ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 833190 全員に公開 ハイキング東海

岐阜・東海自然歩道(大湫→岩村)

日程 2016年03月23日(水) [日帰り]
メンバー fuduki42
天候
アクセス
利用交通機関
電車タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間29分
休憩
4分
合計
6時間33分
Sスタート地点09:3709:43大湫宿13:26野井13:40夕立山登山口13:4113:58小ヶ沢池14:0114:22お茶屋場14:45岐阜県畜産研究所16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:24JR釜戸駅 (タクシー)09:35大湫 12:01中山道と分岐 14:44夕立山東屋 15:58岩村駅
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

中山道大湫宿西入口。JR釜戸駅前にタクシーが待機していた。大湫まで登りばかりの4Kの歩きを覚悟していた。大助かり ¥1400
2016年03月23日 09:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山道大湫宿西入口。JR釜戸駅前にタクシーが待機していた。大湫まで登りばかりの4Kの歩きを覚悟していた。大助かり ¥1400
1
大湫の立場
2016年03月23日 09:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大湫の立場
3
旧街道の雰囲気
2016年03月23日 09:37撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧街道の雰囲気
1
同じ 路は突き当り直角に曲がる。
直ぐに十三峠の一つが始まる。十三峠は武並まで何回も坂を登り降りするのでその名が付いたらしい。
2016年03月23日 09:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ 路は突き当り直角に曲がる。
直ぐに十三峠の一つが始まる。十三峠は武並まで何回も坂を登り降りするのでその名が付いたらしい。
1
時代劇のロケに!!
2016年03月23日 09:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時代劇のロケに!!
2
現代に敷き詰められたもの。時折あらわれる。
2016年03月23日 10:09撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現代に敷き詰められたもの。時折あらわれる。
2
権現山一里塚。
この付近で中山道歩きの単独の三人とすれ違う。
お互いにエールを交換。
2016年03月23日 11:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山一里塚。
この付近で中山道歩きの単独の三人とすれ違う。
お互いにエールを交換。
1
自然歩道はこの建設会社の所で中山道と分かれ下り坂になる。
2016年03月23日 12:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然歩道はこの建設会社の所で中山道と分かれ下り坂になる。
直ぐに中央道を潜り、R19に出る。
2016年03月23日 12:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに中央道を潜り、R19に出る。
ここで車の隙を狙って渡るも、右の歩道橋に大きく「東海自然歩道」の字を見落とし、左に国道沿いに下り、ミスコース引き返す。
2016年03月23日 12:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで車の隙を狙って渡るも、右の歩道橋に大きく「東海自然歩道」の字を見落とし、左に国道沿いに下り、ミスコース引き返す。
野井への気持ちの良い道。
2016年03月23日 12:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野井への気持ちの良い道。
野井へ下りだすと二股に分かれる車道近くの標識の→方向が曖昧だった。ゴルフ場の間を下って行くも、標識が見当たらなくなる。ミスコースか?
帰りの列車の時刻も気になりだし、少し大回りになるがそのまま下る。
自然歩道と送電線が上下に重なる様に走っているのを地図で確認していたので助かる。
野井から夕立山への杉並木。通称大名街道と言われる。岩村の城主が参勤交代でここを通ったらしい。
2016年03月23日 13:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野井へ下りだすと二股に分かれる車道近くの標識の→方向が曖昧だった。ゴルフ場の間を下って行くも、標識が見当たらなくなる。ミスコースか?
帰りの列車の時刻も気になりだし、少し大回りになるがそのまま下る。
自然歩道と送電線が上下に重なる様に走っているのを地図で確認していたので助かる。
野井から夕立山への杉並木。通称大名街道と言われる。岩村の城主が参勤交代でここを通ったらしい。
夕立山への登り杉林の中は急だったが、牧場付近は緩くなるも距離がありへとへと・・・
2016年03月23日 14:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕立山への登り杉林の中は急だったが、牧場付近は緩くなるも距離がありへとへと・・・
標識に岩村駅への距離が表示されだす。下りオンリーだ。途中で地図を落としてしまうも疲れで戻る気力も無し、ミスコースの心配も無いから急ぐ。
ここ付近はアルプスの展望道になるらしいが×。
2016年03月23日 14:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識に岩村駅への距離が表示されだす。下りオンリーだ。途中で地図を落としてしまうも疲れで戻る気力も無し、ミスコースの心配も無いから急ぐ。
ここ付近はアルプスの展望道になるらしいが×。
岩村城址
2016年03月23日 15:48撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩村城址
1
明智鉄道岩村駅に到着。10年前の記録だが大阪千里から日帰りだけで高尾山まで歩かれた方の記録を非常に参考にしている。
今日も釜戸駅から歩かれた。こちらはタクシー利用。
体力は別にして約40分のアドバンテージを持っていたのに、岩村駅では40分も遅れていた。別に競っているのではないが、ずーと参考にしていたがおそらく20年齢が大きいのか?
野井の下りのミスコースでの大回り、夕立山の登りの登りの差か・・・
2016年03月23日 15:59撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明智鉄道岩村駅に到着。10年前の記録だが大阪千里から日帰りだけで高尾山まで歩かれた方の記録を非常に参考にしている。
今日も釜戸駅から歩かれた。こちらはタクシー利用。
体力は別にして約40分のアドバンテージを持っていたのに、岩村駅では40分も遅れていた。別に競っているのではないが、ずーと参考にしていたがおそらく20年齢が大きいのか?
野井の下りのミスコースでの大回り、夕立山の登りの登りの差か・・・
1
50分近く待ってやっと乗車。一時間に一本。
京都地下鉄始発の05:35で帰ったのは午後10時を過ぎていた。
2016年03月23日 16:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50分近く待ってやっと乗車。一時間に一本。
京都地下鉄始発の05:35で帰ったのは午後10時を過ぎていた。
2
撮影機材:

感想/記録

最後の5回目の青春18で歩いて来た。行きは4時間で行けたが帰りは乗換に時間が掛かり5時間。恵那コースは順調に行ってもあと2回はかかる。しばらく休み。頭に浮かぶ山行計画が溜まっている。
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

一本 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ