ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 836008 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

又七山

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー treeapple
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ゲート前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
2分
合計
5時間58分
Sスタート地点07:2011:06又七山11:0813:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

奥志賀駐車場からの又七山
2016年03月27日 07:06撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥志賀駐車場からの又七山
緩やかな斜面を行く
2016年03月27日 08:03撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな斜面を行く
熊棚
2016年03月27日 08:46撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊棚
熊棚銀座
2016年03月27日 08:46撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊棚銀座
山頂標識
2016年03月27日 11:00撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識
GPSの表示する山頂
2016年03月27日 11:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSの表示する山頂
広い尾根
2016年03月27日 11:05撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根
烏帽子
2016年03月27日 11:10撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子
北ア方面
2016年03月27日 11:27撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ア方面
奥志賀スキー場
2016年03月27日 11:27撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥志賀スキー場
道路に着いた
2016年03月27日 12:22撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路に着いた
行くときにはなかったスノーモビルの跡
2016年03月27日 12:22撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行くときにはなかったスノーモビルの跡
雑魚川
2016年03月27日 12:23撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑魚川
雪が少ない
2016年03月27日 12:24撮影 by Canon IXY 150, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が少ない
撮影機材:

感想/記録

この時期にしか行けない藪山、又七山へ行ってみました。
スキーで行こうと思っていたが、奥志賀に着いたら雪が少なくてビックリ
又七山方面を見ると雪が着いていない斜面もありそう。
ゲイト前の道も雪がない!これはスキーでは無理かもしれない。
結局ツボ足で行くことにして歩き始めた。歩き始めると先行者の足跡が続いているのを発見。途中からスノーシューに履き替えたようだ。
ここから歩きで行くところといえば・・・若しかしたら同じ山かもしれない。
2キロ地点の熟平橋を渡る地点で先行者の足跡は道路から山に入って行く、間違いない、同じ山を目指している。
トレースをそのまま使わしてもらう、ルーファイの必要がなく足跡をたどる。何も目印がない林の中だが又七山方向にまっすぐ向かっている。
ほとんどぶれることなく方向性に間違いはない、かなり山になれた人のようだ。
P1612地点の手前で下山してくる先行者と出会う、まさかこの時期にこの藪山で人に出会うとはお互いビックリ。
山の中で挨拶し立話でいろいろ山の話を始めたら止まらなくなりかなり長い間、時のたつのも忘れ話に興じてしまった。
話を通じてわかったことは、彼はネットの中では知る人ぞ知る激藪さんだった。仕事の都合で最近長野に越してきたとのこと。
彼と別れて少し進み急な登りの先で又七山の稜線にでる。
山頂三角点は少し左に進んだ稜線上にある。周囲は林となっており眺望はよくないが木の間越しに北ア、烏帽子などが見える。
下山は雪が緩み始めた斜面を軽快に駆け下り車道に、ここから奥志賀までの道路が今日の一番の難所。重い雪に足を取られて何とか車に到着。
娘夫婦が働いている一之瀬で一緒にコーヒータイムをしてゆっくり帰路に着く。
訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ