ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 836384 全員に公開 ハイキング奥武蔵

鹿に無視された武甲山

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー dwarfjay
天候くもり
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
gpsのログが一部欠測になっています。実際には、妻坂峠、大持山を経由して子持山へ行っています
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) 常備薬 携帯 時計 タオル ツェルト ストック

写真

来た方向を振り返ってみる
2016年03月27日 11:06撮影 by G620S-L02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た方向を振り返ってみる
2
ここからみる武甲山は、迫力あります
2016年03月27日 12:14撮影 by G620S-L02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからみる武甲山は、迫力あります
2
鹿は、向うにいる何かが気になっているようです。こっちの存在は気がついてるけど、脅威とは認定されなかった模様
2016年03月27日 12:25撮影 by G620S-L02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿は、向うにいる何かが気になっているようです。こっちの存在は気がついてるけど、脅威とは認定されなかった模様
5
名もない滝
2016年03月27日 14:22撮影 by G620S-L02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名もない滝
1
黄色い花。名前を教えてもらったけど忘れた。
2016年03月27日 14:40撮影 by G620S-L02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花。名前を教えてもらったけど忘れた。
1

感想/記録

鹿に無視された話は、よく考えるとそれほど面白くないので省略します。そもそも今回は、SOTO ウィンドマスター、モンベル UL フォールディングトレッキングポールの二つのアイテムを購入したので、それらのテスト目的の山行でした。そこで、これらを使ってみて感じた点を書きます。

ウィンドマスター
良かったです。当日は風こそ弱かったものの、気温は結構低かったのですが、このバーナーは噂通りの実力を発揮してくれました。気がついたポイントとして、
a. 着火装置は評判通りの着火性能を発揮してくれますが、濡らしてしまうとダメです。雨の日はライターを使う方がいいと思います。
b. 付属の三叉五徳は、確かに不安定ですが、最低限の機能はあります。ただし、コッヘルを火にかけた状態で水を追加したり掻き混ぜたりはしない方がいいです。引っくり返した時に大変なので、テント内での使用もしたくないです。今度オプションの四叉を試してみたいと思います。
c. ガスを最後まで使い切れる、っていうのは本当にありがたいです。

UL フォールディングトレッキングポール
複数のモンベル店員さんに、「下りで全体重をかけると折れる」といわれたこのポールですが、自分には向いているみたいです。

a. まず、長さ調整ができないけど、自分は105センチ固定で使用するので問題ない。そして、長さ調整のギミックがない分軽くて取り回しが良いです。店頭で115センチ(緑)も試しましたが、かなり撓みます。正直言って、使ってみようという気にはならなかったです。でも、110センチ(赤)はそれほど不安を感じませんでした。120センチはサンプルがなかったのでどのくらい撓むのか不明です。

b. 折り畳むとサコッシュに入るので、収納時にザックをおろす必要がありません。だから、本当に必要な時だけポールを使い、不要な時には手ぶらで軽快な山行が楽しめました。このポールの最大の魅力です。
今回下りではまったくトレッキングポールを使わなかったが、その方が楽に素早く下山できることがわかりました。登りで推進力を得る為に体重を掛けるのもこのポールでは良くないと思います。
自分の場合はアキレス腱が固く、靴と地面の傾斜の関係でアキレス腱が伸び切った時に足の力だけでバランスをとるのが困難な事が多々あり、そういうケースでトレッキングポールがあるとかなり楽です。

c. スノーバスケットが付きませんが、冬場は装備も重いし、下りでまったくトレッキングポールを使わないというのは非現実的です。スリーシーズン用と割り切るしかありません。
万人向き、万能ポールではありませんが、用途、時期を絞れば結構良いと思います。
訪問者数:331人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ