ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 835527 全員に公開 雪山ハイキング北陸

大日山 −真砂より周回(池洞新道〜徳助新道)−

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー fen
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○真砂登山口まで:道に雪なし。普通車(2WD、FF)で行けました。神社前の駐車場へは4WDでないと厳しいかも。
○駐車場:未舗装5台程度、登山ポストなし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
1時間1分
合計
6時間18分
S駐車場07:2807:40真砂登山口10:08加賀甲11:0211:43大日山11:4912:34小大日山12:3512:52徳助の頭13:31真砂登山口13:46駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○積雪:全体的に積雪有(頂上で1m程度)。今年はかなり少ないようです。
 
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

奥の方の駐車場でうっすら雪
2016年03月26日 07:41撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の方の駐車場でうっすら雪
1
登りは「池洞登山口」方面へ
2016年03月26日 07:42撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りは「池洞登山口」方面へ
登るにしたがって積雪は増えてゆきます。
2016年03月26日 07:52撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るにしたがって積雪は増えてゆきます。
中又谷覗への分岐(廃道?)
2016年03月26日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中又谷覗への分岐(廃道?)
小大日山
2016年03月26日 08:18撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小大日山
新雪の下に先行者の足跡
2016年03月26日 08:38撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新雪の下に先行者の足跡
兎の足跡に導かれながら進む
2016年03月26日 08:54撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎の足跡に導かれながら進む
1
来た方向を振り返る。遠くの眺めがいい感じ♪
2016年03月26日 09:33撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た方向を振り返る。遠くの眺めがいい感じ♪
登山道は尾根上を素直に進む。
2016年03月26日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は尾根上を素直に進む。
標高1100mくらいから樹氷がみられ始めた。
2016年03月26日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1100mくらいから樹氷がみられ始めた。
1
今年初めて。青空とのコントラストが素敵!
2016年03月26日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年初めて。青空とのコントラストが素敵!
2
小大日。下りはあの稜線を進む。
2016年03月26日 09:58撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小大日。下りはあの稜線を進む。
避難小屋手前。風がそれなりに強く。雪面にも模様が現れ始めた。
2016年03月26日 10:00撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋手前。風がそれなりに強く。雪面にも模様が現れ始めた。
1
避難小屋(加賀甲)。
この日はここからの眺めが一番でした。
2016年03月26日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋(加賀甲)。
この日はここからの眺めが一番でした。
3
銀杏峰(右、だぶん…)と荒島方面
2016年03月26日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀杏峰(右、だぶん…)と荒島方面
法恩寺方面
2016年03月26日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
法恩寺方面
1
そして白山!!
2016年03月26日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして白山!!
3
後ろを振り返る
2016年03月26日 10:09撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返る
勝山市方面。銀色に光るのは恐竜博物館。
2016年03月26日 10:12撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝山市方面。銀色に光るのは恐竜博物館。
進行方向。左の緩いピークが大日山。
2016年03月26日 10:13撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進行方向。左の緩いピークが大日山。
1
加賀甲を振り返る。
2016年03月26日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加賀甲を振り返る。
途中小さな谷を渡ります。
2016年03月26日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中小さな谷を渡ります。
白山に雲が
2016年03月26日 11:38撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山に雲が
2
大日山山頂。
看板は頭だけ出ています。
2016年03月26日 11:44撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山山頂。
看板は頭だけ出ています。
5
ストックとともに。
2016年03月26日 11:46撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストックとともに。
1
大日山から小大日への道。
尾根が徐々に細くなっていきました。
2016年03月26日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日山から小大日への道。
尾根が徐々に細くなっていきました。
小さな雪庇も。
2016年03月26日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな雪庇も。
後ろを振り返る。
大日山から稜線沿いに来ました。
2016年03月26日 12:25撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを振り返る。
大日山から稜線沿いに来ました。
2
小大日手前。
登山道は左の藪の中にあります。
2016年03月26日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小大日手前。
登山道は左の藪の中にあります。
振り返る
2016年03月26日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る
背後には小松と加賀。
2016年03月26日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後には小松と加賀。
進む方向。
2016年03月26日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進む方向。
徳助の頭。
ここから尾根を下り始めます。
2016年03月26日 12:52撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳助の頭。
ここから尾根を下り始めます。
下の方には雪なし。
2016年03月26日 13:26撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の方には雪なし。
1
田んぼ跡(?)の石垣から下りてきました。
2016年03月26日 13:29撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田んぼ跡(?)の石垣から下りてきました。
戻ってきた!
2016年03月26日 13:30撮影 by Canon PowerShot SX600 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきた!
2
撮影機材:

感想/記録
by fen

 3月最後の土日、天気がよさそうなので大日山へ行ってきました。
 真砂からの道は初めてでしたが、ネットなどで情報を見ると今年は既に真砂まで車で入れるとのことで行ってみることに。
 結論からいうと、何かトラブルがあったわけではありませんが、私には少し早かったかな、というのが正直な感想です。

 朝、7:00頃、真砂の駐車場へ着きました。駐車場には、地元の4人パーティーの方々が準備をされてました。鳥居のところまで行けるかと思い少し進んでみましたが、道が悪くおとなしく引き返して駐車(結局この日は、この2台だけだったみたいです)。そして、準備をして出発。
 池洞新道の登山口からの道は、非常にわかりにくく、先行者のトレースを頼りに進みました。中又谷覗の分岐を過ぎたあたりで休憩されている4人組の方々を追い越しました。お話を伺うと、加賀甲から福井県方面をぐるっと一周されるとのこと。積雪期限定のコースのようです。トレースに感謝しつつ(ありがとうございました!)、先に進みます。加賀甲までは、ひたすら尾根上の登りで、雪面は硬い雪の上に15cm程度新雪が積もっているという状況でした。標高が上がるにつれて景色もよくなり、樹氷も現れ始め、とても楽しく歩くことができました。
 避難小屋周辺は雪原(?)が広がり、360度近い展望が広がっていました。が、じっとしていると寒いので、小屋の中で早めの昼食に。小屋内の気温は0度でした。昼食をとっていると、4人組の方々が登ってこられ、小屋の周辺で写真を撮れらていました。徳助新道の情報を教えてくださった後、先に小屋を出発されました。
 加賀甲からの下り出しはわかりにくく、少し迷いました。その後、順調に大日山へ。白山に雲が少しかかっていたのが、残念でしたが、独り占めの山頂に満足できました。
 そして、徳助新道へ。雪の尾根上を進むだけで、アップダウンも多くはないですが、尾根がだんだん狭くなり、高度感がある個所もありました。小大日までの間は、景色がよく、何度も山頂方面を振り返りました。
 徳助の頭からは一気に下りとなります。落ち葉の上にうっすら積もった雪のためかなり足元が不安定で、道のわきの木やロープを頼りに下りました。下の方で日当たりの良いところは雪が解けていて、春を感じることができました。

 今回は、初めての道で、ほとんどが雪に覆われているということで、自分にとっては少し難易度が高い登山だったと思います。景色も楽しむことができましたが、何度も地図を見ては、尾根を確認し、方向を確認してという登山となりました。地図読みという意味でも、勉強になった登山でした。
 今度は雪のない時期にも行ってみたいです。
訪問者数:271人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 雪庇 避難小屋 廃道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ