ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837276 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走飯豊山

二王子岳 (中尾根ルートを下山)

日程 2016年03月29日(火) [日帰り]
メンバー kikutoyo
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
南俣集落から二王子神社側へ少し入ったあたりで、路側に駐車(近くに道幅広く、Uターンできる場所あり)。この日、7・8台程度か。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間38分
休憩
1時間12分
合計
7時間50分
S南俣過ぎて路上駐車06:5007:23二王子神社07:2809:03定高山09:0609:45油こぼし10:25二王子岳11:2212:01高知山への分岐点(1230m)12:0313:01右折急下降(670m)14:07車道へ出る14:1214:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
二王子神社への車道は雪の消えてる部分もあるが、直前の参道(清浄橋過ぎ)あたりからは雪の上を歩く。ほとんどツボ足でかんじきは使わず、途中から念のためアイゼンを着用。中尾根ルートを下ってみたが、雪が少なかったせいか、300〜600m台の細い尾根などは雪が消えてブッシュがでていた(ひどくはない)。

写真

南俣左折して少し進み、幅の広い路側帯に駐車(出発時、ふりかえる)
2016年03月29日 06:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南俣左折して少し進み、幅の広い路側帯に駐車(出発時、ふりかえる)
1
車道から左折して近道(神社参道)に入るあたり
2016年03月29日 14:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道から左折して近道(神社参道)に入るあたり
参道途中に太鼓橋(清浄橋)と小さな滝
2016年03月29日 07:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道途中に太鼓橋(清浄橋)と小さな滝
参道は杉の大木もあり、なかなか味わいがある
2016年03月29日 07:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道は杉の大木もあり、なかなか味わいがある
二王子神社(男性用トイレ大は詰まっていて、使用不可)
2016年03月29日 07:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二王子神社(男性用トイレ大は詰まっていて、使用不可)
1〜2合目の間
2016年03月29日 08:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1〜2合目の間
3合目の上あたり
2016年03月29日 08:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3合目の上あたり
右手後方の樹間に五頭連峰
2016年03月29日 08:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手後方の樹間に五頭連峰
1
5合目。積雪2.5m、少ないのかな
2016年03月29日 09:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目。積雪2.5m、少ないのかな
晴れ続きで踏み跡・シュプールたくさん
2016年03月29日 09:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れ続きで踏み跡・シュプールたくさん
五頭連峰〜  鳥が1羽飛んでいく
2016年03月29日 09:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五頭連峰〜  鳥が1羽飛んでいく
4
山頂部見えてくる
2016年03月29日 09:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部見えてくる
油こぼし、脇を気持ちよさそうなシュプール
2016年03月29日 09:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油こぼし、脇を気持ちよさそうなシュプール
1
油こぼし上から見下ろす
2016年03月29日 09:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油こぼし上から見下ろす
1
8合目あたり
2016年03月29日 09:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目あたり
朝日連峰は霞んでる
2016年03月29日 10:01撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日連峰は霞んでる
山頂も近い
2016年03月29日 10:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂も近い
下る予定の、高知山・中尾根方面
2016年03月29日 10:06撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る予定の、高知山・中尾根方面
1
雪だるまがお出迎え
2016年03月29日 10:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪だるまがお出迎え
スキーがうらやましい
2016年03月29日 10:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーがうらやましい
9合目
2016年03月29日 10:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目
改めて、広く平らな山頂部だ
2016年03月29日 10:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて、広く平らな山頂部だ
晴天続きで、冬の厳しさも消え、山頂の雪も残りわずか
2016年03月29日 10:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天続きで、冬の厳しさも消え、山頂の雪も残りわずか
4
ニノックススキー場下からの登山者が2名
2016年03月29日 10:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニノックススキー場下からの登山者が2名
いつ見ても、飯豊のいい眺め
2016年03月29日 10:31撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ見ても、飯豊のいい眺め
5
北股〜本山
2016年03月29日 10:33撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股〜本山
3
大日岳
2016年03月29日 10:34撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳
1
朳差岳〜大石山
2016年03月29日 10:32撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朳差岳〜大石山
1
昼食後
2016年03月29日 11:09撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後
1
雲も変化
2016年03月29日 11:10撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲も変化
1
北股〜大日
2016年03月29日 11:11撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股〜大日
1
さて、下山
2016年03月29日 11:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下山
あの尾根を右へ行かずに、今日はまっすぐ進み左へ下りてみる
2016年03月29日 11:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの尾根を右へ行かずに、今日はまっすぐ進み左へ下りてみる
1
下り始め急斜面。手前が中尾根ルート、奥が高知山経由のルートのようだ
2016年03月29日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始め急斜面。手前が中尾根ルート、奥が高知山経由のルートのようだ
2
(ふりかえる)途中で、高知山から上がってきたベテラン山スキー氏に出会う。下の方は藪が出ていて、初めての人は道がわかりにくいだろうから中尾根が無難とのこと
2016年03月29日 11:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(ふりかえる)途中で、高知山から上がってきたベテラン山スキー氏に出会う。下の方は藪が出ていて、初めての人は道がわかりにくいだろうから中尾根が無難とのこと
3
二本木山〜場割峰へ
2016年03月29日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本木山〜場割峰へ
1
場割峰(1217m)〜高知山
2016年03月29日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
場割峰(1217m)〜高知山
3
分岐。高知山ルートへは左、中尾根ルートは右へ
2016年03月29日 12:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐。高知山ルートへは左、中尾根ルートは右へ
1
下山方向右手に、通常の二王子登山道の尾根
2016年03月29日 12:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山方向右手に、通常の二王子登山道の尾根
2
さて、ゆったりした広めの尾根を下る
2016年03月29日 12:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、ゆったりした広めの尾根を下る
2
ブナ林が出てきて、やや急な斜面も
2016年03月29日 12:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林が出てきて、やや急な斜面も
なかなか大きめのブナもある
2016年03月29日 12:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか大きめのブナもある
1
しだいに、やせ気味の尾根もあり
2016年03月29日 12:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだいに、やせ気味の尾根もあり
1
雪の斜面にブナの陰
2016年03月29日 12:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の斜面にブナの陰
1
所々に赤いテープも
2016年03月29日 12:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に赤いテープも
少しずつ藪がでてくる
2016年03月29日 12:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ藪がでてくる
右手に、通常登山道のある尾根(3〜8合目あたり)
2016年03月29日 13:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に、通常登山道のある尾根(3〜8合目あたり)
下山方向の残雪は少なくなってくる。ヤブが心配
2016年03月29日 13:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山方向の残雪は少なくなってくる。ヤブが心配
それでも、巾のゆったりした尾根には十分な雪
2016年03月29日 13:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも、巾のゆったりした尾根には十分な雪
間もなく、ヤブ。といっても、ブナ林の中だから密なヤブではなく助かる
2016年03月29日 13:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく、ヤブ。といっても、ブナ林の中だから密なヤブではなく助かる
1
イワウチワが疲れを癒す
2016年03月29日 13:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワが疲れを癒す
2
こんな松も
2016年03月29日 13:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな松も
1
疲れた頃、右手下方に二王子神社の屋根が見えてきてホッと
2016年03月29日 13:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れた頃、右手下方に二王子神社の屋根が見えてきてホッと
1
最後、右手に曲がりこんで残雪の残る車道に出た
2016年03月29日 14:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後、右手に曲がりこんで残雪の残る車道に出た
下りた地点からふり返る(右手の尾根。神社は左手に近い)
2016年03月29日 14:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りた地点からふり返る(右手の尾根。神社は左手に近い)
1
歩いて帰る車道から見えた、中央部が中尾根ルートのようだ
2016年03月29日 14:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて帰る車道から見えた、中央部が中尾根ルートのようだ
1
帰路からの眺め。通常尾根(左)、中尾根(中央)、高知山ルート(右)がよくわかる
2016年03月29日 14:57撮影 by NIKON D90, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路からの眺め。通常尾根(左)、中尾根(中央)、高知山ルート(右)がよくわかる
3

感想/記録

 前日は遠くからでも飯豊がきれいに見えたが用で行けず、この日は朝からモヤーッと霞んでいたが久し振りの二王子に向かう。南俣から少しだけ車が入れたが、下山に高知山経由か中尾根を選ぶ可能性もあり、少し迷った。
 夜の放射冷却で霧氷でも見られるかなと思ったが、南高北低による南からの温風のせいか、登っていっても寒くなく、霧氷のかけらも無し。霞んで遠望は効かないが、さすがに二王子山頂と飯豊の近さでは結構しっかり見えたのはうれしい。1時間近く、ゆっくりと展望を楽しむ。
 時間も天候も余裕があるので、下りに初めて高知山方面へ向かってみる。中尾根と高知山ルートの分岐点近くで、高知山ルートから登ってきたベテラン山スキー氏に出会ったのはラッキーだった。下の方はヤブが出ていて初めてだとわかりにくいとの助言で(距離と地形図から、中尾根が無難かなとは思ってはいたのだが)中尾根を下ることに決定。しかし、下ってみると、はじめゆったりした尾根の雪面だったのに、しだいに尾根が狭くなったり、雪が消えてヤブが出てきたりで、先が心配になった。それでも、基本的にはブナ林の尾根なのでヤブといっても大したこともなく済んだのは幸い。例年より雪が少なく、時期としては遅かったのだろう。
 できればもっと残雪の多い時期に、やはり高知山ルートの方がゆったりと気持ちよく展望も楽しめそうである。問題は、ヒザ・腰が長距離+累積標高差に耐えられるか、である。
訪問者数:369人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ