ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 835962 全員に公開 ハイキング富士・御坂

三ッ峠山(三ッ峠グリーンセンター発、河口湖駅着)

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー mfaysal
天候曇り時々雪
山頂近辺-1℃前後
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
55分
合計
8時間25分
S駐車場06:0506:30神鈴の滝06:50達磨石07:25股覗き07:45馬返し08:25八十八大師08:50屏風岩09:15三ッ峠山09:40御巣鷹山10:30木無山10:4012:30天上山12:3512:45カチカチ山ロープウェイ富士見台駅12:5012:55ナカバ平展望広場13:0013:05天上山公園入口13:20河口湖駅13:5014:10三つ峠駅14:30駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所無し。
軽アイゼンは使わず。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

駐車場を出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場を出発です。
ひたすら進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら進む。
神鈴の滝遊歩道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鈴の滝遊歩道。
神鈴の滝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鈴の滝です。
足を取られることなく進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を取られることなく進む。
束の間の晴れ間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
束の間の晴れ間。
愛染明王塔。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛染明王塔。
八十八大師。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八十八大師。
だが雪は少ないね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だが雪は少ないね。
1
歩きやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい。
神鈴権現社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鈴権現社。
氷柱が発達。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷柱が発達。
2
着雪が可憐だね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着雪が可憐だね。
1
山頂までもう少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少し。
アンテナが至る所に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アンテナが至る所に。
三ッ峠、開運山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ峠、開運山頂です。
6
あいにく見渡せない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あいにく見渡せない。
山頂の様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の様子。
1
こちらはNTT。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはNTT。
御巣鷹山へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御巣鷹山へ。
1
御巣鷹山頂。
石柱はフェンスの中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御巣鷹山頂。
石柱はフェンスの中。
3
トイレが見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレが見えました。
木無山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木無山頂です。
2
木無山頂で、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木無山頂で、
3
若干の晴れ間が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干の晴れ間が。
4
久々に吉例の乾杯。
ノンアルも進化している。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々に吉例の乾杯。
ノンアルも進化している。
人が多いな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が多いな。
3
カチカチ山展望台は外国人であふれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カチカチ山展望台は外国人であふれている。
1
富士山は裾野だけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は裾野だけ。
3
河口湖方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河口湖方面。
2
ナカバ平。
先程の喧騒はいずこへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナカバ平。
先程の喧騒はいずこへ。
天上山公園入口まで降りてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天上山公園入口まで降りてきた。
三ッ峠駅で降りてグリーンセンターに歩いて戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ峠駅で降りてグリーンセンターに歩いて戻る。
おっ、登った三ッ峠の全貌。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、登った三ッ峠の全貌。
4
駐車場到着お疲れさま。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場到着お疲れさま。

感想/記録

子が産まれたため、暫く登山ができなかったが、
この週末に4ヶ月ぶりに登山に行くこととした。
しかし、これまで全くなんの運動もしていなかったため、
リハビリに安全そうで東京から近い三ッ峠に登りに行くこととする。

4時過ぎに出発、6時前に三ッ峠グリーンセンター近隣の駐車場に停める。
登山で停めている車は他になさそうだ。
朝食を摂り、準備をして出発。

上はR1とキャプ3(パタゴニアはもうこの表記でないのだね)、下はアンダーにキャプ3とヴァーブサーマル。靴は通常の登山靴です。

舗装路をひたすら上り歩き、神鈴滝を越え、登山口到着。
前日に雪が降ったのか、軽く荒らされていない粉雪が登山路に積もっている。
誰もいない緩やかな登山路を何の危険も感じずに登る。
軽アイゼンも結局最後まで使わなかった。

途中晴れ間も現れたが、概して遠くまで分厚い雲がかかり景色は望めず。
屏風岩を通過すると、まもなく山荘やアンテナ施設が現れ、開運山頂到着。
ここまで誰にも会わず。

雪も軽く降ってきた。
ワンタッチで御巣鷹山へ。
大きなアンテナ施設の金網の中に山頂の石柱がありました。
三ッ峠の2座を終え、残りの木無山へ。

巻き道を取って進んだところ、木無への分岐を通過してしまい、だいぶ降りてしまった。
気づいてから登り返し、木無山頂到着。
確かに山頂周囲は木が少ない。
少し晴れ間も出たことから、ここで一服、飯とノンアルをとる。
しかし、期待してもこの日は景色はだめでした。

天上山方面にひたすら降りる。
登山路には雪も消えてきて、標高が下がってきた。
鉄塔が出てくると視界が開け、河口湖と富士山裾野が見渡せた。
天上山を通過し、ぽちぽちと外国人と会うようになる。
更に降るとカチカチ山展望台到着。

ここは様々な国の外国人観光客で溢れていて、日本人の方が少ない。
たぬきのプレートと富士山を背景の記念撮影で、きちんと並んでいる外国人が微笑ましい。
しかしこの日は富士山頂が見られず残念なことだ。
ロープウェーを使う観光客がほとんどなのか、
降りは誰にも会わず、途中のナカバ平展望地も人がおらず、静かな景色を独占。
舗装路に降り立つ。

三ッ峠グリーンセンターには富士急行を使わねば。
河口湖駅に向かうとこれまた多くのバスから外国人が乗降している。
直近の富士登山電車(13:30)は別に200円がかかるため、もう20分弱待って普通(13:49)に乗る。
10分前から乗車開始、ここも外国人が多数乗車している。
二両編成の電車はきかんしゃトーマスで統一されている。

14:12三ッ峠駅到着(550円)。
ここからひたすら歩いて駐車場到着。

帰りはグリーンセンターで汗流し(610円)。
周りは下山した登山者が多かった。

その後せっかくここまで来たので、吉田うどんを食べに出発。
遅い時間であったので、17時まで開店しているところを調べていったが、閉店前でなんと品切れ。
次に行く前に野菜も買いたかったので、富士吉田の道の駅に急ぐ。
なんとかいくつか野菜を購入、時間も遅いため道の駅内の吉田うどん(500円)を食す。

帰る準備が整ったところで、帰路につく。
高速は夕方で激しい渋滞かなと覚悟していたが、思ったほど詰まらず帰宅。
お疲れ様。

負荷の軽い山であったが、運動不足は否めず帰宅後いつの間にか意識を無くして眠っていた。
しかし登山はいいものですね。またポチポチと登れたらと思います。
訪問者数:273人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 軽アイゼン 巻き道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ