ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 833913 全員に公開 ハイキング四国剣山

霧氷の華咲く、剣山国定公園 剣山〜次郎笈

日程 2016年03月25日(金) [日帰り]
メンバー MKTYG(CL), その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
徳島道美馬ICから国道438号を利用して登山口のある見の越まで約1時間半。
国道438号線は明け方に走行したので対向車にあいませんでしたが、昼間帯等交通量の増える時間帯はすれ違い困難な場所が多いので注意が必要です。

当日朝5:30に見の越に到着。到着時の気温は−7°C。この日はドライで路面が濡れて凍結している箇所は皆無でしたが、場合によっては凍結している可能性もあるので速度を落とした運転を心がけ、チェーン等の用意もいておいた方が安心できます。
道路上に雪はありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間11分
休憩
2時間10分
合計
8時間21分
S見ノ越登山口06:3107:28リフト西島駅07:4107:45刀掛ノ松08:0308:21剣山頂上ヒュッテ08:3608:40剣山08:5510:12次郎笈10:2512:33剣山12:4712:53剣山頂上ヒュッテ12:5713:13刀掛ノ松13:2613:29リフト西島駅13:4814:45見ノ越登山口14:5114:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
次郎笈から剣山に戻る途中で小1時間ランチ休憩しています。通常なら1時間くらいの距離でしょうか。
写真を撮りながらのんびり歩いているので全体的に時間かかってます。
コース状況/
危険箇所等
所々に残雪あり。リフト西島駅直下(分岐の手前数十メートル)の凍結箇所で軽アイゼンを使用。
西島駅から剣山頂、次郎笈までのトレイルでも積雪、凍結箇所あります。ただ断続的なのでいちいち軽アイゼンの脱着が面倒くさいので、こちらでは使用しませんでした。
その他危険個所はありませんが、剣山山頂の木道は濡れていると滑りやすいので注意。
稜線を歩いているときは強風に注意が必要です。
その他周辺情報2016年3/25現在。
見の越登山口は商店や民宿は冬季休業中です。
駐車場はフリーで停めさせてもらえるようです。

トイレも冬期閉鎖中。ただし簡易トイレが2基(あまりきれいではない)が設置されてました。トイレットペーパーなし。
西島駅のトイレは多分使用可(閉鎖はされてなかった)。
山頂のトイレは閉鎖中でした。
国道438号は走れますが国道439号は冬季通行止めです。

見の越〜美馬間に入浴施設は2つ。
一宇にある岩戸温泉と貞光にある剣山木綿麻温泉(ゆうまおんせん)。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ チェア ゲイター 軽アイゼン
共同装備 コンロ 水(調理用)
備考 グローブは暑いとき用、寒いとき用と数パターンを用意。
折り畳みの小さいチェア。地面が濡れていたので重宝した。

写真

残雪あり。しかも凍結済み。
2016年03月25日 07:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪あり。しかも凍結済み。
軽アイゼン装着
2016年03月25日 07:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽アイゼン装着
霧氷がキレイ
2016年03月25日 07:34撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷がキレイ
2
山頂は凍りついていました
2016年03月25日 08:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は凍りついていました
3
少し雲が切れて展望が開けてきた
2016年03月25日 08:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し雲が切れて展望が開けてきた
1
次郎笈への縦走路。まだまだ雲の中。
2016年03月25日 08:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎笈への縦走路。まだまだ雲の中。
次郎笈峠から剣山方面。
青空が広がってきた。
あともう少し。
2016年03月25日 09:41撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎笈峠から剣山方面。
青空が広がってきた。
あともう少し。
2
山頂が見えだしてきた。
2016年03月25日 09:49撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えだしてきた。
1
次郎笈を仰ぎ見る。
2016年03月25日 09:52撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎笈を仰ぎ見る。
3
霧氷と剣山。
2016年03月25日 09:55撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷と剣山。
3
次郎笈から。
2016年03月25日 10:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎笈から。
1
花が咲いたかのよう。
2016年03月25日 10:55撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花が咲いたかのよう。
1
鞍部から見た次郎笈。
ここでランチ。
2016年03月25日 11:02撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から見た次郎笈。
ここでランチ。
鞍部から見た剣山
2016年03月25日 11:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から見た剣山
2
剣山からの次郎笈。
2016年03月25日 12:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山からの次郎笈。
2
西島駅からみた次郎笈
2016年03月25日 13:26撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西島駅からみた次郎笈
3

感想/記録
by MKTYG

数日前に「剣山は春山になってるよ」との報せを聞いてさっそく休みに訪れてみました。心配事は車で無事に見ノ越までたどり着けるのか。スタッドレスタイヤをもってなくてチェーンのみ。しかも2駆動の車なので道路凍結となると、たどり着けないんじゃなかろうかとずっと心配していました。
道端に雪はあるものの凍結箇所はなくすんなりと見ノ越に到着。AM5:30着。気温は−7°C。

朝食を摂り準備をしてAM6:30に出発。
天気予報では晴れの予報。でもしっかり曇ってる。天気図を見る限り、荒れる可能性はなさそうなので防寒をしっかりして登っていきます。

リフトの(冬期休業中)西島駅まではあまり風に吹かれることなく、寧ろ汗をかくくらい。西島駅まであと少しといううところで残雪(凍結してた)のため軽アイゼンを履きます(因みに下山時にも同じ箇所でアイゼン装着)。残雪セクションを抜けたところでアイゼンを外しすぐに西島駅に到着。
西島駅に着くまでに霧氷が見れるようになってました。

西島駅からは、山頂まで最短のルートを選んで進みました。
残雪はあるもののアイゼン無しで通過。
風に強く吹かれるようになり体感温度はかなり下がったと思います。

剣山の山頂は凍てついていて眺望はなく人もいず、強風に煽られジッとしてられなかったので足早に次郎笈めざして縦走路を下って行きました。
この縦走路くらいから少しずつ雲が切れ青空が見え始めます。

次郎笈への登り、残雪に手間取って(アイゼンなし)ゆっくり登っていくと剣山山頂も見えるほど晴れてきました。
風は相変わらず強く吹かれましたが次郎笈から下るくらいからだんだん弱くなってきて鞍部で腰をおろして約1時間、お昼ごはんを摂ることができました。

食後、西島駅へトラバースルートを行くか剣山へ登りかえすか思案しましたが、晴れてあったかくなってきたのと、朝の剣山があまりに悲壮だったため再チャレンジということで登りかえすことに決定。
剣山山頂からは素晴らしい景色を拝むことができました。

下山は来たルートをたどって見ノ越へ。
見ノ越到着間際にご老人とすれちがったのがこの山行中に見た唯一の人でした。
訪問者数:294人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ