ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832892 全員に公開 ハイキング四国

野根山街道―(宿屋杉登山口⇔野根山)【高知】

日程 2016年03月23日(水) [日帰り]
メンバー aogame, その他メンバー1人
天候晴れ、春の陽気
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間26分
休憩
1時間20分
合計
5時間46分
Sスタート地点 宿屋杉登山口09:1309:18宿屋杉09:2509:30羽根林道登り口09:50電波塔10:0610:23熊笹峠10:2410:32装束山10:39装束峠10:4010:46お産杉10:4911:18岩佐関所跡11:2011:40野根山11:4312:03岩佐関所跡12:4513:15お産杉13:1913:25装束峠13:30装束山13:50羽根林道登り口13:5113:53ゴール地点14:59国道55号までの岐路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
宿屋杉登山口から国道55号までのGPSログを追記
コース状況/
危険箇所等
前回、蛇谷林道からのアクセスができなかったので、事前に、アクセスの林道の状況を安芸森林管理署に電話確認。奈半利から国道493号→野川林道経由は3箇所ほど崩落で通行できないとの事。2kmほど室戸岬側の須川林道経由なら大丈夫との情報をいただく。室戸岬側からだとドライブインなぎさが見えてきたら、右手に町道を入る。5〜6分で、ダートの林道に突入!ハードなダートとあと45〜50分格闘する事になった。4DWでないので、深めのわだちや起伏のせいで、車の底を擦りまくった。ダートでの平均時速は、約20km。これでもがんばって飛ばしたほうかな。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) 携帯 ストック カメラ

写真

ようやく、宿屋杉登山口に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、宿屋杉登山口に。
1
やはり、デカイッ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり、デカイッ!
2
中に入って見た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中に入って見た。
2
宿屋杉の上の部分だろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿屋杉の上の部分だろう
幹と一緒にパノラマ撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幹と一緒にパノラマ撮影。
2
幹から別の苗が育っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幹から別の苗が育っていた。
1
羽林道に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽林道に出る。
1
工事通行止めの案内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工事通行止めの案内。
この説明板から、電波塔への分岐がある。
とりあえず行くことに。電波塔まで600mらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この説明板から、電波塔への分岐がある。
とりあえず行くことに。電波塔まで600mらしい。
ヘビ〜〜!??
 途中の大き目の水溜りに蛙の卵があった。マジでヘビかと思った。蛙の卵を見るのは、子供のとき以来かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビ〜〜!??
 途中の大き目の水溜りに蛙の卵があった。マジでヘビかと思った。蛙の卵を見るのは、子供のとき以来かな。
電波塔にある案内板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔にある案内板。
1
結構大きな電波塔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構大きな電波塔。
1
電波塔のフェンス沿いに裏のほうに回ると、展望が開ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔のフェンス沿いに裏のほうに回ると、展望が開ける。
安芸市の市街地や、四国山地が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安芸市の市街地や、四国山地が見える。
1
熊笹峠―展望が開ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊笹峠―展望が開ける。
1
土御門上皇の歌碑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土御門上皇の歌碑。
装束山―三角点&展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装束山―三角点&展望台。
1
展望台からのパノラマ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からのパノラマ。
1
装束峠の説明板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装束峠の説明板。
1
お産杉。ここからしばらく下りがきつくなる。
復路の事を思うと、憂鬱になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お産杉。ここからしばらく下りがきつくなる。
復路の事を思うと、憂鬱になる。
岩佐の関所まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩佐の関所まであと少し。
関所が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関所が見えてきた。
二十三士の説明板。
清岡 道之助は、岩佐番所に屯集し追っ手の土佐藩藩兵との戦火を交えたああと、阿波に逃げのびたが阿波藩預かりの身となり、土佐藩に引き渡せれるまでの間、牟岐町で過ごした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十三士の説明板。
清岡 道之助は、岩佐番所に屯集し追っ手の土佐藩藩兵との戦火を交えたああと、阿波に逃げのびたが阿波藩預かりの身となり、土佐藩に引き渡せれるまでの間、牟岐町で過ごした。
1
いくつもの倒木をくぐったり、跨いだりして、野根山三角点到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつもの倒木をくぐったり、跨いだりして、野根山三角点到着。
1
野根山からの展望。山しか見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野根山からの展望。山しか見えない。
1
野根山からの展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野根山からの展望。
野根山へは奥の石垣のほうに真直ぐに向かう。
 ピンクリボンが道しるべとして沢山付いていた。右手に斜面を登る分岐は、右の2本の杉に赤テープが巻かれているので、その間から斜面に取り付く。少し上にピンクテープの目印が。
しばらく登ると、今度は左手に分岐を進む。ここから、倒木が多くなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野根山へは奥の石垣のほうに真直ぐに向かう。
 ピンクリボンが道しるべとして沢山付いていた。右手に斜面を登る分岐は、右の2本の杉に赤テープが巻かれているので、その間から斜面に取り付く。少し上にピンクテープの目印が。
しばらく登ると、今度は左手に分岐を進む。ここから、倒木が多くなる。
1
野根山から引き返してきて、ここで昼食休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野根山から引き返してきて、ここで昼食休憩。
1
誰かが、通行手形を忘れてた。 ( ´,_ゝ`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かが、通行手形を忘れてた。 ( ´,_ゝ`)
『水飲』の矢印を30mほど下ると、少し水が流れていた。
佐喜浜小学校の校歌に、「岩佐の清水」のフレーズがあるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『水飲』の矢印を30mほど下ると、少し水が流れていた。
佐喜浜小学校の校歌に、「岩佐の清水」のフレーズがあるらしい。
1
岩佐の清水−飲まなかったが、触ると温泉のようなすこしヌルッとした感じがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩佐の清水−飲まなかったが、触ると温泉のようなすこしヌルッとした感じがあった。
関所の説明板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関所の説明板。
1
熊笹峠付近の路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊笹峠付近の路。
羽根林道登り口まで帰ってきた。ここからは、林道を下った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽根林道登り口まで帰ってきた。ここからは、林道を下った。
1
宿屋杉登山口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿屋杉登山口。
1
旧藩林登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧藩林登り口。
1
野根山街道が林道を横切っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野根山街道が林道を横切っていた。
1

感想/記録
by aogame

宿屋杉登山口までの須川林道からのダートは荒れ気味で、ハードだった。いい車でないので、心置きなく底を擦りながら進んだが、運転はやっぱり緊張した。
 宿屋杉登山口から宿屋杉にはすぐに着いた。やっと、会う事が出来たので、一杯写真に収めた。これが倒れずに残っていたら、どれだけすごかったろうと残念に思えた。
ぽかぽか陽気の中、岩佐の関所を目指す。羽根林道を跨いで、まもなく電波塔の分岐に。600mほどらしいので行って見る事に。途中、大きな蛙の卵を見つけ、テンションUP! 電波塔に着いたが特に展望もなく、すぐ引き返そうとしたが、フェンス際を裏に回ると展望が開けた。少し霞んでいたが、肉眼では写真よりもはっきりとしていた。
 熊笹にしては背が高い。両脇を背丈以上の熊笹が生い茂っている。程なく熊笹峠で、展望が開けた。土御門上皇の歌碑と装束山の矢印が現れる。装束山まで60m。展望台からパノラマ撮影をして、すぐに出発。お産杉からは、急に長めの下りになる。これを引き返しで登るのかと、憂鬱になった。30分ほどで、岩佐の関所へ。岩佐の関所近くの路から外れた所にも小さめの宿屋杉もどきのような、幹に空洞が出来ている枯れた杉が何本かあった。お昼には少し早いので、野根山頂上を目指した。頂上からは、付近の山が見えるだけの展望だった。
 岩佐の関所下の川島家屋敷跡にある休憩テーブルで昼食休憩。日が当たり明るい開けた場所だった。腹ごしらえの後、奥の『水飲』の矢印から、「岩佐の清水」を探しに行って見た。40mほど下った所で水量は少なかったが、多分これだろうと言うものを見つけた。
 ゆっくり休んで、体力も回復した所で引き返し、スタート地点へ。約1時間ほどで帰ってこれた。
 これから、慎重にダートを下らなければならない・・・・
訪問者数:157人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ