ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 833568 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 休暇村から朝日岳まで

日程 2016年03月24日(木) [日帰り]
メンバー happachobi
天候曇り時々晴れ 気温-1℃〜-9℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
40分
合計
6時間40分
S休暇村 乗鞍高原 駐車場06:3007:40かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)07:5012:20朝日岳12:5013:10休暇村 乗鞍高原 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

休暇村からシール登高スタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休暇村からシール登高スタート。
うっすらガスっていますが、山頂方面は晴れてきている!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらガスっていますが、山頂方面は晴れてきている!
左に行ってしまったが、右のユートピアコースに行った方が良かったよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に行ってしまったが、右のユートピアコースに行った方が良かったよう。
急斜面を登り切ると少々下ってしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登り切ると少々下ってしまう。
いい感じになってきたー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じになってきたー!
完全に晴れた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に晴れた!
2
かもしかリフト。うっすらと乗った新雪がよくグリップしてくれるので直登可能。最後だけコブ側にジグを切った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かもしかリフト。うっすらと乗った新雪がよくグリップしてくれるので直登可能。最後だけコブ側にジグを切った。
急斜面登り切って、自分のトレースを振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面登り切って、自分のトレースを振り返る。
ゲレンデトップに到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップに到着。
あそこからツアーコースのようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこからツアーコースのようだ。
ツアーコースは出だしだけ急斜面だが、あとは難しい箇所なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコースは出だしだけ急斜面だが、あとは難しい箇所なし。
晴れてます。が、徐々に風が出てきて防寒対策。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてます。が、徐々に風が出てきて防寒対策。
2
位ヶ原山荘との分岐。看板通り、この先の急斜面を登り切ると環境激変。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原山荘との分岐。看板通り、この先の急斜面を登り切ると環境激変。
急斜面を登り切ると、斜度はほとんどなくなるが、終始向かい風とガスのダブルパンチで歩みが一気に遅くなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登り切ると、斜度はほとんどなくなるが、終始向かい風とガスのダブルパンチで歩みが一気に遅くなる。
1
ホワイトアウトすることも多くなる。ホワイトアウト時はピントが合わず写真がとれない。木が見えるとなんとか撮れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホワイトアウトすることも多くなる。ホワイトアウト時はピントが合わず写真がとれない。木が見えるとなんとか撮れる。
1
時折、山肌が見えるようになってきた。気温ー9℃。サングラスでは限界、ゴーグルへ変える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折、山肌が見えるようになってきた。気温ー9℃。サングラスでは限界、ゴーグルへ変える。
おっ!青空が!とりあえず肩ノ小屋までと思っていたが、晴れるなら…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!青空が!とりあえず肩ノ小屋までと思っていたが、晴れるなら…
4
右のピークが朝日岳だろうか。あそこをゴールにしよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のピークが朝日岳だろうか。あそこをゴールにしよう。
1
柔らかいシュカブラ帯を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柔らかいシュカブラ帯を行く。
この先で完全にカリカリになる。スキーでも行けなくはなさそうだが、無理をせずアイゼンに履き替える。足はオモオモ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先で完全にカリカリになる。スキーでも行けなくはなさそうだが、無理をせずアイゼンに履き替える。足はオモオモ…。
1
ようやく山頂!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂!
2
山頂に着くとガスるジンクス発動。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着くとガスるジンクス発動。
準備をしながらしばらく待つ。山頂手前では完全に晴れる時間もあったが、この先は難しそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
準備をしながらしばらく待つ。山頂手前では完全に晴れる時間もあったが、この先は難しそう。
一瞬の晴間をついて剣ヶ峰との鞍部から滑走。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬の晴間をついて剣ヶ峰との鞍部から滑走。
単独のスキーヤーが肩ノ小屋へ向けて登ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
単独のスキーヤーが肩ノ小屋へ向けて登ってきた。
山頂方向を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向を振り返る。
ツアーコース終了。山頂とは打って変わって、のどか!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツアーコース終了。山頂とは打って変わって、のどか!
まさに春スキー!!あとはゲレンデ滑って終了。山頂から駐車場までわずか20分…登りはあんなに大変だったのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに春スキー!!あとはゲレンデ滑って終了。山頂から駐車場までわずか20分…登りはあんなに大変だったのに。
1

感想/記録

 弱い冬型のこの日、乗鞍なら晴れ間も望めそう。前々から機会をうかがっていたこともあり、初の乗鞍岳に挑戦。
 予報だと朝のうちは青空広がり…とあったので、リフト始動を待たずに駐車場から登ってみた。

 ベースでは数センチの新雪があり、ゲレンデ内はすでに整備が終わっている。きれいな圧雪斜面と新雪でシールがよくグリップする。急斜面もほぼ直登できる。営業前の斜面でジグを切ったら申し訳ないので、ゲレンデのはじっこを直登していく。
 ガスは徐々に取れていき、山頂がはっきりと見えるように。ゲレンデトップまで自分にしては、まずまずの時間で到着。ツアーコースから先も先行者はないようで、ノートレース。標高が上がるにつれて、新雪が増えて、ラッセルというほどではないが、新雪歩きを楽しむ。
 ベースの気温は-1℃でゲレンデは暑いくらいだったが、ツアーコース途中から風が出てきて、寒くなる。気づけば気温は-7℃くらい。
 
 位ヶ原の急斜面を登ると一気に風が強くなる。向かい風と疲労でペースが落ちる。ガスも出てきて、山頂方向は見渡せない。どこまで行くかは、見てから決めようと思っていたので困った。とりあえずは肩ノ小屋を目標にする。
 時々、ホワイトアウト、平衡感覚がおかしくなる。撤退の文字がよぎる。ここまで、誰とも会っていない。迷いと不安で後続来ないかなとたびたび振り返るが誰もこない。いるのは自分ひとり。ツアーコースに二つトレースが見えた気がしたが、ほかに向かったのだろうか。
 2500mあたりからはペースが全くあがらない。気温-9℃で完全防備。1月、2月でもハイク中にここまで寒かったことはなかった。乗鞍岳さすがです。
 2700m越えたところから、晴れ間がでるようになった。肩ノ小屋を目指していたが、せっかくなので、どこかピークを踏もう。朝日岳に目標を変える。視界が開けたときに振り返ると、ゴマ粒ほどの人影が見える。一組は摩利支天か富士見岳へ向かっているようだ。
 
 稜線にでたら爆風かと思ったが、風は弱まってきた。シュカブラ帯をスキーで登り詰める。山頂手前は全面クラスト、スキーでも行けなくはなさそうだが、安全策でアイゼンに履き替える。
 3000mはやっぱりつらい。足は激重。朝日岳登頂。いざ登頂すると、再び、ガスがでて視界不良。初めての場所で視界不良はつらい。わずかなタイミングを見計らって、剣ヶ峰のコルからドロップ。しばらくはガリガリと新雪のミックス。中間からは吹きだまっていてクリーミーな新雪。
 ツアーコースからは雪が重くなってきたが、まだ滑りやすかった。ゲレンデは完全に春の雪。何時間もかけて登ったが、滑ればわずか20分。樹林帯等がないので、滑走はとても楽。
 今シーズン、もう一回来たいとおもうが、次は素直にリフト使おう。
訪問者数:343人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ