ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 833693 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

布引から黒岩尾根を経て摩耶山掬星台。帰りは地蔵谷。ちょっと道草。

日程 2016年03月25日(金) [日帰り]
メンバー shinji50
天候曇り。神戸市正午の気温9.8℃、北西の風6.4m/s、湿度40%
アクセス
利用交通機関
電車
行き:JR三ノ宮
帰り:JR三ノ宮
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9:01 JR三ノ宮 - 10:14 市ヶ原 7℃ - 10:31 黒岩尾根下 - 11:12 神戸市境界石 - 11:33 620mピーク標識(ち50-1) - 枝道 - 11:47 一般道合流 - 12:14 摩耶山掬星台 - 12:21 ターザンロープ傍の東屋 12:44 - 天狗道 - 13:01 地蔵谷分岐 - 13:35 地蔵谷第四堰堤上 - 13:48 第三堰堤 - 13:56 岩テラス - 14:17 トエンテイクロス - 14:30 市ヶ原 - 15:20 JR三ノ宮
その他周辺情報写真番号についての自家用メモ:1-3:黒岩尾根,4-8:黒岩尾根枝道,9-9:緑と風の丘,10-10:摩耶山掬星台,11-14:地蔵谷
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

黒岩尾根の市境界石。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩尾根の市境界石。
丹生山系の山並み。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹生山系の山並み。
1
620mピーク付近から丹生山系。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
620mピーク付近から丹生山系。
1
ち50-1から枝道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ち50-1から枝道に入る。
すぐにベンチと分岐。この分岐はトエンテイクロスに降りる尾根道の一つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにベンチと分岐。この分岐はトエンテイクロスに降りる尾根道の一つ。
ベンチから、なかなかいい眺めや。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチから、なかなかいい眺めや。
1
クリスマスツリーピーク。ここから八洲嶺堰堤付近に降りるルートがあるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クリスマスツリーピーク。ここから八洲嶺堰堤付近に降りるルートがあるらしい。
次の分岐。これは八州嶺第2堰堤のあたりに下りるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の分岐。これは八州嶺第2堰堤のあたりに下りるらしい。
黒岩尾根ルートに合流し緑と風の丘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩尾根ルートに合流し緑と風の丘。
1
掬星台から南港火発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掬星台から南港火発。
1
帰り。地蔵谷アドベンチャールート分岐の次の堰堤の手前の分岐。前から気になっていたので右に行ってみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り。地蔵谷アドベンチャールート分岐の次の堰堤の手前の分岐。前から気になっていたので右に行ってみる。
一つ目の堰堤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目の堰堤。
三つ目かな。これ右岸から越えたらその奥にも堰堤あったので引き返す。残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つ目かな。これ右岸から越えたらその奥にも堰堤あったので引き返す。残念。
地蔵谷の滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵谷の滝。
1

感想/記録

冬が逃げる前に黒岩尾根を登ることにしました。620mピーク付近の枝道入ったことなかったので行ってみることにしました。この枝道Tokiwaさんのサイトに上がっていた情報のとおりで変に感心しました。掬星台からの下山は地蔵谷を降りて、途中寄り道しました。アドベンチャールートの下部からベンチがあるコルを目指したのですが、敗北しました。敗北の理由は2番目の堰堤上部にあった分岐を見落とし、左俣へ進んだこと。右俣に気づかなかった。
2016/05/21追記:アドベンチャールートベンチまで40mに近づいていたが気づかなかった。逆に言うと道ロストするととんでもないことになるということが分かった。
訪問者数:73人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

右俣 左俣 右岸 枝道 コル 堰堤 地蔵 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ