ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 836970 全員に公開 ハイキング奥武蔵

名郷ー天狗岩ー武川岳ー妻坂峠ー大持山ー小持山ー武甲山ー浦山口

日程 2016年03月29日(火) [日帰り]
メンバー kanao_y
天候晴れ・曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
東飯能駅 7:48 名郷行き
浦山口 16:30
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
57分
合計
7時間22分
S蕨山登山口08:4209:46天狗岩09:5410:26前武川岳10:2710:38武川岳10:4011:04妻坂峠11:2312:14大持山の肩12:1912:25大持山12:2613:04小持山13:0913:35シラジクボ13:58シラジクボとの分岐14:01武甲山14:1514:18シラジクボとの分岐14:1914:45長者屋敷の頭15:32橋立林道終点15:58札所28番 橋立堂/橋立鍾乳洞15:5916:04浦山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日に雪が降ったようでぬかるんでいる所が多かったです。
大持山ー小持山間は雪が残っていました。シャーベット状になって滑り易くなっていました。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

出発点の名郷バス停
2016年03月29日 08:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発点の名郷バス停
天狗岩・武川岳登山道入口方面に向かいます。
2016年03月29日 08:43撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩・武川岳登山道入口方面に向かいます。
白壁の土蔵を過ぎ
2016年03月29日 08:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白壁の土蔵を過ぎ
2
右に曲がって西山荘への道路に入ります。
2016年03月29日 08:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に曲がって西山荘への道路に入ります。
天狗岩・武川岳への看板があります。
2016年03月29日 08:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩・武川岳への看板があります。
案内板に従い登っていくと2度目の舗装路に出た先に登山道への登り口があります。
2016年03月29日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板に従い登っていくと2度目の舗装路に出た先に登山道への登り口があります。
日があまり差さない植林帯を登っていきます。
2016年03月29日 09:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日があまり差さない植林帯を登っていきます。
迂回路の急な登りの始まり。
2016年03月29日 09:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路の急な登りの始まり。
尾根筋に出ました。
2016年03月29日 09:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋に出ました。
1
岩場の始まり
2016年03月29日 09:34撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の始まり
天狗岩下に到着。今回は左の男坂を登ります。
2016年03月29日 09:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩下に到着。今回は左の男坂を登ります。
2
10分程の岩登りで天狗岩頂上。バス停出発から約1時間10分。
2016年03月29日 09:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分程の岩登りで天狗岩頂上。バス停出発から約1時間10分。
1
天狗岩頂上から大持山方面。右の武甲山山頂には雲がかかっているようです。
2016年03月29日 09:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩頂上から大持山方面。右の武甲山山頂には雲がかかっているようです。
きつい登りを経て前武川岳。天狗岩から約35分。山伏峠への分岐となります。
2016年03月29日 10:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きつい登りを経て前武川岳。天狗岩から約35分。山伏峠への分岐となります。
10分ちょっとで武川岳。バス停から約2時間。背後には武甲山も見えます。
2016年03月29日 10:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ちょっとで武川岳。バス停から約2時間。背後には武甲山も見えます。
3
妻坂峠への檄下りがほぼ終了した地点の看板。上方から下ってきました。
2016年03月29日 11:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠への檄下りがほぼ終了した地点の看板。上方から下ってきました。
1
妻坂峠。武川岳から25分。212mの下りです。前方、大持山方面。右に下れば一の鳥居。ここで昼食休憩。
2016年03月29日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠。武川岳から25分。212mの下りです。前方、大持山方面。右に下れば一の鳥居。ここで昼食休憩。
妻坂峠から望む武甲山。
2016年03月29日 11:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠から望む武甲山。
3
大持山への登り返し。妻坂峠から大持山へは標高差455mの登り。
2016年03月29日 11:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山への登り返し。妻坂峠から大持山へは標高差455mの登り。
1
大持山への登り返しの途中から振り返って武川岳。
2016年03月29日 11:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山への登り返しの途中から振り返って武川岳。
大持山の肩に到着。妻坂峠から50分の登り。
2016年03月29日 12:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山の肩に到着。妻坂峠から50分の登り。
関東平野は霞んで望めません。
2016年03月29日 12:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東平野は霞んで望めません。
1
武川岳と稜線が望めます。
2016年03月29日 12:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳と稜線が望めます。
1
10分もかからず大持山山頂。バス停から3時間40分。
2016年03月29日 12:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分もかからず大持山山頂。バス停から3時間40分。
2
山頂から南西方向。長沢背稜、雲取山方面と思われます。
2016年03月29日 12:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から南西方向。長沢背稜、雲取山方面と思われます。
小持山への登山道。所々に前日に降ったらしい雪が残っていました。
2016年03月29日 12:30撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山への登山道。所々に前日に降ったらしい雪が残っていました。
3
雨乞岩からの眺め
2016年03月29日 12:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岩からの眺め
1
武甲山。
2016年03月29日 12:47撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山。
3
岩場もありました。ここはロープを使わず正面を登り右に跨ぎました。
2016年03月29日 12:56撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場もありました。ここはロープを使わず正面を登り右に跨ぎました。
小持山かと思いましたが違いました。右に巻き道があります。
2016年03月29日 12:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山かと思いましたが違いました。右に巻き道があります。
小持山。大持山から40分。
2016年03月29日 13:05撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山。大持山から40分。
1
小持山から望む武甲山。
2016年03月29日 13:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山から望む武甲山。
小持山から少し下った場所からの武甲山。左右対称の山形です。
2016年03月29日 13:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小持山から少し下った場所からの武甲山。左右対称の山形です。
6
シラジクボ。標高差185m、30分弱の下り。ここから武甲山山頂までは標高差216mの登り。
2016年03月29日 13:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラジクボ。標高差185m、30分弱の下り。ここから武甲山山頂までは標高差216mの登り。
30分の登りで武甲山。ここまで5時間20分歩いて来ました。誰もいない山頂でしたがこの後2名到着しました。
2016年03月29日 14:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分の登りで武甲山。ここまで5時間20分歩いて来ました。誰もいない山頂でしたがこの後2名到着しました。
2
下りは裏参道を下ります。
2016年03月29日 14:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは裏参道を下ります。
長者屋敷ノ頭の道標がある地点。山頂から340m近く下りました。
2016年03月29日 14:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者屋敷ノ頭の道標がある地点。山頂から340m近く下りました。
尾根から沢へ下る分岐。右の看板が気になります。
2016年03月29日 15:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から沢へ下る分岐。右の看板が気になります。
急で岩や木の根で滑り易い登山道を下りてきました。ここも標高差200m以上の下りでした。
2016年03月29日 15:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急で岩や木の根で滑り易い登山道を下りてきました。ここも標高差200m以上の下りでした。
後は沢沿いの登山道を歩きます。途中、崩落箇所があり倒木や岩が登山道上にありましたが、特に危険無く乗り越えられました。
2016年03月29日 15:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は沢沿いの登山道を歩きます。途中、崩落箇所があり倒木や岩が登山道上にありましたが、特に危険無く乗り越えられました。
林道終了地点。後は林道歩きです。
2016年03月29日 15:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終了地点。後は林道歩きです。
浦山口駅到着。約7時間半の山行でした。
2016年03月29日 16:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浦山口駅到着。約7時間半の山行でした。
1
撮影機材:

感想/記録

名郷から武甲山を目指しました。

大持山までは今回と同じ天狗岩・武川岳ルートで昨年1月に歩いています。その時は、大持山でUターンしウノタワ、鳥首峠を経由して名郷に戻りました。日没時間を考慮し早めの下山をしたかったからです。
今回は日も伸びているので大持山から武甲山まで歩くことにしました。

また武甲山へは昨年3月と12月に浦山口から裏参道で登っています。3月は大持山、ウノタワ、有間山(橋小屋ノ頭)を経て名栗まで、また12月は表参道を下り横瀬まで歩きました。武甲山からの下りは舗装路(林道)歩きが短い裏参道を下ることにしました。

天候は登り始めは晴れていましたが、昼頃から雲が多くなりました。武川岳山頂からの登山道では冷たい風が出てきて停止中は冷えを感じるような気候でした。

前日に降ったらしい雪が融けたためかぬかるみが多く見られ、下りだけでなく登りも急な所ではスリップしそうになりました。

大持山から小持山にかけては所々雪が残っていました。登山道上はほとんどシャーベット状になっていて滑り易く、特に下りでは気を遣いました。

今回の山行で出会ったのは4人だけでした。全て単独行のシニアの男性でした。団体で登るような時期には早いのでしょう。

データを整理してこのコースの特徴がよくわかりました。
1点目はアップダウンの繰り返しです。
武川岳↘妻坂峠↗大持山間は212m下り、455m登ります。更に小持山↘シラジクボ↗武甲山間は185m下り、216m登ります。
これだけのアップダウンを繰り返すコースはいくらも無いと思います。
2点目は削られていない武甲山をずっと見て歩けることです。
小持山から眺める武甲山は形のきれいな山と思います。
訪問者数:416人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 崩落 倒木 巻き道 タワ 山行 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ