ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 836941 全員に公開 山滑走朝日・出羽三山

鍋森~離森山

日程 2016年03月29日(火) [日帰り]
メンバー Phoebus
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
1時間20分
合計
7時間50分
S月山第一トンネル06:3008:40郡境尾根08:5009:40鍋森09:5010:30離森山10:5011:30鍋森12:0013:20郡境尾根13:3014:20月山第一トンネルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今年はどこもそうなのかもしれないが、例年と比べてかなり雪が少なく、このコースも最初のスノーブリッジはいつ崩壊してもおかしくない。(渡る箇所を上流側に変更すれば何とかなるかもしれないが)
その他周辺情報水沢温泉で汗を流した。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

月山第一トンネル脇の駐車場。
天気は雲一つない快晴。
2016年03月29日 06:29撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山第一トンネル脇の駐車場。
天気は雲一つない快晴。
近年はスノーモビルの乗り入れが禁止にされたため、静かな山歩きができるようになった。
2016年03月29日 06:29撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近年はスノーモビルの乗り入れが禁止にされたため、静かな山歩きができるようになった。
残月を望みつつ、スタート。
2016年03月29日 06:27撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残月を望みつつ、スタート。
1
まず白土谷沢を対岸に渡る。例年は膨大な雪で埋まってるのだが、今回はかろうじてスノーブリッジがあるのみ。朝はまだ雪が凍っていたので気楽だったが、帰りが心配。
2016年03月29日 06:44撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず白土谷沢を対岸に渡る。例年は膨大な雪で埋まってるのだが、今回はかろうじてスノーブリッジがあるのみ。朝はまだ雪が凍っていたので気楽だったが、帰りが心配。
白土谷沢の左股に入って最初の枝沢を登る。
途中、顕著な岩峰を右手に望む。
2016年03月29日 07:04撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白土谷沢の左股に入って最初の枝沢を登る。
途中、顕著な岩峰を右手に望む。
枝沢を抜けるとさっそく月山、湯殿山が見渡せる。
天気いいな〜〜〜
2016年03月29日 07:25撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝沢を抜けるとさっそく月山、湯殿山が見渡せる。
天気いいな〜〜〜
4
ブナ林も青空に映えて美しい
2016年03月29日 07:45撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林も青空に映えて美しい
1
登るほど、展望も開けてくる。左が赤見堂岳
2016年03月29日 07:59撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るほど、展望も開けてくる。左が赤見堂岳
1
この山域では珍しく今日はトレースが多い。
2016年03月29日 08:31撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山域では珍しく今日はトレースが多い。
1
動物の足跡も多かった。
ただ、以前多く見られた熊棚は今回は一か所しか見られなかった。たまたま今回だけならいいのだけど・・・
2016年03月29日 08:57撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物の足跡も多かった。
ただ、以前多く見られた熊棚は今回は一か所しか見られなかった。たまたま今回だけならいいのだけど・・・
郡境尾根近く、この辺まで来るとさすがに雪の量はたっぷり。数年前、今は亡きTさんらと雪洞を掘って楽しい一夜を過ごした思い出がある。
2016年03月29日 09:12撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
郡境尾根近く、この辺まで来るとさすがに雪の量はたっぷり。数年前、今は亡きTさんらと雪洞を掘って楽しい一夜を過ごした思い出がある。
6
振り返ると樹影が伸びるブナ林の奥に月山が高い。
2016年03月29日 09:15撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると樹影が伸びるブナ林の奥に月山が高い。
1
鍋森付近からの離森山(左)と北へ続く稜線。
際立った真白い稜線が異次元の空間のよう、すばらしい。
2016年03月29日 09:21撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋森付近からの離森山(左)と北へ続く稜線。
際立った真白い稜線が異次元の空間のよう、すばらしい。
1
こちらは鍋森付近の雪庇と朝日の稜線。
左が以東岳。
2016年03月29日 09:46撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは鍋森付近の雪庇と朝日の稜線。
左が以東岳。
2
以東岳をアップで
2016年03月29日 09:48撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳をアップで
5
汚れを知らない真っ白な離森山の威容。
これほど気高い純白の山は稀有な存在だと思う。
安っぽい流行語じゃないが、美し過ぎる・・・!
2016年03月29日 09:57撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
汚れを知らない真っ白な離森山の威容。
これほど気高い純白の山は稀有な存在だと思う。
安っぽい流行語じゃないが、美し過ぎる・・・!
6
左から赤見堂、小朝日、大朝日、中岳、西朝日、寒江山と続き、右端が以東岳。
普段はこういうパノラマトリミングはしないのだけど、あまりに広いのでやってみました。
2016年03月29日 10:33撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から赤見堂、小朝日、大朝日、中岳、西朝日、寒江山と続き、右端が以東岳。
普段はこういうパノラマトリミングはしないのだけど、あまりに広いのでやってみました。
2
以東岳をアップで。
2016年03月29日 10:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以東岳をアップで。
5
赤見堂岳。
2016年03月29日 10:35撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤見堂岳。
4
こちらは摩耶山、望遠で引っ張る。
2016年03月29日 10:36撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは摩耶山、望遠で引っ張る。
5
眼下には雪で埋まる八久和ダム
2016年03月29日 10:36撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には雪で埋まる八久和ダム
1
鍋森まで戻ってからラーメンとビールタイム。
一人ではちょっと寂しいけど、景色がいいからね〜。
2016年03月29日 11:34撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋森まで戻ってからラーメンとビールタイム。
一人ではちょっと寂しいけど、景色がいいからね〜。
2
あちこちの斜面に亀裂ができていた。
底雪崩の時期である。
2016年03月29日 13:39撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちの斜面に亀裂ができていた。
底雪崩の時期である。
尾根上にだけ残されたように生育するキタゴヨウ。
雪崩れる斜面には生えれないのがよくわかる。
2016年03月29日 13:40撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上にだけ残されたように生育するキタゴヨウ。
雪崩れる斜面には生えれないのがよくわかる。
1
郡境尾根からの下りの途中。奥は石見堂岳。びっちりブナが茂っているが、標高差もあり、山スキーコースとしては鍋森より勝れている
2016年03月29日 13:49撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
郡境尾根からの下りの途中。奥は石見堂岳。びっちりブナが茂っているが、標高差もあり、山スキーコースとしては鍋森より勝れている
さて、問題のスノーブリッジ。スピードを上げて一気に滑り渡ったが、渡り終えて様子を見たらなんと中央に穴が開いていた。明日以降は渡れないだろうな。
2016年03月29日 14:07撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、問題のスノーブリッジ。スピードを上げて一気に滑り渡ったが、渡り終えて様子を見たらなんと中央に穴が開いていた。明日以降は渡れないだろうな。
1
撮影機材:

感想/記録

前日まで仲間と翁山に行く予定だったのだが、仲間が急用ができたとキャンセル。また、今年の異常な雪の少なさもあり、翁山では心もとないし、どこにしようかと悩み、結局、離森山へ。

早朝、月山第一トンネルを出発し、危惧していた白土谷沢を見るとかろうじてスノーブリッジがかかっていた。まだ朝なので雪は凍っているので安心、4〜5人通ったトレースもある。しかし帰りはやばそうだな、と思いつつ、渡り終え、そのまま上流部へ。
その後は問題なく枝沢を詰めて雪の尾根を登ってゆく。

鍋森は2年前にもSさん、Gさんを連れて来ているところで、また、過去にも雪洞を掘って宴会したり、日帰り山スキーを楽しんだりと思い出のいっぱいつまっている場所だ。

今回は久しぶりにその奥の離森山まで足を延ばす。
こちらは真っ白な雪の稜線がすばらしく、異次元の美しさを見せている。ただ、鍋森一帯に言えることだが、小さなアップダウンがけっこうあるので、シールを外すかどうかの判断がとにかくわずらわしい。
今回は雪質が最悪のモナカだったので滑りは半分あきらめ、郡境尾根のジャンクションまでシールで下り、滑りはその後のみとなった。

それでもなお、離森山一帯の雪稜はすばらしい。
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ