairei さんみたいに体力がないので、ハイブリットに磨きをかけております。
4月から鹿児島に転勤になったので今までみたいに山には登れませんが、年に数回は北にも登りに行こうと思っています。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 83
2016/3/24 15:22
 流石です。
ドライバーの使い方今度教えてください(笑)
登録日: 2009/10/29
投稿数: 13
2016/3/29 21:04
 緊張感が伝ってきます。。
liew2fowさんこんにちは。

この時期にこの難ルートに単独とは凄いですね。
写真から緊張感が伝わってきます。
中々簡単では無かったと思いますが技術・体力の裏付けなしには行けないですね。
流石です。
また記録楽しみにしてます。

こちらは年度末で仕事が忙しく3月は山行けませんでしたので来月早々
山に行こう思います。

ではまた宜しくです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ