ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 835516 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

太郎山〜虚空蔵山周回

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー w-charider
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
表参道登山口には路駐するしかなさそう。
緑ヶ丘登山口には5〜6台停められる駐車場あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間57分
休憩
1時間18分
合計
5時間15分
S緑ヶ丘登山口08:5010:15西峠10:2010:36峰ノ展望台10:4311:10亀井城跡11:15積城跡11:20虚空蔵山11:5212:03亀井城跡12:38西峠12:46太郎山13:2014:05太郎山表参道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
亀井城跡から虚空蔵山まではやや道が狭く、手を使って登る箇所もある。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 登山靴 行動食 非常食 飲料 タオル 帽子 地形図or登山地図 シルバコンパス ナイフ 山行記録メモ 時計 携帯電話 カメラ ヘッドランプ 救急医療セット ザックカバー

写真

表参道に車を置き、徒歩30分。
緑ヶ丘コースの登山口に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表参道に車を置き、徒歩30分。
緑ヶ丘コースの登山口に着きました。
地味にしんどい登りです。
まっすぐ歩いたり横歩きしたり後ろ歩きしたり、とにかく足首に負担がかかりすぎないように登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味にしんどい登りです。
まっすぐ歩いたり横歩きしたり後ろ歩きしたり、とにかく足首に負担がかかりすぎないように登りました。
途中1箇所だけ、踏み跡があやしくなっているところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中1箇所だけ、踏み跡があやしくなっているところ。
カモシカにも遭遇。
こんな里山にもいるんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカにも遭遇。
こんな里山にもいるんですね。
約60分で西峠。
今日はまず虚空蔵山に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約60分で西峠。
今日はまず虚空蔵山に向かいます。
西峠にて。
上田城の支城がたくさんあるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峠にて。
上田城の支城がたくさんあるらしい。
稜線はわりと広めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はわりと広めです。
ひとつだけ見つけたフキノトウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひとつだけ見つけたフキノトウ。
1
峰の展望台。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峰の展望台。
ここからの景色は見事でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの景色は見事でした。
目指す虚空蔵山方面。
(奥の方に見えているのがそうかな?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す虚空蔵山方面。
(奥の方に見えているのがそうかな?)
途中、こんなピークも。
風が気持ちいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、こんなピークも。
風が気持ちいい!
亀井城跡、積城跡を越え、最後の登りにかかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀井城跡、積城跡を越え、最後の登りにかかります。
最後はちょっとした岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はちょっとした岩場。
虚空蔵山の山頂。
西峠からまたまた60分くらいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虚空蔵山の山頂。
西峠からまたまた60分くらいでした。
1
上田の中心街方面。
見渡す限りの建物、そして山!(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上田の中心街方面。
見渡す限りの建物、そして山!(笑)
坂城方面。
北アルプスもバッチリです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂城方面。
北アルプスもバッチリです。
山頂にあるこの木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にあるこの木。
通称「ナンジャモンジャの木」。
なんじゃこりゃ?(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通称「ナンジャモンジャの木」。
なんじゃこりゃ?(笑)
またまた60分ほどかけて、太郎山の山頂へ。
5〜6組の登山客が休憩してました。
親子連れも何組か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた60分ほどかけて、太郎山の山頂へ。
5〜6組の登山客が休憩してました。
親子連れも何組か。
1
展望は虚空蔵山の方が開けています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は虚空蔵山の方が開けています。
下山して、太郎神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山して、太郎神社。
「アブラチャン」というらしい。
面白い名前ですね。
クロモジの仲間だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「アブラチャン」というらしい。
面白い名前ですね。
クロモジの仲間だそうです。
1
七丁目より下からは水切りがちゃんとできていました。
これだけでも登山道は荒れないのになと思いながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丁目より下からは水切りがちゃんとできていました。
これだけでも登山道は荒れないのになと思いながら。
上信越道の真上を通り・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上信越道の真上を通り・・・
表参道の登山口へ下山。
こちらの登山口にはレンタル杖があるんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表参道の登山口へ下山。
こちらの登山口にはレンタル杖があるんですね。

感想/記録

帰省中、一日だけスケジュールが空いていたので、どこにしようかと地図とにらめっこした結果、前々から気になっていた太郎山の稜線を歩いてみることに。

表参道コースの往復が一般的なようですが、地形図で緑ヶ丘から沢を詰めるコースを見つけたので、ためしにそこを登りに取ってみることにしました。そして結果、地味にきつかったです(笑)

というか、太郎山自体が麓からの標高差がそれなりなので、どのルートをとってもそこそこ急なのかもしれませんが。

緑ヶ丘コースから尾根に出ると西峠。そこからの尾根道はアップダウンもそれほどではなく(個人的には)、狭い尾根の割には道は広く、また木々も茂っていないために景色もよく、気持ちのいい山歩きになりました。

途中、亀井城跡(1073mピーク)から先は道もやや狭く、簡単な岩登りになったものの、その先の虚空蔵山の景色はとても良かったです。登ってくる人も1〜2人。静かなピークでした。

同じ道を戻り、西峠から10分ほどで太郎山。こちらは数組の登山客が休憩していました。ほとんどが地元の方のようで、上田市民の山というのも納得です。ただ展望は虚空蔵山のほうが開けていました。

太郎山からの下りはひたすら尾根下り。人の多い山によくある、「大勢の人が歩き、雨水によって掘られた登山道と、その脇についた新しい踏み跡」という登山道がここにも。正直、水切りさえ整備すれば、登山道以外を踏み荒らされることも減るのになと思いました(七丁より下はそれなりに整備されていましたが)。

ちなみに緑ヶ丘コースも表参道コースも、地形図に示された道と実際のルートが少々異なっているようです。地形図を見ながら歩いていると、こういうことが意外と多くて面白いです。

40分下って登山口。
午後になっても登ってくる人が多く、車はまだ7、8台残っていました。
訪問者数:208人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カモシカ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ