ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837182 全員に公開 雪山ハイキング大山・蒜山

残雪の氷ノ山と赤倉山(親水公園〜赤倉山〜氷ノ山〜東尾根周回)

日程 2016年03月29日(火) [日帰り]
メンバー ymgoro
天候快晴(2〜12℃、頂上避難小屋6.5℃)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北近畿豊岡自動車道八鹿氷ノ山IC→R9に入り、関神社前(交差点)で左折→県道87号線に入り西進。親水公園の小さい道路標識(白色)にしたがって左折してみちなりに進むと親水公園。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間37分
休憩
2時間0分
合計
7時間37分
S福定親水公園07:1707:35布滝07:4908:16地蔵堂08:25木地屋跡08:3109:20氷ノ山越09:2409:41赤倉山09:5210:04氷ノ山越10:1511:06仙谷分岐11:16こしき岩11:2211:34氷ノ山12:2213:34一の谷休憩所14:01東尾根避難小屋14:0314:24東尾根登山口14:3514:37氷ノ山スキー場セントラルロッジ14:4414:54福定親水公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
11:34〜12:22 氷ノ山頂上で昼食
コース状況/
危険箇所等
[親水公園〜アルミ&スティール階段]→標識のある登山道
ほとんど雪のない登山道。

[アルミ&スティール階段〜氷ノ山越]
最初の1/3ほどは雪があったり無かったりのミックス路になっているが、トレースがあるので迷うことはない。残りの2/3は雪道となるが、引き続きトレースを追っていくと氷ノ山越に着く。ツボ足で歩いたが雪がしまっているので滑ることはなかった。

[氷ノ山越〜赤倉山]→ピストンなので往路のみ説明する
氷ノ山越から分岐(概念図参照)までは縦走路で、縦走路もトレースがうっすら残っていたので、このトレースを追っていく。分岐から赤倉山まではトレースがなかったので、GPSで方向を確認して残雪上をツボ足で進む。頂上近くの2mほどは笹藪の中を登る。

[氷ノ山越〜頂上]→標識のある登山道
念のため氷ノ山越で軽アイゼンを装着したが、ツボ足で歩いても、雪がしまっているので滑ることはほとんどない。トレースが続いているのでトレースを追っていく。標識もほとんど雪から出ているので迷うことはない。

[頂上〜一の谷水飲み場(下山ルート)]→一部冬道(概念図参照)
頂上から続いているトレースを追っていったが、途中雪の少ないところでトレースを見失った。GPSで現在位置を確認しながら下りていくと、右前方にトレースが見えてきた。トレースに合流した後は雪の少ないところはなく、雪の無くなる一の谷水飲み場までずっとトレースは続いていた。一の谷水飲み場で雪が無くなったので軽アイゼンを外した。

[一の谷水飲み場〜東尾根登山口(下山ルート)]→雪のない登山道
標識のある登山道。迷うことはない。

[東尾根登山口〜親水公園(下山ルート)]→林道
デポしておいた自転車で走行
その他周辺情報R9沿いの道の駅但馬楽座にやぶ温泉(入浴料500円)がある。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 帽子 ザック 軽アイゼン 昼ご飯 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ 軍手 コンロ

写真

概念図です。図をクリックして、「元サイズ」をクリックすると拡大します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
概念図です。図をクリックして、「元サイズ」をクリックすると拡大します。
2
福定親水公園の駐車場に駐車して、出発します。トイレの戸は閉まっていてトイレはまだ使用できません。
2016年03月29日 07:18撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福定親水公園の駐車場に駐車して、出発します。トイレの戸は閉まっていてトイレはまだ使用できません。
1
福定親水公園の駐車場にあった案内板です。
2016年03月29日 07:19撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福定親水公園の駐車場にあった案内板です。
八木川の河原から歩き始めます。
2016年03月29日 07:26撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八木川の河原から歩き始めます。
河原の石にある矢印の通り進みます。
2016年03月29日 07:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原の石にある矢印の通り進みます。
河原の木橋は水に流されずしっかり設置されています。
2016年03月29日 07:30撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原の木橋は水に流されずしっかり設置されています。
1
橋の向こうに布滝が見えています。橋まで行って布滝の写真を撮り、またここに戻って矢印のように進んで「28曲がり」の坂を登ります。
2016年03月29日 07:34撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の向こうに布滝が見えています。橋まで行って布滝の写真を撮り、またここに戻って矢印のように進んで「28曲がり」の坂を登ります。
1
橋から撮った布滝。
2016年03月29日 07:36撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋から撮った布滝。
3
遭難者安全祈願のお地蔵様に一礼してからまた坂を登ります。
2016年03月29日 07:47撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遭難者安全祈願のお地蔵様に一礼してからまた坂を登ります。
1
「28曲がり」の坂の様子。
2016年03月29日 08:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「28曲がり」の坂の様子。
1
連樹。次の写真の説明板を参照して下さい。
2016年03月29日 08:06撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連樹。次の写真の説明板を参照して下さい。
連樹の説明板
2016年03月29日 08:06撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連樹の説明板
地蔵堂に到着。
2016年03月29日 08:15撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵堂に到着。
1
地蔵堂の中のお地蔵様
2016年03月29日 08:16撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵堂の中のお地蔵様
2
アルミとスティールの階段も雪に流されずしっかり設置されています。
2016年03月29日 08:25撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルミとスティールの階段も雪に流されずしっかり設置されています。
1
アルミとスティールの階段から雪が多くなってきた。
2016年03月29日 08:27撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルミとスティールの階段から雪が多くなってきた。
日当たりの良いところは雪がなかった。
2016年03月29日 08:34撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりの良いところは雪がなかった。
1
この辺りから雪道となり、雪がないところがなくなった。雪はよくしまっているので、ツボ足のままで歩く。
2016年03月29日 08:48撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから雪道となり、雪がないところがなくなった。雪はよくしまっているので、ツボ足のままで歩く。
1
とうろう岩の見えるところから頂上の避難小屋が見えた。次の写真参照。
2016年03月29日 08:52撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうろう岩の見えるところから頂上の避難小屋が見えた。次の写真参照。
頂上の避難小屋
2016年03月29日 08:52撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の避難小屋
2
氷ノ山越の避難小屋が見えた。
2016年03月29日 09:19撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山越の避難小屋が見えた。
1
氷ノ山越のお地蔵様に一礼した後、真っ直ぐ進んで赤倉山に向かう。
2016年03月29日 09:21撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山越のお地蔵様に一礼した後、真っ直ぐ進んで赤倉山に向かう。
3
氷ノ山越⇄大平頭の標識の手前から左折して、赤倉山に向かう。(復路で撮影)
2016年03月29日 10:00撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山越⇄大平頭の標識の手前から左折して、赤倉山に向かう。(復路で撮影)
1
白○で囲んだ杉の木の間を目指して登る。(復路で撮影)
2016年03月29日 10:00撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白○で囲んだ杉の木の間を目指して登る。(復路で撮影)
2
白○で囲んだ杉の木に少し近づいた。(復路で撮影)
2016年03月29日 09:58撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白○で囲んだ杉の木に少し近づいた。(復路で撮影)
2
写真のような藪の中を2mほど登ると頂上近くの尾根に出る。
2016年03月29日 09:42撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真のような藪の中を2mほど登ると頂上近くの尾根に出る。
1
尾根を東方向に進むとすぐに赤倉山山頂に到着した。赤倉山山頂には標石があった。
2016年03月29日 09:45撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を東方向に進むとすぐに赤倉山山頂に到着した。赤倉山山頂には標石があった。
2
赤倉山山頂の標石のアップ。標石に図根の字があるのでこの標石は図根点標石。
2016年03月29日 09:45撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山山頂の標石のアップ。標石に図根の字があるのでこの標石は図根点標石。
2
赤倉山山頂から少し東方向に進むと赤い「国有林の境界見出標」の下に前の写真の図根点標石よりやや細い標石(国有林標石)があった。次の写真参照。
2016年03月29日 09:46撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山山頂から少し東方向に進むと赤い「国有林の境界見出標」の下に前の写真の図根点標石よりやや細い標石(国有林標石)があった。次の写真参照。
国有林の境界見出標の下にあった国有林標石
2016年03月29日 09:46撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国有林の境界見出標の下にあった国有林標石
国有林標石から東方向の様子。尾根が少しだけ続いている。
2016年03月29日 09:47撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国有林標石から東方向の様子。尾根が少しだけ続いている。
奥の残雪が尾根の登り口。奥の残雪から下山する。
2016年03月29日 09:49撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の残雪が尾根の登り口。奥の残雪から下山する。
頂上近くの尾根から氷ノ山を撮る。
2016年03月29日 09:50撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上近くの尾根から氷ノ山を撮る。
2
赤倉山から少し下りたところから氷ノ山を撮る。自分のトレースを辿って氷ノ山越に戻る。
2016年03月29日 09:55撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山から少し下りたところから氷ノ山を撮る。自分のトレースを辿って氷ノ山越に戻る。
1
氷ノ山越から軽アイゼンを装着して歩いた。赤倉山を振り返って撮る。
2016年03月29日 10:24撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山越から軽アイゼンを装着して歩いた。赤倉山を振り返って撮る。
途中の尾根に雪だるまがあった。
2016年03月29日 10:37撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の尾根に雪だるまがあった。
1
標柱が見えている。
2016年03月29日 10:41撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱が見えている。
1
頂上まであと1.0kmの地点
2016年03月29日 10:56撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上まであと1.0kmの地点
頂上の避難小屋とこしき岩が見えた。
2016年03月29日 11:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の避難小屋とこしき岩が見えた。
2
こしき岩に近づいた。見えている案内板のところが仙谷登山道の分岐。
2016年03月29日 11:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こしき岩に近づいた。見えている案内板のところが仙谷登山道の分岐。
仙谷登山道の分岐で二人の登山者に追い抜かれた。
2016年03月29日 11:11撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙谷登山道の分岐で二人の登山者に追い抜かれた。
1
こしき岩下のトラバース。滑るようなところはないが注意して通る。
2016年03月29日 11:15撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こしき岩下のトラバース。滑るようなところはないが注意して通る。
1
頂上手前の尾根から北西〜北方向の展望。
2016年03月29日 11:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前の尾根から北西〜北方向の展望。
1
扇ノ山と赤倉山のアップ
2016年03月29日 11:21撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇ノ山と赤倉山のアップ
2
頂上の避難小屋に到着。ここで食事を取る。避難小屋で7名の登山者と出会いました。
2016年03月29日 11:35撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の避難小屋に到着。ここで食事を取る。避難小屋で7名の登山者と出会いました。
4
頂上から北東〜東方向の展望。右端は東尾根。
2016年03月29日 12:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から北東〜東方向の展望。右端は東尾根。
1
頂上から南東方向の展望。
2016年03月29日 11:36撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から南東方向の展望。
1
頂上から南〜南西方向の展望。
2016年03月29日 11:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から南〜南西方向の展望。
1
東尾根から下山します。
2016年03月29日 12:25撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根から下山します。
頂上を振り返って撮る。
2016年03月29日 12:25撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を振り返って撮る。
1
千年杉。
2016年03月29日 12:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千年杉。
1
頂上から0.5kmの標識付近
2016年03月29日 12:34撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から0.5kmの標識付近
この辺りは冬道。トレースを辿って下りる。
2016年03月29日 12:45撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは冬道。トレースを辿って下りる。
1
雪の少ないところでトレースを見失った。(ここは冬道)
2016年03月29日 12:47撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の少ないところでトレースを見失った。(ここは冬道)
この少し前でトレースに合流した。(ここは冬道)
2016年03月29日 12:53撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この少し前でトレースに合流した。(ここは冬道)
2
冬道には笹が少し出ているところもあった。
2016年03月29日 12:56撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬道には笹が少し出ているところもあった。
このあたりは雪が腐っていて、一回だけ膝まで足が沈んだ。
2016年03月29日 13:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは雪が腐っていて、一回だけ膝まで足が沈んだ。
一の谷水飲み場の北側に少しだけつららが見られた。
2016年03月29日 13:16撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷水飲み場の北側に少しだけつららが見られた。
1
一の谷水飲み場を過ぎたところから雪が無くなったのでここで軽アイゼンを外した。
2016年03月29日 13:16撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷水飲み場を過ぎたところから雪が無くなったのでここで軽アイゼンを外した。
1
雪が少し残っているところはドロドロになっていた。
2016年03月29日 13:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が少し残っているところはドロドロになっていた。
一の谷休憩所付近からは道も乾いてきた。
2016年03月29日 13:30撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の谷休憩所付近からは道も乾いてきた。
1
東尾根避難小屋手前の尾根の様子。
2016年03月29日 13:36撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋手前の尾根の様子。
東尾根避難小屋手前の尾根にあった大きなブナ。
2016年03月29日 13:38撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋手前の尾根にあった大きなブナ。
1
東尾根避難小屋が見えた。
2016年03月29日 13:58撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋が見えた。
2
東尾根避難小屋から見えた氷ノ山頂上付近。
2016年03月29日 14:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋から見えた氷ノ山頂上付近。
1
東尾根避難小屋の裏から矢印のように左折して下山する。
2016年03月29日 14:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋の裏から矢印のように左折して下山する。
1
東尾根避難小屋の裏からの下山道は最初は丸太階段になっていて、植林中を下りていく。
2016年03月29日 14:04撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根避難小屋の裏からの下山道は最初は丸太階段になっていて、植林中を下りていく。
1
東尾根登山口の近くは自然林になっている。
2016年03月29日 14:17撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根登山口の近くは自然林になっている。
1
東尾根登山口に下りてきました。ここから親水公園までは尾根登山口にデポした自転車で戻ります。
2016年03月29日 14:24撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根登山口に下りてきました。ここから親水公園までは尾根登山口にデポした自転車で戻ります。
1
右側は氷ノ山国際スキー場
2016年03月29日 14:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側は氷ノ山国際スキー場
親水公園の駐車場が見えました。
2016年03月29日 14:53撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親水公園の駐車場が見えました。
2
帰り道、福定から氷ノ山を撮る。
2016年03月29日 15:15撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道、福定から氷ノ山を撮る。
4

感想/記録
by ymgoro

1.chikakuさんのレコ(2016.03.20)を参考にして、氷ノ山を親水公園から周回し、併せてまだ登ったことのない赤倉山も登りました。(親水公園から氷ノ山越までは冬期通行禁止ですが、今年は雪が少ないので、この残雪期はなんとか通行できるようです。)

2.縦走路から赤倉山のルートにはトレースは残っていませんでしたのでGPSを見ながら登りました。幸い残雪があったので、2mほど笹藪の中を登るだけで登頂できました。

3.東尾根を下山中、雪の少ないところでトレースを見失いましたが、幸いにもすぐにトレースが見つかったので、あまり迷うことなく下山できました。東尾根の冬道はルートファインディングが難しいです。

4.温度が高く風もあまりなかったので、ほとんど冬用のアンダーウェア1枚だけで大丈夫だった。手袋は軍手を使用。

5.平日にもかかわらず7名の登山者と出会いました。氷ノ山はやはり人気の山です。(駐車場の車から判断すると出会った登山者の他に4名以上の登山者が登られているはずです。)
訪問者数:641人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ