ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 835433 全員に公開 ハイキング丹沢

煤ヶ谷 〜惣久経路〜鍋嵐〜八丁経路

日程 2016年03月05日(土) [日帰り]
メンバー yoshi0000
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
バイク
道の駅 清川の駐車場に駐輪。6時半前に到着。3台駐車車両あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間51分
休憩
13分
合計
5時間4分
S煤ヶ谷06:3708:41物見峠08:57能ノ爪09:26鍋嵐09:3710:05能ノ爪10:0710:15物見峠11:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
まず惣久経路は、駐車場の奥から進入。とりあえず作業道らしきものに沿って歩くが、結局目的の尾根に無理やり乗る。あとはひたすら尾根を歩く。途中尾根を巻く道も散見されるが、尾根についている限り迷うようなところはない(登りに関しては)。トレースはしっかりしている。最後登山道に合流する手前、650mくらいからは結構急な登りとなる。
物見峠を越え、鍋嵐分岐へ。ここから先もトレースはしっかりしているが、全体的にやせた尾根を歩くことになる。719の小ピークは宮が瀬方面の尾根に入りそうになる。針路は常に西方向。鍋嵐山頂直前はそこそこの急登あり。
もと来た道を戻る。物見峠から三峰山方面へ向かい、煤が谷方面の道標を過ぎた次の小ピークが八丁経路分岐。分岐後しばらくは周囲を整備中のようであり、トレースははっきりしている。その先、下りだったこともあってか、600m、450m、420mあたりで北方向へ踏み後が見えた。水の尻沢へ降りられる(というか逆に沢を遡行してきた際につきあたる)ようであるが、八丁経路は常に東へ続いている。標高500mを過ぎたくらいからは、道もかなり雑然としてくるが、鹿柵沿いに下降していけば迷うことは無いと感じた。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

惣久経路取り付き場所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣久経路取り付き場所
惣久経路610の小ピーク付近
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣久経路610の小ピーク付近
鍋嵐へのルート中 719の小ピーク。
正面が鍋嵐方面。
写真右手は宮が瀬湖方面への尾根となる。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋嵐へのルート中 719の小ピーク。
正面が鍋嵐方面。
写真右手は宮が瀬湖方面への尾根となる。

八丁経路分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁経路分岐
八丁経路鹿柵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁経路鹿柵
八丁経路450付近。登り方面撮影。
煤が谷は正面。
右手にはっきりした分岐あり。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁経路450付近。登り方面撮影。
煤が谷は正面。
右手にはっきりした分岐あり。

八丁経路420付近。下り方面撮影。
煤が谷は右手方向。左手に分岐あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁経路420付近。下り方面撮影。
煤が谷は右手方向。左手に分岐あり。

感想/記録

GPSログ:GARMIN OREGON600
荷重:5kg
訪問者数:92人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 GPS 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ