ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 833027 全員に公開 山滑走札幌近郊

空沼岳(金山沢)

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー shake1987
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
4分
合計
5時間20分
Sスタート地点06:5210:50空沼岳10:5412:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSが古い機種で受信性能が良くないため、樹林帯ではよくログが切れます。ご了解を。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 VERDICT180cm DIAMIR_FREERIDE
共同装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯電話 時計 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ シール 無線機 ミラー メタ コッヘル

写真

林道起点。車は数台置けそうだった。私の前には1台だけ置いてあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道起点。車は数台置けそうだった。私の前には1台だけ置いてあった。
金山林道起点。2,3人とおぼしきスノーシューのトレースが先行していた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金山林道起点。2,3人とおぼしきスノーシューのトレースが先行していた。
Co.550あたりで渡渉する。スノーブリッジは多数あり渡るのに苦労はしない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co.550あたりで渡渉する。スノーブリッジは多数あり渡るのに苦労はしない。
渡渉後も林道をたどる。分かりやすいのだが、何故か先行するスノーシューのトレースは時々林道を外れて蛇行していたので、途中で無視することにした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉後も林道をたどる。分かりやすいのだが、何故か先行するスノーシューのトレースは時々林道を外れて蛇行していたので、途中で無視することにした。
Co.730あたりで林道を外れて緩い尾根をたどることになる。ここでも先行するトレースはルートを外れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co.730あたりで林道を外れて緩い尾根をたどることになる。ここでも先行するトレースはルートを外れていた。
しばらく行くと、Co.880あたりで上に稜線が見えてきた。もう少し先で急坂を登るのだが、うっかり違うルートを登ったので登り返した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく行くと、Co.880あたりで上に稜線が見えてきた。もう少し先で急坂を登るのだが、うっかり違うルートを登ったので登り返した。
急坂を上りきってしばらく行くと、樹林帯が切れて空沼に到着した。空沼岳の頂上が前方に臨むので、それを目指して歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を上りきってしばらく行くと、樹林帯が切れて空沼に到着した。空沼岳の頂上が前方に臨むので、それを目指して歩く。
適当なところで空沼を離れて、斜め上方にトラバースしながら稜線を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当なところで空沼を離れて、斜め上方にトラバースしながら稜線を目指す。
稜線に上がったところで振り返ったところ。下に空沼が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に上がったところで振り返ったところ。下に空沼が見える。
空沼頂上の看板。下りは肩を少し下りて風が当たらないところでシールを外して滑った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空沼頂上の看板。下りは肩を少し下りて風が当たらないところでシールを外して滑った。
1
Co.1020〜Co.950の沢型が、下りで唯一スキー滑降らしい事がが出来る斜面なのだが、今一な滑りを。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co.1020〜Co.950の沢型が、下りで唯一スキー滑降らしい事がが出来る斜面なのだが、今一な滑りを。

感想/記録

スキー滑降というより運動のため、前から気になっていた金山林道を歩くことにした。渡渉点までは先行するトレースを利用したが、その後、先行トレースがあちこちと蛇行し始めたので、自分でルートを探しながら登ることにしたが、ルートファイディングはそんなに難しくなかった。が、油断でろくに地図やGPSを見ずに急坂(Co.950〜Co.1020)に取り付いたため、変な尾根を登ってしまい、登り返すはめに。頂上までスキー(シール)で楽に登れた。帰りは上部は斜面のトラバース、下部は林道下りとなり、スキー滑降を楽しむというルートではなかったが、新雪の軽い滑走感を味わうことが出来た。
訪問者数:281人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ