ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 834813 全員に公開 雪山ハイキング甲斐駒・北岳

鳳凰山の観音岳まで行く計画が疲労で薬師岳までで撤退

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー mkazu11, その他メンバー2人
天候曇り時々晴れ。山の中は基本ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東名、圏央道、中央高速を経由して甲府昭和ICで降りて夜叉神峠登山口まで
道路に雪は無くノーマルタイヤで行けますが落石に注意
帰りはその逆で
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間23分
休憩
1時間24分
合計
10時間47分
S夜叉神峠登山口06:4807:03夜叉神峠登山口07:52夜叉神峠07:54夜叉神峠小屋08:0009:14杖立峠09:1509:53火事場跡09:5810:43苺平11:09南御室小屋11:1312:31砂払岳12:3412:39薬師岳小屋13:2413:30砂払岳13:3114:12南御室小屋14:53苺平14:5415:17火事場跡15:50杖立峠15:5216:48夜叉神峠小屋16:5116:52夜叉神峠16:5317:22夜叉神峠登山口17:3417:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り始めはサラサラの雪が薄く地面にある程度で普通に歩けます。
夜叉神峠の先から所々アイスバーンとなりますのでアイゼンが必要。
その後は固く締まった雪道が大半ですが、南御室小屋から急なアイスバーンの登りもあり、私たちは軽アイゼンとストックでしたが、10本歯以上でピッケルも役に立ちそうです。実際我々以外はそんな装備でした…
雪道では踏み抜くと膝上くらいまで。気をつけましょう
その他周辺情報甲府の街中の銭湯に立ち寄りましたが名前は忘れました…
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
備考 12本歯のアイゼンとピッケル

写真

薬師岳山頂でガスの切れ間に見える白峰三山が大迫力!
ですが直ぐに再びガスの中へ、カメラではチラ写真しか撮れませんでした~_~;
2016年03月26日 12:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂でガスの切れ間に見える白峰三山が大迫力!
ですが直ぐに再びガスの中へ、カメラではチラ写真しか撮れませんでした~_~;
3
撮影機材:

感想/記録

今日は鳳凰山の観音岳ピストンの予定で、職場の仲間の健脚1号、2号と一緒に登りました。久しぶりの複数名山行。
家を3時に出発し、メンバーをピックアップしながら登山口の夜叉神峠登山口へ。
道中雪は無く前回の赤城山のような状況にはならず安定して6時半頃到着。駐車場には10台程度が停まっていました。
登山口を間違えて無駄な動きをしてしまった後いよいよ山行開始です。最初からソコソコの登りで、登山道は薄く粉のような雪が地面を覆っていますが滑ったりはしません。霧氷のついた樹林帯を抜けていく感じです。
夜叉神峠から先はアイスバーンとなっており、私はアイゼン装着のタイミングを間違え一度滑って転んでしまいました。メガネが滑落していきましたが無事救出w
どんどん登っていくと徐々にアイスバーンから固くしまった雪道になります。ところどころシャリシャリの雪のところは歩きにくいですが、概ねアイゼンは良く効きました。踏み抜くと膝上くらい沈み込みます。
南御室小屋からの登りでは、急坂な上にアイスバーンになっているため、ストックよりはピッケルの方が役に立ちそうでした。なんとかストックと軽アイゼンでクリア。
そこから先もひたすら樹林帯を登ったり下ったりして、ようやく森林限界を越えると巨大な岩と砂地の景色が広がってきます。
絶景を期待してきたのですがこの日はガスガスでした。ただ風で結構流れていてまれに青空が広がります。
そうしてなんとか薬師岳山頂へ到着。健脚1、2号は約1時間前に到着していたそうです。
そこでは、ガスの切れ間から白峰三山がチラリと顔を出す瞬間があり、特に雪をまとった北岳が大迫力で見えました。ただ直ぐにまたガスの中へ消えてしまうのでカメラにはうまくおさめられませんでした。
仲間を待たせてしまっているのでそそくさと昼食を済ませてこの後の行動を相談しました。私はここまでの道のりで激しく疲労していたので、ここから先は行かないつもりでいましたが、健脚達もこの先ガスの中を行ってもつまらないという事でこれで下山する事にしました。
登ったので当然その分の下りがあるわけで、まったく楽しみの無い樹林帯を疲労でフラフラしながら気力を振り絞って下山。トータル10時間山行の大半が樹林帯なので、体力はもちろんそれ以上に精神力が必要な山行でした。
ちなみに自分は行きも帰りも精神力が試される苺平への登りが核心部でしたww

ところで、山頂標のあるところが山頂かと思ってしまいましたが、ログには山頂の記録がありません。。。という事は別の場所が山頂なのですね。残念です
訪問者数:255人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/15
投稿数: 44
2016/3/27 18:17
 お疲れさまです。
ガスガスでしたね。無事下山できて何よりです。
登録日: 2015/7/2
投稿数: 5
2016/3/27 23:26
 Re: お疲れさまです。
ありがとうございます。なんと山頂踏んで無い事が判明しリベンジの話題で盛り上がっていますwそれにしても雪をまとった北岳は格好良かったす

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ