ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837259 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

【甲相国境尾根縦走】やっと会えた1か月半ぶりの富士山(西丹沢自然教室〜畦ヶ丸〜菰釣山〜高指山〜平野)

日程 2016年03月30日(水) [日帰り]
メンバー dai_t
天候終日、薄曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
■行き
 小田急小田原線急行・小田原行
 05:46 新宿発
 07:03 新松田着

 富士急湘南バス・西丹沢自然教室行(1,180円)
 07:15 新松田駅発
 08:26 西丹沢自然教室着
 谷峨駅を過ぎたところでは、全部で30名くらいの乗客。
 平日なのに人の多さにびっくり。
 西丹沢自然教室まで乗っていたのは10名弱。

■帰り
 下山時に、平野から新宿行きの高速バスを電話で予約しようとするも満席。
 平日なので混むことはないだろうと、油断していました。

 富士急行バス・富士山行(790円)
 17:12 平野発
 18:10 富士山駅着
 ファナック前で渋滞のため、25分遅れで到着。
 そのため、1本前の18:01発の電車に間に合わず。

 富士急行・大月行
 18:34 富士山発
 19:27 大月着
 富士山駅ですでに満席。

 JR特急かいじ122号・新宿行
 19:33 大月発
 20:37 新宿着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSの不調により、中ノ丸付近でしばらく、ログが飛んでいます。
コース状況/
危険箇所等
整備はしっかりしています。ここのところで補修されたところも、多くありました。
全体に森の中で、新緑のころに良い道なのではないかと感じました。
決して展望のよい道ではありませんが、ところどころで見える富士山が、見えるたびに徐々に大きくなっていくのは楽しいです。

■西丹沢自然教室〜畦ヶ丸
最初は沢沿いの道なので、一瞬、どちらに進むか迷うことがありました。
リボン・標識がかなりしっかりしていますので、ちょっと探せば、すぐに道は見つかります。
道も乾いており、歩きやすい道です。

■畦ヶ丸〜菰釣山
細かいアップダウンを繰り返します。

菰釣避難小屋を過ぎると、多少、雪が残っている箇所があります。とはいえ、歩くのにはまったく支障がありませんでした。
そこまでは、ほとんど雪は残っていませんでしたが、ぬかるんでいるところが多くありました。かなり滑りますので慎重に。結構、時間を取られました。

■菰釣山〜平野
菰釣山を越えてからの下りが、しばらくは残雪の道でした。多いところで2〜3cmくらい。
アイゼンは使いませんでした。もっとも、雪が腐っていたので、アイゼンをつけたとしても滑ったと思います。

山と高原の地図では、大棚ノ頭を越えたところで「クサリ」表記になっていますが、新しい木の階段がかけられており、歩きやすくなっていました。

高指山からの下りは、思わず走ってしまいたくなるような、気持ちのよい道です。
その他周辺情報西丹沢自然教室では、登山届の提出が求められます。私はコンパスで提出済みでしたので、スキップ。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(40L) ザックカバー クッカー ガスボンベ コッヘル 昼ご飯 非常食 レインウェア 防寒着 帽子 手袋 ヘッドランプ ライター サングラス 地図 スマホ カメラ ロールペーパー 救急用品 サバイバルシート 予備靴ひも 携帯簡易トイレ 保険証 タオル チェーンアイゼン

写真

西丹沢自然教室から出発です。
2016年03月30日 08:46撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室から出発です。
すぐに吊り橋を渡ります。吊り橋の揺れって、苦手なんですよね。
2016年03月30日 08:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに吊り橋を渡ります。吊り橋の揺れって、苦手なんですよね。
1
ミツマタの花(たぶん・・・)が咲いていました。
2016年03月30日 08:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタの花(たぶん・・・)が咲いていました。
最初の丸太橋。
2016年03月30日 08:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の丸太橋。
1
しばらく、気持ちのよい沢沿いの道を進みます。
2016年03月30日 08:58撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく、気持ちのよい沢沿いの道を進みます。
1
マイナスイオンがいっぱい!
2016年03月30日 09:08撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイナスイオンがいっぱい!
2
しばらく登ると、木の向うに畦ヶ丸。
2016年03月30日 10:17撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登ると、木の向うに畦ヶ丸。
山頂直下になると、少し、雪も残っています。
2016年03月30日 10:35撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下になると、少し、雪も残っています。
畦ヶ丸山頂。誰もおらず、山頂独り占め。
2016年03月30日 10:37撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸山頂。誰もおらず、山頂独り占め。
2
畦ヶ丸から少し進んだところで、この日の初富士。春霞の向うにうっすらと。
2016年03月30日 10:59撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸から少し進んだところで、この日の初富士。春霞の向うにうっすらと。
2
振り返って、先ほど登った畦ヶ丸。
2016年03月30日 11:22撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、先ほど登った畦ヶ丸。
根こそぎ倒れた木。
まだ、新しい感じなので、2月の雨氷時の倒木被害でしょうか。
2016年03月30日 11:23撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根こそぎ倒れた木。
まだ、新しい感じなので、2月の雨氷時の倒木被害でしょうか。
もう、アセビが咲いていました。
2016年03月30日 11:46撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう、アセビが咲いていました。
こんなところにも富士山(笑)。
2016年03月30日 12:07撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところにも富士山(笑)。
2
菰釣避難小屋。ここでお昼ご飯。
2016年03月30日 12:59撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菰釣避難小屋。ここでお昼ご飯。
菰釣山に向かう途中では、登山道にも少し残雪。
2016年03月30日 13:37撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菰釣山に向かう途中では、登山道にも少し残雪。
菰釣山山頂。
ここでもやっぱり、山頂独り占め。
2016年03月30日 13:50撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菰釣山山頂。
ここでもやっぱり、山頂独り占め。
3
菰釣山からの富士山。
このころには下山時刻も気になり始めて、あまり長居はせずに先に進みます。
2016年03月30日 13:51撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菰釣山からの富士山。
このころには下山時刻も気になり始めて、あまり長居はせずに先に進みます。
3
菰釣山から下ると、しばらくは残雪の道。
気温があがっていたため、グズグズでかなり滑りました。
2016年03月30日 14:00撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菰釣山から下ると、しばらくは残雪の道。
気温があがっていたため、グズグズでかなり滑りました。
どっしりとした山容の御正体山。
こちらは標高が高い分、上の方にはかなり雪が残って見えました。
2016年03月30日 15:22撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっしりとした山容の御正体山。
こちらは標高が高い分、上の方にはかなり雪が残って見えました。
1
一日中、こんな感じでうす曇り。
2016年03月30日 15:25撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一日中、こんな感じでうす曇り。
「クサリ」表記の場所にかけられた、新しい木のハシゴ。歩きやすくなっています。
2016年03月30日 15:49撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「クサリ」表記の場所にかけられた、新しい木のハシゴ。歩きやすくなっています。
1
道中はずっとこんな案内板がいっぱい。非常に助かります。
疲れているときには、「まだ、そんなにあるの?」と、違った見え方をするのでしょうが。
2016年03月30日 15:51撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中はずっとこんな案内板がいっぱい。非常に助かります。
疲れているときには、「まだ、そんなにあるの?」と、違った見え方をするのでしょうが。
富士岬平からの夕日と富士山。
2016年03月30日 16:09撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士岬平からの夕日と富士山。
5
最後のピーク、高指山。
2016年03月30日 16:21撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のピーク、高指山。
2
高指山からの夕日と富士山。
2016年03月30日 16:21撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高指山からの夕日と富士山。
4
三国山方面と富士山。
2016年03月30日 16:22撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国山方面と富士山。
2
右から御正体山、石割山、大平山くらいまでかな。
2016年03月30日 16:23撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から御正体山、石割山、大平山くらいまでかな。
3
下山してから高指山を振り返って。
この斜面が気持ちよかった。
2016年03月30日 16:40撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山してから高指山を振り返って。
この斜面が気持ちよかった。
平野のバス停に、無事に下山しました。
2016年03月30日 17:01撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平野のバス停に、無事に下山しました。
富士山駅に向かう途中でのバスの中からの、夕暮れ時の富士山。
この日、一番、きれいに見えた富士山でした。
2016年03月30日 17:26撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山駅に向かう途中でのバスの中からの、夕暮れ時の富士山。
この日、一番、きれいに見えた富士山でした。
9
撮影機材:

感想/記録
by dai_t

珍しく、打ち合わせが何も入っていない日。しかも、天気は晴れ予報。
ここのところ、週末の天気が悪く、何回か富士見登山に出掛けたものの、いずれも失敗。
このチャンスを逃す手はない!と、休みを取って富士山見登山に。
もう、春霞の季節になってきているため、富士山に近い方がよいだろうということで、前から歩いてみたいと思っていた、甲相国境尾根へ。

この日は暖かく、春の陽気。歩き始めると、下の方がインナーと厚手の長袖シャツ1枚でも暑いくらい。さすがに標高が高いところはこれでは寒く、畦ヶ丸以降はフリースを来て歩きましたが。

畦ヶ丸を過ぎたところで、目当ての富士山が姿を現します。
早い時間帯からかなり霞んでいましたので、見えない可能性もあると思っていましたが、春霞の向うにうっすらと。1か月半ぶりのご対面でした。
霞の中の富士山も、これはこれでいいものです。
その後も、ところどころの開けた場所で、富士山とご対面。歩いていくうちに段々と大きく見えるようになってきて、非常に楽しい山歩きでした。
これだけ長い距離を歩いて、道中でお会いしたのは4組8名。平日だったこともあってか、非常に静かな山歩きでもありました。

平野に下山すると、バス待ちの間に当然、ビール、ウィスキーとつまみを買い出し。バスの中で、ノンビリと飲みながら帰ります。
富士山駅では30分近くの待ち時間があったので、駅ビルの地下で肉うどんを。
さらには追加のビールとつまみを買い出し。電車の中で飲み食いしながら帰りました。
せっかく長い距離を歩いてカロリーを消費したのに、あっという間に取り戻してしまった気がします。。。

西丹沢、歩くのにはいいコースですが、アクセスに時間がかかるのがネックですね。
行きは家から西丹沢自然教室まで3時間半、帰りは山中湖平野から家まで4時間かかりました。歩いていた時間と変わらない。。。
訪問者数:340人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/28
投稿数: 2246
2016/4/1 7:37
 歩きたいコース
dai_tさん、おはようございます。

いい縦走コースですね。
このコースの縦走レコを見るたびに行きたくなります。
一応、新緑の頃、高指山→畦が丸で行こうかなと思っています。
その方が富士山が確実に見れそうです。

最近の週末は天気予報がハズレまっくっていて、富士山ダメですね。
30日は東京は曇りでしたが、富士五湖方面は良かったようですね。
登録日: 2013/10/2
投稿数: 31
2016/4/1 22:33
 Re: 歩きたいコース
yamaheroさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

いいコースです!
私も、ほかの方のレコを見て、行ってみたいと思っていたクチです。
標準CTだと11時間コース(逆コースでも10時間半)ですので、日帰り前提だと体力勝負のところはありますが。

平野→西丹沢自然教室の方が、標高差がラクだということもあり、朝の方が富士山を確実に拝むことができることもあり、私も逆コースを考えたのですが、
仝共交通機関利用だと、私の家からだと10時登山開始になってしまう
日帰りだと標準CTの80%くらいを前提に歩く必要があり、遅くなった場合に平野の方が確実に帰ることができそう
G惴紊防抻了海世函∪箏淵櫂ぅ鵐箸鮓逃すかも(実際には、これはないかと)
の理由により、西丹沢自然教室スタートにしました。

多少なりとも、参考になれば幸いです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ