ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 836459 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

明神ヶ岳から金時山へ 〜箱根東部外輪山続き

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー Tad
天候雪&曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
箱根湯本駅から仙石原行きバス 宮城野支所前下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間6分
休憩
10分
合計
6時間16分
S宮城野支所前07:0408:12鞍部08:1308:55明神ヶ岳08:5610:10苅川峠(狩川峠)10:33矢倉沢峠10:3511:31金時山11:32金時山頂トイレ11:50金時山11:5211:55金時山頂トイレ11:56金時山12:36金時宿り石12:3912:53公時神社12:5413:12太郎平バス停13:20仙石バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪、霜柱が融けてヌカルミ多し。下りは注意が必要だった。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

宮城野支所バス停から歩き始める
2016年03月26日 07:07撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮城野支所バス停から歩き始める
住宅地だがこんな案内標識が適切に設けられている
2016年03月26日 07:12撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅地だがこんな案内標識が適切に設けられている
1
ここはまだ居住地域の中
2016年03月26日 07:17撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはまだ居住地域の中
別荘風の建物の裏口を抜けて行く
2016年03月26日 07:21撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別荘風の建物の裏口を抜けて行く
30分歩いてここがやっと登山口
標高差200mくらい登った感じ
2016年03月26日 07:43撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分歩いてここがやっと登山口
標高差200mくらい登った感じ
1
稜線に近づくと雪が…
2016年03月26日 08:13撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に近づくと雪が…
バス停から1時間で明星ヶ岳との鞍部に到着
2016年03月26日 08:15撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停から1時間で明星ヶ岳との鞍部に到着
明神ヶ岳方面は雲の中
2016年03月26日 08:23撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳方面は雲の中
稜線はかなり白くなっている
2016年03月26日 08:47撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はかなり白くなっている
明神ヶ岳頂上には誰もおらず、視界もない
2016年03月26日 08:54撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳頂上には誰もおらず、視界もない
4
先を急ぐ
2016年03月26日 09:06撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を急ぐ
1
少し標高が下がると先が見えてきた
2016年03月26日 09:23撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し標高が下がると先が見えてきた
1
火打石岳までの間に1名だけすれ違う
2016年03月26日 09:40撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火打石岳までの間に1名だけすれ違う
この辺の山の特徴のカヤトの廊下
2016年03月26日 09:54撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺の山の特徴のカヤトの廊下
1
少し晴れてきて下界が見え始めた
2016年03月26日 09:57撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し晴れてきて下界が見え始めた
1
雲が取れて大きな金時山が出現
疲れた時に見たくない姿
2016年03月26日 10:30撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が取れて大きな金時山が出現
疲れた時に見たくない姿
5
お腹が空いたので矢倉沢峠で昼食
2016年03月26日 10:38撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お腹が空いたので矢倉沢峠で昼食
金時に登る途中で振り返ると明神ヶ岳が見え始めた
2016年03月26日 11:05撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時に登る途中で振り返ると明神ヶ岳が見え始めた
金時神社方面からの道と合流
2016年03月26日 11:08撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時神社方面からの道と合流
最後は結構疲れた
2016年03月26日 11:31撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は結構疲れた
何とか頂上に
2016年03月26日 11:33撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか頂上に
金時山到着
富士山は見えず
2016年03月26日 11:33撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山到着
富士山は見えず
5
天気がパッとしなくても人は多いな
2016年03月26日 11:54撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気がパッとしなくても人は多いな
3
青空が出てきた
2016年03月26日 11:57撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が出てきた
3
下山開始
2016年03月26日 12:06撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始
30名規模のツアーが2グループ登って行った
2016年03月26日 12:09撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30名規模のツアーが2グループ登って行った
1
下山は金時神社方面へ
山頂は高いな
2016年03月26日 12:37撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は金時神社方面へ
山頂は高いな
名前は忘れたけどみんな写真を撮る岩
2016年03月26日 12:41撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前は忘れたけどみんな写真を撮る岩
だいぶん下りて来た
2016年03月26日 12:42撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶん下りて来た
1
登山道わきにJR東海のパンフレット入れが
2016年03月26日 12:54撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道わきにJR東海のパンフレット入れが
1
開けてみると…
2016年03月26日 12:54撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けてみると…
1
金時神社を通過
2016年03月26日 12:56撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時神社を通過
今日も無事下山!
ここからのバスは箱根湯本まで行かないので、あと1kmあまり先のバス停まで歩く
2016年03月26日 13:10撮影 by X30, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も無事下山!
ここからのバスは箱根湯本まで行かないので、あと1kmあまり先のバス停まで歩く
1

感想/記録
by Tad

3週間前に自宅から明神ヶ岳まで歩いた後を受けて、今回は明神から金時山まで。天気はあまりパッとしない予報だが承知の上で出かける。
前回の記録 --> http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-824817.html

湯本駅からバスに乗り換えて宮城野支所前で下車。既に小雨がパラつく天気。車道を渡って住宅地の中を歩き出す。
数分ほど車も通る道を歩き、案内標識に従って別荘地の裏を抜ける坂道に入る。意外に斜度のある細道を30分ほど歩くとやっと住宅地を抜けて登山道の入り口。

登山道を登って行くと地面がだんだん白くなってくる。稜線近くの雲が粒状の雪を降らせているようだ。バス停から歩き出して1時間余りで明星ヶ岳と明神ヶ岳の間の鞍部(標高900mちょっと)に着く。
前回はこの辺で息が上がっていたが今回はまだ始まったばかり。地面はすっかり白くなっていて、明神ヶ岳方面は雲の中で見えない。

明神ヶ岳まで来ても誰もまだおらず、視界も殆どないので休憩もなく先を急ぐ。完全に雲の中で下界も見えない。
標高を下げて行くとだんだん行く手の山の影が見えてくる。火打石岳の手前で今日初めて他の登山者とすれ違って金時方面の様子を聞く。
やはり雪があったが融け始めたので下りは滑って怖いとのこと。この後はさらに融けて道が泥濘んでくるだろう。

苅込峠を過ぎる辺りから頻繁に対向者とすれ違うようになる。足も疲れてきたのですれ違い時に雑談を交わして足を休める。
幾つ目かの小ピークを登り切ると眼下に矢倉沢峠へ続く道が見え、その向こうに巨大な金時山の姿が現れる。何度見てもここからの金時は大きく、高くて、疲れた足で登り切れるのかと絶望感に襲われる。

矢倉沢峠で少し休んで昼食を摂った後、意を決して金時山を目指す。金時神社方面からの道との合流点までは何とか辿り着くが、そこから先では消耗が強くなってきて何度か休みながら登る。
やっとのことで山頂に着くと、幾らか青空も見え始めたが富士山は雲の向こうで指先ほども見えない。しかしさすが週末の人気の山で、この天気でも沢山の人が休んでいる。岩に腰を下ろして残った昼食を片付け、何枚か頂上の様子を撮ってから下山開始。

今回は路面が濡れているのが気になるので乙女峠へ下りず、一旦来た道を戻って分岐から金時神社へ下りる。まだお昼になったばかりなので下からどんどん沢山の人が登って来る。道はやはり泥濘み始めたが、心配したほど滑ることもなく順調に下りて行く。
金時神社へのこの道を歩くのは随分久しぶりな気がする。多分5-6年は歩いていないので景色をあまり覚えていない。

頂上を出て1時間ほどで金時神社まで下りてくる。ここで汗で濡れたウェアを着替えた後、1.5kmほど車道沿いに歩いて箱根湯本まで行くバスに乗る。

天気には恵まれなかったが変化のある景色でそれなりに充実感のある山行だった。

訪問者数:398人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

廊下 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ