ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 834777 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳(文句なしの快晴で大満足!)

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー Casei
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:上毛高原より、谷川岳ロープウェー行きバス(8:00発、1150円)
復路:JR土合駅より、上越線(水上行き15:34発)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
当然ですが完全に積雪路、締まっている箇所が大部分ですが傾斜部などは柔らかく崩れやすい雪の部分もあり。
危険箇所:尾根道の左右への転落危険あり、雪庇踏み抜き注意。一箇所のみ岩場(ロープ付き)の下降あり
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェー土合口。ここから明神平へ空の旅
2016年03月26日 08:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェー土合口。ここから明神平へ空の旅
明神平。広がる青空と白銀の世界に期待が膨らみます。
2016年03月26日 09:32撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神平。広がる青空と白銀の世界に期待が膨らみます。
1
既にたくさんの人が登り始めているのがわかります。そしてけっこうな急登です。
2016年03月26日 09:34撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既にたくさんの人が登り始めているのがわかります。そしてけっこうな急登です。
1
すぐにロープウェーの建物を見下ろすような高さに。
2016年03月26日 09:50撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにロープウェーの建物を見下ろすような高さに。
目指す山頂ははるか遠くに。
2016年03月26日 09:51撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す山頂ははるか遠くに。
なるほど双耳峰…
2016年03月26日 09:51撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるほど双耳峰…
1
東方に目を向ければまた別の白い峰。あれは至仏山でしょうか。
2016年03月26日 09:52撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東方に目を向ければまた別の白い峰。あれは至仏山でしょうか。
1
西方には荒々しい岩壁が。黒と白のコントラストが印象的ですね。
2016年03月26日 09:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方には荒々しい岩壁が。黒と白のコントラストが印象的ですね。
2
視界がいい日だったので、途中の小ピークに立つとこれからのコースが俯瞰できました。あの長い行列はグループ登山かな?
2016年03月26日 09:56撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界がいい日だったので、途中の小ピークに立つとこれからのコースが俯瞰できました。あの長い行列はグループ登山かな?
振り仰ぐように見る空は、群青色でした。
2016年03月26日 09:58撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り仰ぐように見る空は、群青色でした。
振り返ると広がる山々。奥でどっしりと構える大きな山塊は上州武尊かと。
2016年03月26日 10:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると広がる山々。奥でどっしりと構える大きな山塊は上州武尊かと。
1
渋滞発生中・・・待ち時間20〜30分でした。動かないと冷えるので上着を着用。
2016年03月26日 10:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋滞発生中・・・待ち時間20〜30分でした。動かないと冷えるので上着を着用。
1
何が原因かな〜?
2016年03月26日 10:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何が原因かな〜?
渋滞原因は岩場の下降でした!これはその岩場を下りてから振り返って撮ったところ。アイゼンなら難しくない印象ですが、スノーシューだと辛いと思います。
2016年03月26日 10:31撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渋滞原因は岩場の下降でした!これはその岩場を下りてから振り返って撮ったところ。アイゼンなら難しくない印象ですが、スノーシューだと辛いと思います。
1
さて歩行を再開して、テクテク参りましょう。天気が崩れる心配が全然ないので時間ロスもあんまり気にならない。
2016年03月26日 10:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて歩行を再開して、テクテク参りましょう。天気が崩れる心配が全然ないので時間ロスもあんまり気にならない。
1
明神平から75分で熊穴沢避難小屋。
2016年03月26日 10:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神平から75分で熊穴沢避難小屋。
まだまだ続く急登。森林限界を越えてどんどん見晴らしがよくなりますよ。
2016年03月26日 10:44撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続く急登。森林限界を越えてどんどん見晴らしがよくなりますよ。
1
上州武尊方面も先ほどよりシャキッと見えるように。
2016年03月26日 10:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上州武尊方面も先ほどよりシャキッと見えるように。
3
美しい雪面と本当に濃い青空・・・最高です
2016年03月26日 10:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい雪面と本当に濃い青空・・・最高です
2
南西には浅間山も見えるように。
2016年03月26日 11:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西には浅間山も見えるように。
1
海老の尻尾。
2016年03月26日 11:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海老の尻尾。
苗場方面もカッコイイ峰が連なっています。
2016年03月26日 11:25撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場方面もカッコイイ峰が連なっています。
2
そうこうしている内に肩の小屋が見えてきました。
2016年03月26日 11:38撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうこうしている内に肩の小屋が見えてきました。
谷川岳のシンボル的存在と思ってる指導標。
2016年03月26日 11:40撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳のシンボル的存在と思ってる指導標。
まずはトマの耳に登頂!
2016年03月26日 11:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはトマの耳に登頂!
6
オキの耳の方を見るとこんな感じ。
2016年03月26日 11:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳の方を見るとこんな感じ。
2
山頂からの眺め…これはまさに絶景ですね!
2016年03月26日 11:48撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め…これはまさに絶景ですね!
6
さあ天気もいいのでオキにも行きます。
2016年03月26日 11:50撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ天気もいいのでオキにも行きます。
雪庇がダイナミックすぎる。
2016年03月26日 11:50撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪庇がダイナミックすぎる。
3
どう吹き付けたらこんな雪のつき方になるのか不思議です。
2016年03月26日 11:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どう吹き付けたらこんな雪のつき方になるのか不思議です。
トマの方を振り返って。こちらもずいぶんと崖っぽくなってるんですね。
2016年03月26日 11:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの方を振り返って。こちらもずいぶんと崖っぽくなってるんですね。
1
オキの方はハグしてみました。
2016年03月26日 12:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの方はハグしてみました。
4
この雪庇。踏み抜いたら真っ逆さまなんだろうなーと想像したり。
2016年03月26日 12:09撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雪庇。踏み抜いたら真っ逆さまなんだろうなーと想像したり。
さて、せっかくだから下山時にはピッケル使いましょう。急坂で滑ったらストックでは止まりませんし。
2016年03月26日 12:21撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、せっかくだから下山時にはピッケル使いましょう。急坂で滑ったらストックでは止まりませんし。
1
さて景色を堪能しながら下山開始。
2016年03月26日 12:22撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて景色を堪能しながら下山開始。
1
登ってくる人と降りようとする人が交錯するので、すれ違い注意ですね。
2016年03月26日 12:22撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってくる人と降りようとする人が交錯するので、すれ違い注意ですね。
2
両耳の鞍部からチラ見できるあの山はどちら様?
2016年03月26日 12:30撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両耳の鞍部からチラ見できるあの山はどちら様?
遠くに見える赤城山(多分)は黒々としてもう雪がないようです
2016年03月26日 12:33撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見える赤城山(多分)は黒々としてもう雪がないようです
トマに登り返しましょう。
2016年03月26日 12:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマに登り返しましょう。
自然が作る不思議な彫刻群。
2016年03月26日 12:38撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然が作る不思議な彫刻群。
2
にょきっと生えた台形の山はなんていう山かな。吾妻耶山?
2016年03月26日 12:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にょきっと生えた台形の山はなんていう山かな。吾妻耶山?
1
肩の小屋と遠くに霞む浅間山
2016年03月26日 12:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋と遠くに霞む浅間山
2
積雪期の谷川岳でこんなに穏やかな雰囲気が味わえるなんて。
2016年03月26日 12:46撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪期の谷川岳でこんなに穏やかな雰囲気が味わえるなんて。
1
例の指導標
2016年03月26日 12:48撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例の指導標
幾重にも重なる山々。
2016年03月26日 12:54撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幾重にも重なる山々。
よく見たらみなかみの市街地を俯瞰できました。
2016年03月26日 12:58撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見たらみなかみの市街地を俯瞰できました。
1
風が作った不思議なオブジェクトも印象的。
2016年03月26日 13:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が作った不思議なオブジェクトも印象的。
至仏山方面は午後になってもガスらずクッキリです。
2016年03月26日 13:09撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山方面は午後になってもガスらずクッキリです。
1
岩壁カッコイイです。
2016年03月26日 13:12撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩壁カッコイイです。
1
さて下山も進み、この絶景もそろそろ見納め・・・
2016年03月26日 13:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて下山も進み、この絶景もそろそろ見納め・・・
1
無事、戻ってきました。最後の下りは急勾配なので転倒注意ですね。
2016年03月26日 13:53撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、戻ってきました。最後の下りは急勾配なので転倒注意ですね。
おまけ、土合駅まで歩いてみました。
2016年03月26日 15:18撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ、土合駅まで歩いてみました。
撮影機材:

感想/記録
by Casei

 なかなか晴れない谷川岳。天気予報が晴れだって言うので、呼ばれるようにして行ってきました。

 ロープウェーに乗って明神平に立った瞬間、イイ山行になることを確信。こんな最高の天気で楽しめないはずがありません。イソイソと用意をして歩き始めます。
 明神平からのルートはトレースがしっかり付いてるので、ラッセル心配は全然ないのですが、いきなりの急登で体がびっくりして一気に息が上がります。さっき着込んだ上着をいきなり脱ぐハメに。急勾配ですが蹴りこめる雪質なのでズルズルと崩れることはありませんでした。トレース外れるとズボッと沈みましたが(笑)
 急登を登ると緩やかな尾根道・・・なのですがいきなり渋滞が発生して行動停止です。どうも岩場で詰まっている模様。仕方ないので上着をまた着て順番待ちです。この山で珍しいなと感じたのが、登山者とバックカントリーのスキーヤーが混在していること。板を背負ったグループが登山者と同じくらいいましたね。で、スキーヤーはアイゼンでなくスノーシューを履いている場合があり、急登や岩場で難渋するみたいですね。問題の渋滞ポイントも、アイゼンなら困るところもない程度のロープ場でした。(余談ですが、スキーヤーの中には山屋と感性が違う人もいるみたいで、大音量でアップテンポな洋楽を流しながら登る人に遭遇しました。さすがに注意されて止めたみたいですが「なぜ山で?」と不思議に思いました。世の中広いですね・・・)

 熊穴沢の避難小屋(埋没中)を抜けると、さらに展望は開け遠くの山々まで見渡せるように。ここまで視界がくっきりとは思っていなかったので大感激です。山座同定したくてもわからないのが歯がゆい感じでしたね。それでも有名どころを見つけると嬉しくなるわけで、これだけでもう「来てよかった」と思えるくらいの眺望でした。
 山頂に至るとさっそく記念撮影。順番待ちは対して時間もかからずスムーズでした。ここに到達している人はほぼ全員が上機嫌になってるので非情に雰囲気がいい。「いやーいい天気ですねー」「ここでこんな青空なんて滅多にないですよ」と実に楽しい。景色を撮影しながらお茶と行動食で休憩。

 日帰りなので名残惜しくとも下山を開始。急勾配の雪道なので足を滑らさないように注意が必要でした。とくに午後になると気温が上がって雪も柔らかい印象でした。ストックでなくピッケルに代えておいたのは万一のときは止められるぞと気持ち的に安心できて正解だったと思います。ロープウェー駅が近づくと無事に戻ってこれたという安心ともう山行終了かという残念さが入り混じった不思議な感傷になりますね。
 
 ロープウェー駅で観光で来た方に「こんな雪山を登ってきたんですかスゴイですね」って言われて「いやそんな…」とちょっと照れくさかった、そんな休日でした。
訪問者数:471人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/6/13
投稿数: 342
2016/3/28 12:13
 ピッケルのステッカー
初めまして
akanetouchanと申します。

ピッケルのステッカー、、、、ナイスです。
全く同感でございます(笑)

お疲れ様でした。
登録日: 2013/8/3
投稿数: 35
2016/3/28 22:18
 Re: ピッケルのステッカー
はじめまして!
ナマケモノのステッカーはほとんど一目ぼれでしたよ。
これは貼らなければ・・・と(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ