ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837004 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

イブネ・クラシ〜雨乞岳 (朝明渓谷からクラシ北尾根を経由して周回)

日程 2016年03月29日(火) [日帰り]
メンバー hushiyama
天候午前中,快晴でしたが,お昼ごろから次第に雲が多くなる。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東名阪道・四日市東ICから約18キロ。
朝明渓谷の観光駐車場(料金 500円)に駐めました。
(183K)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間38分
休憩
1時間9分
合計
7時間47分
S朝明駐車場06:3707:27中峠07:2907:54大瀞07:5908:16お金谷出合08:37お金峠08:4509:01作ノ峰09:12ワサビ峠09:1310:00クラシ10:0110:09イブネ北端10:1110:16イブネ10:4710:58佐目峠11:10杉峠の頭11:16杉峠11:39雨乞岳11:4612:02杉峠12:57コクイ谷出合13:32根の平峠13:4414:24朝明駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
このコースの核心部は,クラシ北尾根だと思っていました。
実際,ワサビ峠から先のヤセ尾根やクラジャンでは,
岩をへつるような箇所もあり,立ち木をつかんで強引に登るような箇所もありました。

しかし,この日,ボクが一番緊張したのは,大瀞の神崎川の渡渉でした。
岩が茶色に濡れて,いかにもヌルヌル滑りそう。
どこを渡るのが一番安全か,かなり迷って躊躇して,
「滑らないでくれ…」と祈るような気持ちで,向こうの岩に跳び乗って,
渡り終えたときには,ほんと〜にホッとしました。
このコースの核心部は,ボクにとってはこの神崎川の渡渉でした。
その他周辺情報アクアイグニスでお風呂(大人600円)
休日はいつも大賑わいなのでスルーしていましたが,
今日は平日だったので初めて行ってみました。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

朝明渓谷の駐車場に車を駐めて,出発です。雲ひとつない晴天です。
2016年03月29日 06:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明渓谷の駐車場に車を駐めて,出発です。雲ひとつない晴天です。
1
すぐ近くに,アセビの花が咲いていました。そういう時期ですね。
2016年03月29日 06:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くに,アセビの花が咲いていました。そういう時期ですね。
中峠へ向かいます。
2016年03月29日 06:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠へ向かいます。
曙滝の横を通過。
2016年03月29日 07:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曙滝の横を通過。
1
そこからガレ場の登高。
2016年03月29日 07:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからガレ場の登高。
2
中峠に到着しました。
2016年03月29日 07:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠に到着しました。
4
ふり返ると,遠くに光る伊勢湾。
2016年03月29日 07:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返ると,遠くに光る伊勢湾。
2
釈迦ヶ岳が顔をのぞかせています。
2016年03月29日 07:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳が顔をのぞかせています。
4
中峠から下水晶谷を下っていきます。木々の間から見えるクラシ。
2016年03月29日 07:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠から下水晶谷を下っていきます。木々の間から見えるクラシ。
3
大瀞まで下ってきました。この先は…。
2016年03月29日 07:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大瀞まで下ってきました。この先は…。
2
大瀞を渡る鉄橋はこんな感じ。「そーっと行けば,渡れるかも」と思わないでもないですが,もちろんそんな怖いことしません。
2016年03月29日 07:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大瀞を渡る鉄橋はこんな感じ。「そーっと行けば,渡れるかも」と思わないでもないですが,もちろんそんな怖いことしません。
2
神崎川の渡渉地点を渡り終えて,ふり返る。中央の濡れた岩に乗るときが一番ドキドキした。このコースの核心部はここでした!
2016年03月29日 07:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神崎川の渡渉地点を渡り終えて,ふり返る。中央の濡れた岩に乗るときが一番ドキドキした。このコースの核心部はここでした!
8
ホントに渡れてホッとした〜。大瀞をながめる。
2016年03月29日 07:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホントに渡れてホッとした〜。大瀞をながめる。
3
神崎川左岸に少し登って,右のほう,ヒロ沢方面へ。
2016年03月29日 08:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神崎川左岸に少し登って,右のほう,ヒロ沢方面へ。
15分ほどでお金谷出合。ここから赤テープをひろいながら,左手奥へ入っていきます。
2016年03月29日 08:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほどでお金谷出合。ここから赤テープをひろいながら,左手奥へ入っていきます。
2
「お金明神はどこ?」と思ってるうちに,お金峠に着いてしまいました。
2016年03月29日 08:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「お金明神はどこ?」と思ってるうちに,お金峠に着いてしまいました。
2
さぁ,ここからクラシ北尾根です。
2016年03月29日 08:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ,ここからクラシ北尾根です。
1
作ノ峰(948m)を通過します。
2016年03月29日 09:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作ノ峰(948m)を通過します。
2
左手に,御在所岳がきれいに見えてます。
2016年03月29日 09:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に,御在所岳がきれいに見えてます。
4
P965mを越えて,ワサビ峠に着きました。
2016年03月29日 09:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P965mを越えて,ワサビ峠に着きました。
1
その先,だんだんと尾根がやせていきます。急登は,立ち木をつかんで登ります。
2016年03月29日 09:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先,だんだんと尾根がやせていきます。急登は,立ち木をつかんで登ります。
3
岩尾根をへつって…。
2016年03月29日 09:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩尾根をへつって…。
おお,まだ雪が残っていました。
2016年03月29日 09:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお,まだ雪が残っていました。
1
そして,最後の難所・クラジャンがもう目の前。
2016年03月29日 09:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして,最後の難所・クラジャンがもう目の前。
5
北のほうには,銚子ヶ口。
2016年03月29日 09:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北のほうには,銚子ヶ口。
4
クラジャンの登り。立ち木や根っこをつかんでグイグイ登りました。
2016年03月29日 09:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラジャンの登り。立ち木や根っこをつかんでグイグイ登りました。
3
登り終えたところでふり返ると,釈迦ヶ岳から,その向こうに三池岳や竜ヶ岳が見える。
2016年03月29日 09:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り終えたところでふり返ると,釈迦ヶ岳から,その向こうに三池岳や竜ヶ岳が見える。
3
クラシの平坦部に出てきました。明るい尾根道。
2016年03月29日 09:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシの平坦部に出てきました。明るい尾根道。
2
分岐から,一応「クラシ」のほうへ。
2016年03月29日 09:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から,一応「クラシ」のほうへ。
2
前回来たときにも思ったけど,本当にここがクラシの山頂なんでしょうか?
2016年03月29日 09:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回来たときにも思ったけど,本当にここがクラシの山頂なんでしょうか?
2
もどって,イブネのほうへ向かいます。この広々とした開放的な大地。気持ちいいなぁ。
2016年03月29日 10:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もどって,イブネのほうへ向かいます。この広々とした開放的な大地。気持ちいいなぁ。
4
ふり返って,銚子ヶ口。
2016年03月29日 10:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふり返って,銚子ヶ口。
4
ちょっとした谷間をはさんで,むこうがチョウシ。
2016年03月29日 10:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした谷間をはさんで,むこうがチョウシ。
4
イブネ北端から,クラシの向こうに釈迦ヶ岳。
2016年03月29日 10:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ北端から,クラシの向こうに釈迦ヶ岳。
3
イブネ北端から雨乞岳。きれいな双耳峰ですね。
2016年03月29日 10:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ北端から雨乞岳。きれいな双耳峰ですね。
4
イブネから御在所岳と鎌ヶ岳。
2016年03月29日 10:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネから御在所岳と鎌ヶ岳。
5
イブネの枯れ草の上に座って,お昼ごはんです。
2016年03月29日 10:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネの枯れ草の上に座って,お昼ごはんです。
3
次は雨乞岳をめざしましょう。
2016年03月29日 10:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は雨乞岳をめざしましょう。
2
「イブネ」の標識がここに…。
2016年03月29日 10:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「イブネ」の標識がここに…。
1
ここやあそこにも。イブネ・クラシはやっぱりいいところですね。
2016年03月29日 10:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここやあそこにも。イブネ・クラシはやっぱりいいところですね。
3
佐目峠へ下っていきます。正面には雨乞がますます大きく。
2016年03月29日 10:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐目峠へ下っていきます。正面には雨乞がますます大きく。
2
佐目峠を通過。
2016年03月29日 10:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐目峠を通過。
1
杉峠の頭からの雨乞岳。
2016年03月29日 11:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠の頭からの雨乞岳。
2
杉峠に到着しました。すぐに雨乞岳へ登り返し。
2016年03月29日 11:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠に到着しました。すぐに雨乞岳へ登り返し。
2
グイグイ登って,雨乞岳山頂が間近に。
2016年03月29日 11:34撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グイグイ登って,雨乞岳山頂が間近に。
2
雨乞岳山頂(1238m)に着きました。
2016年03月29日 11:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳山頂(1238m)に着きました。
5
東雨乞岳のむこうに,御在所岳や釈迦ヶ岳。
2016年03月29日 11:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳のむこうに,御在所岳や釈迦ヶ岳。
2
鎌ヶ岳も見えますね。
2016年03月29日 11:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳も見えますね。
2
山頂をあとに戻っていくと,イブネ・クラシの向こうには銚子ヶ口。
2016年03月29日 11:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂をあとに戻っていくと,イブネ・クラシの向こうには銚子ヶ口。
3
杉峠に戻ってきました。
2016年03月29日 12:02撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠に戻ってきました。
1
あとは,朝明渓谷へ帰っていきます。
2016年03月29日 12:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは,朝明渓谷へ帰っていきます。
1
まるで幕営指定地のようなところがありました。
2016年03月29日 12:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで幕営指定地のようなところがありました。
2
御池鉱山の跡。近くには石垣や石段がたくさん残っています。
2016年03月29日 12:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池鉱山の跡。近くには石垣や石段がたくさん残っています。
2
神崎川沿いに歩いて,根ノ平峠をめざします。
2016年03月29日 13:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神崎川沿いに歩いて,根ノ平峠をめざします。
根ノ平峠に到着。
2016年03月29日 13:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根ノ平峠に到着。
1
朝明渓谷まで帰ってきました。今日もたのしかった。お疲れさまでした〜。
2016年03月29日 14:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝明渓谷まで帰ってきました。今日もたのしかった。お疲れさまでした〜。
4

感想/記録

昨年12月に,銚子ヶ口を通ってチョウシまで歩いたとき,
「近いうちに,またイブネやクラシにも行きたいな」と思いました。
イブネ・クラシの広々とした開放的な大地は,言うなれば「鈴鹿の雲ノ平」。
2年前の12月に,武平峠から雨乞岳を経由して初めてそこを訪れたとき,
「おお〜,鈴鹿にこんなところがあったのか!」と感動したことを思い出します。

さて今回は,朝明渓谷からクラシ北尾根を経由してイブネ・クラシをめざすコース。
ヤマレコでも,このコースを歩かれているレコをときどき見ましたが,
クラシ北尾根はやせた岩尾根の箇所もあるようで,それもたのしみでした。

朝から雲ひとつない晴天のもと,朝明渓谷の駐車場を出発し,
中峠を越えて,神崎川の大瀞へ。
ボクは沢の渡渉が得意ではないので,このポイントには最初から不安を感じていましたが,
案の定,濡れて茶色くなった岩を「せ〜の」で渡っていかなければなりません。
「岩に乗った瞬間に,ツルッとすべってドボン」が怖くて,おじけづきます。
「靴をぬいで渡ろうか」とも思いましたが,けっこうな深さがありそうです。
結局は,岩を跳んでなんとか渡ることができました。
ボクにとって,この日の核心部は,明らかにこの渡渉でしたね。

神崎川を渡って,左岸をお金谷の出合まで,
そこからお金明神をみて,お金峠へ出るつもりでしたが,見損なってしまいました。
仕方がありません。お金明神はまたの機会に…。
そして,お金峠からのクラシ北尾根。
岩をつかみ,立ち木をつかんでグイグイ登る箇所も多くて,なかなか楽しめました。

尾根を登り切ったところには,それとは対照的にイブネ〜クラシのひろびろ空間。
イブネの枯れた草原に座って,靴をぬいで,のんびりお昼を食べました。
ボクも「今度はテントをもってここへ来よう」と思いましたね。

そのあと,予定では杉峠から根ノ平峠へ向かうつもりでしたが,
天気もよく,時間にも余裕があったので,雨乞岳をピストンしました。
ここには,道にまだ少し雪が残っていて,ぬかるみもあり,
ボクの靴のすり減った底では,ズルズルとすべってちょっとやっかいでした。

戻った杉峠からは,根ノ平峠を経由して朝明渓谷へ。
いいお天気のもと,久しぶりのイブネでゆっくりして,春の一日を満喫できました。
訪問者数:436人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ