ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 836915 全員に公開 沢登り中国山地西部

吉和冠山(フカ谷〜松ノ木峠)

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー MtYamaguchi
天候晴れ/くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松ノ木峠近くに駐車スペースあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
4分
合計
6時間4分
Sスタート地点07:2011:14太田川源流の碑11:1611:20小川林道分岐(自称)11:36吉和冠山11:45冠山の懸崖11:4712:03小川林道分岐(自称)12:03太田川源流の碑12:22一服小岩(自称)12:25寺床付近12:25寺床12:25寺床付近12:311164頂12:46958頂12:55880コル(自称)13:22松ノ木峠13:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

松ノ木峠から破線を辿り入渓地点の鉄橋へ。(破線の道は消失してます。)
2016年03月27日 08:00撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ノ木峠から破線を辿り入渓地点の鉄橋へ。(破線の道は消失してます。)
フカ谷の様子。しばらくは河原と滑床が交互につづく。
2016年03月27日 08:35撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フカ谷の様子。しばらくは河原と滑床が交互につづく。
1
フカ谷の様子。丸い岩の上を滝が流れている。
2016年03月27日 09:19撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フカ谷の様子。丸い岩の上を滝が流れている。
1
フカ谷の核心、オオリュウズの滝。四段に分かれているが下からは三段目までしか見えない。
2016年03月27日 09:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フカ谷の核心、オオリュウズの滝。四段に分かれているが下からは三段目までしか見えない。
2
二段目まで登ったが、三段目は全身ずぶ濡れになりそうだったのでここで断念。左岸を高巻いた。
2016年03月27日 09:27撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二段目まで登ったが、三段目は全身ずぶ濡れになりそうだったのでここで断念。左岸を高巻いた。
2
上から4段目の滝を望む。
2016年03月27日 09:40撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から4段目の滝を望む。
1
わさび田の跡。かなり大規模に整備されている。
2016年03月27日 10:00撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わさび田の跡。かなり大規模に整備されている。
参考にした記録ではいずれも藪を避けるため左岸側の林道を迂回していたが、今の時期はまだ藪化しておらずそのまま本流を進んだ。
2016年03月27日 10:08撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参考にした記録ではいずれも藪を避けるため左岸側の林道を迂回していたが、今の時期はまだ藪化しておらずそのまま本流を進んだ。
本流を進むと林道終点に出合う。(終点がちょうど谷を塞ぐような形となっている。)
2016年03月27日 10:11撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流を進むと林道終点に出合う。(終点がちょうど谷を塞ぐような形となっている。)
林道終点の様子。
2016年03月27日 10:14撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点の様子。
林道終点からしばらく小滝が連続する。
2016年03月27日 10:25撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点からしばらく小滝が連続する。
小滝群を登り切るとすだれ状の滝が現れる。
2016年03月27日 10:27撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝群を登り切るとすだれ状の滝が現れる。
1
簾滝をすぎると平凡な河原へ。
2016年03月27日 10:44撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簾滝をすぎると平凡な河原へ。
時折小雪がパラつく。
2016年03月27日 11:04撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折小雪がパラつく。
1
フカ谷の源頭付近。
2016年03月27日 11:06撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フカ谷の源頭付近。
太田川源流の碑。
2016年03月27日 11:10撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太田川源流の碑。
2
吉和冠山着。
2016年03月27日 11:36撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉和冠山着。
3
吉和冠山の展望地より、恐羅漢方面。ガスがかかっていた。下山は松ノ木峠へ。途中猛烈なあられに見舞われた。(ゲリラあられ?)
2016年03月27日 11:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉和冠山の展望地より、恐羅漢方面。ガスがかかっていた。下山は松ノ木峠へ。途中猛烈なあられに見舞われた。(ゲリラあられ?)
2

感想/記録

寒気の影響で気温が低く水が冷たかった。朝方はとくに酷く、長く浸かっていると感覚がなくなるほどであった。なるべく水を浴びないよう慎重に進んだ。
訪問者数:236人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 林道 左岸 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ