ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837434 全員に公開 ハイキング比良山系

ハイカーよりボーダーの方が多い蓬莱山

日程 2016年03月27日(日) [日帰り]
メンバー GREENLABEL, その他メンバー4人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR志賀駅
復路:JR蓬莱駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートトレースはフリーハンドです。
通過時間、写真配置は適当です。
コース状況/
危険箇所等
キタダカ道は、迷いようのない明確な登山道ですが、少しガレてます。
山頂手前はまだ少し雪が残ってました。
打見山から蓬莱山(通称:びわこバレー)のゲレンデは、スキーやボードの人で賑わってました。この区間だけは雪上歩行を余儀なくされました。
小女郎峠から薬師ノ滝までの下山ルートは少し荒れてて、2か所ほど迷いそうになりました。
その他周辺情報適当な日帰り温泉は発見できてません。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

今年も青春18切符を使ってやって来ました。
本日は、志賀駅からスタートです。
2016年03月27日 09:24撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年も青春18切符を使ってやって来ました。
本日は、志賀駅からスタートです。
2
本日の選ばれしアスリート達。
2016年03月27日 09:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の選ばれしアスリート達。
3
この辺が木戸登山口のようだ。
2016年03月27日 09:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺が木戸登山口のようだ。
1
橋だ〜。
2016年03月27日 09:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋だ〜。
1
ダムだ〜。
2016年03月27日 09:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムだ〜。
1
この先が、バス道からの登山口との合流地点だ。
2016年03月27日 09:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先が、バス道からの登山口との合流地点だ。
1
やっと休憩だ〜。
2016年03月27日 10:20撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと休憩だ〜。
天狗杉と私。
2016年03月27日 10:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗杉と私。
2
天狗杉とリーダー。
2016年03月27日 10:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗杉とリーダー。
1
まだ雪が残ってた〜。
2016年03月27日 10:51撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ雪が残ってた〜。
クロトノハゲからの景色。
2016年03月27日 11:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クロトノハゲからの景色。
2
山頂まであと少し。
2016年03月27日 11:17撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
1
山頂手前の絶景ポイント。
2016年03月27日 11:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の絶景ポイント。
2
打見山からの景色。
霞んでるのが少し残念。
2016年03月27日 11:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打見山からの景色。
霞んでるのが少し残念。
3
ゲレンデをバックに記念写真。
2016年03月27日 11:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデをバックに記念写真。
5
登山道はどこ?
それは雪の上です。
2016年03月27日 12:03撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はどこ?
それは雪の上です。
3
雪のゲレンデの隅っこを歩きます。
2016年03月27日 12:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪のゲレンデの隅っこを歩きます。
3
蓬莱山に到着。
2016年03月27日 12:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山に到着。
7
ちょこっと、冷やしておこう。
2016年03月27日 12:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょこっと、冷やしておこう。
3
お昼ご飯。
2016年03月27日 12:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼ご飯。
3
下山開始〜。
2016年03月27日 13:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始〜。
3
稜線上の全てが絶景ポイントです。
2016年03月27日 13:16撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の全てが絶景ポイントです。
4
蓬莱山を振り返って。
リーダー何故かドヤ顔です。
2016年03月27日 13:29撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬莱山を振り返って。
リーダー何故かドヤ顔です。
2
小女郎峠。
2016年03月27日 13:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小女郎峠。
1
荒れた険しい道を一気に下山。
2016年03月27日 14:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた険しい道を一気に下山。
2
林道までくれば安心です。
2016年03月27日 14:48撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道までくれば安心です。
1
右側から出てきました。
2016年03月27日 14:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側から出てきました。
後は、蓬莱駅を目指します。
2016年03月27日 14:58撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は、蓬莱駅を目指します。
JR蓬莱駅に到着。
本日の山行は終了です。
2016年03月27日 15:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR蓬莱駅に到着。
本日の山行は終了です。
1
そして最後はこうなります。
2016年03月27日 17:51撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして最後はこうなります。
5

感想/記録

本日は青春18切符を使って5人での山行です。

JRダイヤ改正の影響でS君が待ち合わせの駅に間に合わないというハプニングに見舞われましたが、なんとか神戸駅で合流し事なきを得ました。

本日のメンバー構成は、私とリーダーO氏以外の3人は、若手のバリバリのアスリートで正真正銘の健脚ハイカーです。

よって、常に若手3名が先行し、私とリーダーが遅れて歩くという屈辱の山行となりました。

登りで利用したキタダカ道は、最近はハイカーも減少しているみたいで、誰一人とも出会うことがありませんでした。
これだけしつこいジグザグ登りはさすがに辟易としますが、若手3名はとても楽な道だと言って一気に登りきってしまう勢いです。
私とは次元の違う世界です。

打見山の山頂まで来ると、別世界のパラダイス状態が待っていました。

景色は最高で山頂は人がいっぱいですが、そのほとんど99%くらいは、スキーの人達です。
打見山から蓬莱山への登り返しは、完全に雪のゲレンデ歩きとなり、登山靴が雪の上を歩くのには全く不向きであることを痛感しました。

スキーやボードの人に気を使いながら、ゲレンデの隅っこをコソコソ歩きましたが、時折、大ジャンプで技を披露しているボードの人がミスってこっちに突っ込んでこないかハラハラドキドキです。

蓬莱山山頂まで来れば、それなりにハイカーも多かったように思います。
十分なお昼休憩をとった後は、南比良の稜線歩きです。

小女郎峠から、蓬莱駅に向かって下山ルートを歩きましたが、予想以上に足場が悪いです。

しかしながら健脚3名は、あっという間に姿が見えなくなるスピードで下山してしまい、私とリーダーは寂しく慰めあいながらルートを外さないようにゆっくりと下山の途につきました。
訪問者数:490人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 山行 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ